Monumento

芥川一里塚三宝大荒神

2019-01-29

タグ: 素盞鳴尊 一里塚 西国街道 役行者 日本書紀 奈良時代 三宝荒神 大阪府 高槻市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kawaichi Tsukuba Sanriku Daigaku Sanjyujin is a guardian deity of Shinto and Buddhism studying to protect the Buddhist Treasure named Buddha, Law, Monk (Buddha and its teachings, fellows&39; gatherings), rejecting disaster and impurity. In Nihon Shoki, Nagai Narukuni is regarded as a goddess, a founder of the Shimpei, a legend that says that an experienced worker got the feeling of it, but although it is a unique God of Japan, the Shika&39;s Shika&39;s Trident Prison and Immovration, which governs the destruction of Hinduism Having the sword of Meiwang, it is expressed in the form of anger of three sides (six faces and six arms), and you can also see the connection with India. As fire keeps burning down and maintains cleanliness, it has been regarded as the god of fire, the god of electricity, and worshiped faith widely as "wild god Mr." worshiping in the kitchen and shrine. Akutagawa &39;s wild god is transmitted as one of the temples dedicated to the sixth year of the Tempaira Treasure (Seventy - two) in the Nara era a thousand years ago. Currently, only the bold letters of the idea temple are left in the south of Milestones. In the shrine reorganization held after the Meiji Restoration, the five companies of the former Akutagawa village such as Araki Shrine were transferred to Akutane shrine. It is about Meiji 5 (187 2). After that, it became Taisho (1927) (1927), moved again to Akutagawa Marizuka by the efforts of the people of the area, established a Tamagaki in the surroundings, it became to be enshrined. For ninety years since the end of the Taisho era, a preservation society consisting of the neighboring nine community associations that has maintained and inherited Mr. Arashi, repaired the shrines and mounds by recruiting purity items at the end of Heisei. Let&39;s protect it carefully so as to inherit the historical heritage of the area to the next generation. November Heisei era November Akutagawa Misatozuka Sanbu Great Arald Preservation Association --- Saigoku Highway

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kawaichi Tsukuba Sanriku Daigaku Sanjyujin是神道和佛教的守护神,他们正在学习保护佛陀,法律,僧侣(佛陀及其教义,研究员的聚会),拒绝灾难和杂质。在Nihon Shoki,Nagai Narukuni被认为是女神,是Shimpei的创始人,这个传说说有经验的工人有这种感觉,但是虽然它是日本独一无二的神,Shika的Shika的三叉戟监狱和移民,它控制着印度教的破坏拥有梅王的剑,它以三面(六面和六臂)的愤怒形式表达,你也可以看到与印度的联系。随着火势不断燃烧并保持清洁,它一直被视为火神,电力之神,并在厨房和神殿中崇拜“野神先生”。芥川的野神被传播为一千年前在奈良时代的坦海拉宝藏(七十二年)第六年的寺庙之一。目前,在里程碑的南部只剩下想法寺庙的粗体字母。在明治维新之后举行的神社重组中,前荒川村的五家公司如荒木神社被转移到Akutane神社。关于明治5(187 2)。之后,它成为大正(1927年)(1927年),在该地区人民的努力下再次搬到芥川真冢,在周围建立了玉垣,它成为了供奉。自大正时代结束以来的九十年间,由邻近的九个社区协会组成的保护协会维护并继承了岚先生,通过在平成末期招募纯净物品来修复神社和土墩。让我们仔细保护它,以便继承该地区的历史遗产给下一代。 11月平成时代11月芥川美里冢三埠伟大的Arald保护协会--- Saigoku高速公路

芥川一里塚三宝大荒神
 三宝荒神 は、仏・法・僧(仏陀とその教え、出家者の集まり)と
いう仏教の三宝をまもり、災いや穢れを退ける神仏習合の守護
神です。『日本書紀 』では素盞鳴尊 が荒神とされ、修験道の開祖
役行者 が感得したともいう伝説がある我が国独自の神様です
が、ヒンドゥー教の破壊を司る神シヴァの三叉矛や不動明王の
剣を持ち、三面六臂(顔が三つ、腕が六本)の忿怒の姿であら
わされ、インドとのつながりも見て取れます。火が穢れを焼き尽
くし清浄を保つことから、火の神、電の神とされ、台所や竈に
祀る「荒神さん」として、広く信仰を集めてきました。
 芥川の荒神さんは、千二百年も前の奈良時代 、天平宝字六年(七
六二)に観念寺の一角に祀られたと伝わります。現在、一里塚
南に観念寺という小字だけが残っています。
 明治維新後に行われた神社整理で、荒神社など旧芥川村の五
社が阿久刀神社に移されました。明治五年(一八七二)のことで
す。その後、大正十五年(一九二七)になって、地域の方々のご
尽力でここ芥川一里塚に再移転し、周囲に玉垣を設けて、お祀
りされるようになりました。
 大正の終わり以来九十余年、荒神さんを維持、継承してきた
近隣の九自治会で構成する保存会が、平成の終わりに浄財を募っ
て祠や塚を大修理しました。地域の歴史的遺産を次世代へ継承
するため、大切にまもってまいりましょう。
平成三十年十一月  芥川一里塚三宝大荒神保存会
---
西国街道

テキスト化

2019-02-06 12:53 (0)
tokada
monumento
2019-02-06 12:49 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/02/06)
タグ: 一里塚 大阪府 高槻市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 徳川幕府 江戸時代 一里塚 参勤交代 三条実美 大阪府教育委員会 高槻市教育委員会 大阪府 高槻市
tokada (2019/02/08)
タグ: 道標 auto-translate 大阪府 高槻市
tokada (2019/02/06)
タグ: 文化財 西国街道 高槻市教育委員会 大阪府 高槻市