Monumento

県指定史跡

monumento

2013-06-14

タグ: 首里王府 仲宗根豊見親 真誉之子豊見親 墳墓 オヤケアカハチ 沖縄県 宮古島市

案内板

auto-translate Prefecture historic site
Toyomiya Tomb
Specify 2/22/1956 Toyomiya from the 15 century late 16 century beginning ruled the Miyako is true Zhongyu's father reportedly was built, spirit child tomigusuku parent for. Structure of the tomb is of the Miyako traditional ' seen?!!! ' of has become an eclectic format and format of the main Okinawa island and its ' shape. Is showing up on masonry in Okinawa island and Miyako during this period. Surround stone wall in antrum appearance Tomb outside surface finishing stair-step, has established a stone column at the top. Inside is circular and 6 m diameter, 2 m in height over almost 10 tatami mats in size, Central was built 46 m thick stone wall to ceiling, are separated from around 2. Before the coffin and grave goods, wash bone after bone turtle laid to rest where is back. Transfer Center is 1.70 m high entrance 1.27 meters wide, cycleways traces show that had a hinged door used to be cut up and down each two locations at a time. Toyomiya as the ruler of the Miyako diligently SHURI King government army led repression of the rebellion of the Yaeyama oyake akahachi 1500 years, and is also known in the island encouraged, 開さく wells, roads, bridges, etc..
That, changing the status quo in this area without permission is forbidden in prefectural Ordinances. Okinawa prefectural Board of education, Hirara City Board of education

auto-translate 自治州历史遗址
Toyomiya 墓
指定 1956/2/22
Toyomiya 从 15 世纪 16 世纪后期开始统治宫据说是真实中宇父亲被修造了,精神儿童 tomigusuku 的父。墓的结构是传统的宫古的 '见过? !!' 的已成为兼收并蓄的格式和格式主要冲绳岛和其 ' 形状。上显示在冲绳岛和宫古砌体在这段期间。环绕石头墙在胃窦部外观墓外表面涂饰的楼梯,建立了石列在顶部。里面是圆形,直径 6 米、 2 米的高度几乎 10 榻榻米的大小,在中央建 46 m 厚厚石墙到天花板,分开的大约 2。之前的棺材和商品严重后安葬在何处的骨龟又回来, 洗骨。转让中心是 1.70 m 高的入口 1.27 米宽,单车径痕迹表明了一个铰链的门用来一次削减每两个位置上。Toyomiya 作为统治者的宫古孜孜首里国王政府军队领导的八重山 oyake akahachi 叛乱镇压 1500 年,和也知道岛鼓励、 開さく 井、 道路、 桥梁、 等......改变现状在这一领域未经许可严禁在县立条例。
冲绳县教育委员会,教育 Hirara 城董事会

県指定史跡
仲宗根豊見親の墓
昭和31年2月22日指定
15世紀末から16世紀はじめにかけて、宮古を支配していた仲宗根豊見親 が、父親の真誉之子豊見親 の霊をとむらうために建築したと伝えられています。墓の構造は、宮古在来の「みゃーか」の形式と、沖縄本島の形式をとり入れた折衷の形となっています。この時期における宮古と沖縄本島との石造技術の交流を示す墳墓 です。外観は前庭部を石垣で囲み、墓室外面は階段状に仕上げ、上端に石柱列を設けてあります。内部は円形になっており、直径6m、高さ2m余のほぼ10畳ほどの広さで、中央に厚さ46mの石垣が天井まで築かれ前後2室に仕切られています。手前は棺並びに副葬品、奥は洗骨後の骨ガメの安置場所です。仕切中央は幅1.27m高さ1.70mの出入口になっており、かつては観音開きの扉がついていたことを示す切り込みの跡を上下に各2ヵ所ずつとどめています。宮古の支配者としての仲宗根豊見親は1500年、八重山のオヤケアカハチ の乱の鎮圧に首里王府 軍の先導をつとめ、また島内においては井戸、道路、橋梁等の開さくをすすめたことで知られています。なお、この地域において許可なく現状を変更することは、県条例で禁じられています。
沖縄県教育委員会・平良市教育委員会

テキスト化

monumento
2014-04-09 01:14 (542)
monumento

コメント・周辺画像

monumento monumento 2年以上

県指定史跡 仲宗根豊見親の墓

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/18)
タグ: 仲宗根豊見親 豊見親墓 知利真良豊見親 宮古島 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 栄河氏真栄 宮古上布 越後上布 小千谷縮 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 柳田國男 海南小記 琉球王府 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 久松五勇士 日露戦争 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 琉球王国 雍正旧記 宮古島在番記 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 雍正旧記 宮古島在番記 沖縄県 宮古島市