Monumento

国指定重要有形文化財・「豊見親墓(建造物)」

monumento

2013-06-14

タグ: 仲宗根豊見親 豊見親墓 知利真良豊見親 宮古島 沖縄県 宮古島市

案内板

auto-translate National important tangible cultural property, see tomigusuku parent Tomb (building products)
And tomigusuku parent Tomb in Tomb in the toyomiya to founder Tadashi conductive said three bulk was designated cultural properties. Nakasone tomigusuku parent Tomb in late 15 century-16 century first person worked for the chiefs of the Miyako in the interest true good tomigusuku the third man at parents.
アトンマ tomb is enshrined, conducting his family his second wife.
Nakasone tomigusuku parent Tomb, true wisdom toshiyoshi tomigusuku parent tomb is huge stone tomb was built in the middle of 18 century the high value as representing the Miyako Island, masonry.
アトンマ grave in the 19 century buildings, there is something utilizing rock masonry should be seen. Please see each grave at description plate.

auto-translate 国家重要有形文化财产,见 tomigusuku 父墓 (建筑产品)
Tomigusuku 父墓墓在 toyomiya 中的,创始人 Tadashi 导电说三个大容量被指定的文化财产。
中曾根 tomigusuku 父坟茔在 15 世纪-16 世纪后期第一人工作的兴趣宫的首领真好 tomigusuku 第三名男子在父母。アトンマ 墓被揭示,进行他的家人他第二任妻子。
中曾根 tomigusuku 父墓,真正的智慧利芳 tomigusuku 父墓是巨大石头墓建在 18 世纪中叶作为代表宫古岛,砌体的高价值。
アトンマ 严重在 19 世纪的建筑,有利用岩石砌体应见的东西。
请参阅说明板在每个坟墓。

国指定重要有形文化財・「豊見親墓(建造物)」
豊見親墓 とは、仲宗根豊見親 を始祖とする忠導氏にゆかりのある墓三基を一括指定した文化財である。
仲宗根豊見親墓は、15世紀末~16世紀初に宮古の首長をつとめた人物で、知利真良豊見親 はその三男である。アトンマ墓は、忠導氏一門の後妻を祀ってある。
仲宗根豊見親墓、知利真良豊見親墓は18世紀中葉に建造された巨大な石造墳墓で、宮古島 を代表する石造建築として価値が高い。
アトンマ墓は、19世紀前後の建造で、岩盤を利用した石造技術にみるべきものがある。
それぞれの墓の前に説明板が設置されているので、ご参照下さい。

テキスト化

monumento
2014-04-09 01:15 (278)
monumento

コメント・周辺画像

monumento monumento 約3年

国指定重要文化財 「豊見親墓(建造物)」

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/18)
タグ: 首里王府 仲宗根豊見親 真誉之子豊見親 墳墓 オヤケアカハチ 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 栄河氏真栄 宮古上布 越後上布 小千谷縮 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 柳田國男 海南小記 琉球王府 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 久松五勇士 日露戦争 沖縄県 宮古島市