Monumento

史跡  御土居

2019-02-25

タグ: 豊臣秀吉 史跡 江戸中期 御土居 京都府 京都市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Historic site Odoi Otoi in Kyoto was built in 1590 (1590) by Toyotomi Hideyoshi, who mobilized a large number of people. Ahead of this, in the era of the Warring States, in Kyoto, "a structure of the town" and "Cow no Kakoi" were built, and a posture was established to self-defense the town. In addition, there was a movement to fortify the castle in the cities and villages such as Sakai, Yamashina, Ishiyama, and various places such as Terauchi-cho, and "Modoi" was built in response to such a movement, but for residents to self-defense It was not a facility of Hideyoshi, who defeated the Tenkaichi, revived the rough Kyoto in a long war, and sought to become a castle town in the early modern period. First of all, they created the No. 1 music, changed the block around it, and gathered the temples in the temple town and temple town. Then, I tried to limit the traffic with Ogai by providing seven mouths to "Odoi", by dividing "Edo" and "Inside" with "Koto" and "Tochi". Hideyoshi denied the people&39;s right to self-defense, ruled the city, and built the "Ondoi" to show its power, as shown in the "sword hunting" policy. This extended 23 km long "Ondoi" was the first castle built in Kyoto for the first time since Heiankyo. However, there was no threat of external enemies, and in the early modern period of the world under the sun, this "Miyadoi" gradually became useless. In the middle of the Edo period, the city spread to the east beyond "Odoi." However, the people did not forget the huge "Odoi" built by spending their own effort. "Odoi" played a role of a levee to prevent floods, and farmers in the vicinity made efforts to prevent landslides, grow bamboo trees, and so on. When modernization is eventually made, it is largely destroyed from the southern side to the western side by development, and only slightly retains relics on the northern side and a part of the western side. This is close to the northern end of the west side of "Odoi", the bottom of which is ten inches wide, the south is "punch" provided in "Odoi", becoming Nakano-do At the end of the hill was a gentle slope on the west side leading to the valley of the Shichikawa River. It probably served as a lookout hut to the outskirts. In order to maintain it as a historical park, we set a fence at this barn position. The value of this "Miyadoi" is extremely high, as a historical site of a fortress surrounding a few cities in Japan, and as a place to wonder about Japanese cities. We expect that it will be preserved and used as a historic site park and a place of relaxation for nearby residents. October 1982 Kyoto City Historic Site designated Odoi 1 Kita-ku Fujigatake Old Doi-cho 2 2 Kita-ku Omiya Doi-cho 3 Kita-ku Shichijo Kamichoboricho Kamihorikawa-cho (along the Kamo River) 4 5 Sankyo Temple Sannai 5 Chukyo Ward Nishinokyo Nakaicho 6 Kamikyo Ward Kitano Mabuchicho (Kitano Tenmangu Shrine Border) 7 Kita Ward Hirano Torii Mae Town 8 Kita Ward Shiono Nishidoi Town 9 Kita Ward Ashikaga Old Doi Town 3 (Historical Park) ● Kyoto&39;s seven mouths

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 京都的历史遗址Odoi Otoi由丰臣秀吉于1590年(1590年)建造,他动员了许多人。在此之前,在战国时代,在京都,建造了“城镇的结构”和“Cow no Kakoi”,并建立了自卫城镇的姿态。另外,在Sakai,Yamashina,Ishiyama以及寺内町等各种各样的城市和村庄进行了强化城堡的运动,并且“Modoi”是为响应这样的运动而建造的,但是为了自卫的居民它不是一个设施击败Tenkaichi的秀吉在漫长的战争中恢复了粗糙的京都,并试图成为现代早期的城堡小镇。首先,他们创造了第一音乐,改变了它周围的街区,并聚集了寺庙镇和寺庙镇的寺庙。然后,我试图通过将“Edo”和“Inside”分为“Koto”和“Tochi”来为“Odoi”提供七个口来限制与Ogai的流量。秀吉否认了人民的自卫权,统治了这个城市,并建立了“Ondoi”以显示其力量,如“猎剑”政策所示。这条长达23公里的“Ondoi”是自平安时以来首次在京都建造的城堡。然而,没有外部敌人的威胁,而在太阳下的世界早期,这个“Miyadoi”逐渐变得无用。在江户时代的中期,城市向东扩散到“Odoi”之外。然而,人们并没有忘记通过花费自己的努力建造的巨大的“Odoi”。 “Odoi”扮演防洪堤坝的角色,附近的农民努力防止山体滑坡,种植竹树等。当最终实现现代化时,它通过开发从南侧到西侧大部分被摧毁,并且仅略微保留了北侧和西侧的一部分遗物。这是靠近“Odoi”西侧的北端,其底部宽10英寸,南部是“Odoi”提供的“拳头”,成为Nakano-do在山的尽头是西侧的一个缓坡,通往Shichikawa河谷。它可能是郊区的了望小屋。为了保持它作为一个历史公园,我们在这个谷仓位置设置围栏。这个“Miyadoi”的价值非常高,是日本几个城市周围堡垒的历史遗迹,也是一个对日本城市感到惊讶的地方。我们希望它将被保留下来并用作历史遗址公园和附近居民放松的地方。 1982年10月京都市历史遗址指定Odoi 1 Kita-ku Fujigatake Old Doi-cho 2 2 Kita-ku Omiya Doi-cho 3 Kita-ku Shichijo Kamichoboricho Kamihorikawa-cho(沿着Kamo河)4 5 Sankyo Temple Sannai 5 Chukyo Ward Nishinokyo Nakaicho 6 Kamikyo Ward Kitano Mabuchicho(北野天满宫边境)7 Kita Ward Hirano Torii Mae Town 8北区Shiono Nishidoi Town 9 Kita Ward足利老Doi Town 3(历史公园)●京都的七个嘴巴

史跡  御土居
 京都の御土居は、天正19年(1590)豊臣秀吉 が多数の人びとを動員して築いたものである。これより先、戦国乱世の時代に、京都では「町の構」
や「ちゃうのかこい」を築いて、町を自衛する態勢がとられた。また、堺や、山科、石山をはじめ各地の寺内町などの都市や村落でも環濠城塞
化する動きがみられ、こうした動きをうけて「御土居」は築かれたが、住民が自衛するための施設ではなかった。
 天下一統をとげた秀吉はながい戦乱で荒れはてた京都を復興し、その近世城下町化をはかったのである。まず聚楽第を設け、これを中
心に街区を改め、寺院を寺町と寺の内に集めた。そして、まわりに濠と土塁をめぐらし洛中と洛外を分ち、「御土居」に七口を設けて洛外との
交通をここに限ろうとした。秀吉は「刀狩り」の政策に示されるように、民衆の自衛権を否定し、都市を支配し、その権力を示すために「御土居」を築いた。
 この延長実に23キロにもおよぶ「御土居」は平安京以来はじめて京都に完成した羅城であった。しかし、
外敵の脅威もなく、天下太平の近世にあって、この「御土居」はしだいに無用のものとなった。江戸中期
になると「御土居」をこえて東へと市街は広がった。しかし、みずから労力を費して構築した長大な「御土居」
を人びとは忘れはしなかった。「御土居」は洪水を防ぐ堤防の役割をはたしたし、近辺の農民は土崩れの
防止や竹木の成育など、その保全に力をつくしたのである。やがて近代になると、開発によって南辺から
西辺へかけて大きくこわされ、わずかに北辺や西辺の一部に往時のおもかげをとどめているにすぎない。
 ここは「御土居」の西辺の北端に近く、その底部は幅十間、南が「御土居」に設けられた切通し、中野道になり、
西の小道に面して藁葺の入母屋造りの鷹ヶ峯番小屋がおかれ、西へなだらかな斜面をなして紙屋川の谷へつな
がっていた。洛外への見張りの小屋の役目をはたしていたのだろう。史跡公園として整備するにあたり、この番小屋
の位置に亭をおいた。わが国に数少ない都市をめぐる城塞の史跡として、また日本の都市についてかんが
える場としてこの「御土居」の価値はきわめて高い。史跡公園として、また近隣住民の憩いの場として保存
され活用されることを期待する。
                昭和56年10月 京都市

史跡指定された御土居
①北区藤ヶ峯旧土居町2
② 北区大宮土居町
③ 北区紫竹上長目町上堀川町(賀茂川沿い)
④ 上京西広小路上ル(盧山寺山内)
⑤ 中京区西ノ京中合町
⑥ 上京区北野馬喰町(北野天満宮境内)
⑦ 北区平野鳥居前町
⑧ 北区紫野西土居町
⑨ 北区鷹ヶ旧土居町3(史跡公園)
●印は京の七口

テキスト化

2019-03-12 15:18 (0)
tokada
monumento
2019-03-12 15:05 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/03/12)
タグ: 豊臣秀吉 史跡 御土居 京都府 京都市
tokada (2019/03/12)
タグ: 豊臣秀吉 御土居 京都府 京都市
wawa (2018/01/08)
タグ: 事代主命 大己貴命 奇稲田姫命 994 京都府 京都市
wawa (2018/01/09)
タグ: 桂昌院 1694 京都府 京都市