Monumento

岡田嘉右衛門 家由緒書

kawa_sanpo

2015/01/12

タグ: 巴波川 岡田嘉右衛門 嘉右衛門新田 嘉右衛門町 富岡鉄斎 栃木県 栃木市

案内板

auto-translate Okada Chia right Mamoru gate home historical books House is in 26 age and city, reportedly tie hefty old house with the current head Chia right Mamoru gate said. And retreated by the decline and fall of the old Samurai which was, Changan early childhood immigrated to this area, reclaimed rough around the cemetery in honor of the family head, referred to Chia right Mamoru gate Nitta, laid the Foundation for community development and business major status person. This is referring the current Cambridge said the town will become. Even in terms of district administrative after perido and succession of Chia right Mamoru gate, and others worked for this place name main Honjin along with sunlight example Heiden used open road opened moriyuki, built homes hoes all around tents also during the prestigious Hatakeyama clan fiefdoms after became the magistrate post, had contributed greatly. While monks are interested deeply in the cultural arts, using also thanked the humane collection. Said that it was here for exchanges of culture and the central hub, and affording many of literati calligraphers of uzuma River by sea or road traffic through. 0/1889 inter alia, Japan painting representing one of the great painters, Tomioka Tessai's visits, special history 諠 tied things with notable.

auto-translate 冈田嘉右卫门回家的历史书

房子位于 26 年龄和市据说领带高额的老房子,用当前头嘉右卫门。撤退而走向衰亡的旧武士是,长安童年早期移民到这个地区的家庭的头,为了纪念在墓地周围的再生的粗提到嘉右卫门新田,奠定了社区发展和业务主要地位的人。这指的当前剑桥说小镇将成为。甚至在区行政后遇到与演替的嘉右卫门和他人工作这个地名主要本阵和阳光的例子使用的海登开阔的道路打开盛雪建家园锄头帐篷四周还在著名畠家族领地后成为裁判官一职,极大地促进了。和尚虽然深感兴趣的文化艺术,使用还感谢人道的集合。说它是文化和中央枢纽,以及提供许多文人书法家的 uzuma 河由海或道路交通通过交流。0/1889年除其他外,日本绘画代表之一最伟大的画家,富冈特赛访问、 特殊历史諠绑值得注意的事情。

岡田嘉右衛門 家由緒書

当家は、現当主嘉右衛門氏をもって二十六代と閲すると伝えられる、本市屈強の旧家である。古くは武家であったが、主筋の衰亡により帰農し、近世初頭の慶長の頃この地に移住し、周辺の荒墓地を開墾して当主の名に因み、嘉右衛門新田 と称するものを経営大分限者となり、地域発展の基礎を築いた。これが現在の嘉右衛門町 と云う地名の起こりともなる。以後代々の当主は嘉右衛門を襲名し、日光例幣使開街道の開設盛行に伴って、この地の名主役本陣を勤めた他、名門畠山氏の領地時代には、近郷一円の陣屋も邸内に設けられた後に、その代官職に就任するなど、地区行政の面でも大いに寄与していた。一方歴代当主は、芸術文化的分野にも関心が深く、その愛護収集にも意を用いた。巴波川 の船便や、街道の往還を通じて幾多の文人書家の逗留があり、中央との文化の交流の当地の一大拠点であったといえよう。なかんずく明治二十二年、我が国画壇を代表する不世出の大画家、富岡鉄斎 の来訪があり、特別の史諠が結ばれた事は特筆すべきものである。

テキスト化

yuraichan
2015-01-15 23:52 (453)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/06/20)
タグ: 庚申塔 1800 例幣使 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/01/12)
タグ: 粟田口留三 ハーフティンバー形式 栃木市教育委員会 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/06/20)
タグ: 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/01/12)
タグ: ハーフティンバー形式 栃木市教育委員会 国登録有形文化財 麻苧 栃木共立銀行 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/01/12)
タグ: 三島通庸 栃木県指定文化財 漕渠 栃木県教育委員会 auto-translate 県庁堀 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/06/20)
タグ: 文化庁 栃木市教育委員会 国登録有形文化財 大島肥料店店舗 旧日光例幣使街道 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/01/12)
タグ: 巴波川 山本有三 近竜寺 満福寺 auto-translate 神明宮 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/01/12)
タグ: 栃木県 栃木市
kawa_sanpo (2015/01/12)
タグ: 栃木県 栃木市