Monumento

江戸五色不動 の一つ 目赤不動尊

wawa

2019-03-16

タグ: 豊島区 三重県 家光 文京区教育委員会 寛永 鷹狩り 目赤不動尊 万行和尚 動坂 南谷寺 目白不動尊 目黒不動尊 大日如来 元和 不動尊 将軍 インド 伊賀国 黄金 江戸五色不動 赤目山 目赤 目白 目黄 目青 東京都 文京区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate One of the Edo five-color immobility. The red eye of this Fudoson was originally said to be the Red Eye Fudoson. The Genwa year (1615 ~ 24) Banki Kazuho was given a small golden immovable king statue at Mt. Akame in Iga country (now Mie prefecture), traveled through the countries, and moved to the land of the moving hill. tied. Kannari Year (1624 to 44), during the falconry hunt, the third generation General Iemitsu, who stopped at the red eye Fudoson of the moving hill, turned to the land after receiving the life of the current site, and taking it as the eye red Fudoson. Since then, it is said that they have collected more common people&39;s faith as a red-eyed man. The immovable king is an Indian god and an emissary who receives evil from the life of Dainichi. While holding a sword and burning in anger, he has been loved by the common people in the name of Fudo. Since the Edo period, Mezuka, Mejiro, Mejiro, Meguro, and Meguro Fudoson are known for their five colors. Mejiro Fudoson was at Sekiguchi 2-chome in the ward until he moved to Toshima-ku at the end of the war. Tendai sect Nantani-ji Temple Bunkyo Ward Honkomagome 1-20-20 Bunkyo Ward Board of Education March 1991 © WAWA

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 其中一个江户五色不动。这个Fudoson的红眼原本据说是红眼Fudoson。 Genwa年(1615~24)Banki Kazuho在伊贺国(现在的三重县)的Akame山被给予了一个小的金色不可移动的国王雕像,穿过这些国家,并移动到移动的山地。我绑了它。 Kannari年(1624年至44年),在猎鹰猎杀期间,第三代将军Iemitsu停在了移动山丘的红眼Fudoson,在接受了当前场地的生命后转向了陆地,并把它当作眼睛红色的Fudoson。从那时起,据说他们已经收集了更多普通人作为一个红眼男人的信仰。不动的国王是印度神和使者从大日的生活中接受邪恶。他拿着一把剑,愤怒地燃烧着,一直被不知名的福都人所喜爱。自江户时代以来,Mezuka,Mejiro,Mejiro,Meguro和Meguro Fudoson以其五种颜色而闻名。 Mejiro Fudoson在病房的Sekiguchi 2丁目,直到他在战争结束时搬到了Toshima-ku。 Tendai教派Nantani-ji Temple Bunkyo Ward Honkomagome 1-20-20 Bunkyo Ward教育委员会1991年3月©WAWA

江戸五色不動 の一つ 目赤不動尊

この不動尊 は、もとは赤目不動尊と言われていた。元和 年間(1615~24)
万行和尚 が、伊賀国 (いまの三重県 )の赤目山 で、黄金 造りの小さな不動明
王像を授けられ、諸国をめぐり、いまの動坂 の地に庵を結んだ。
寛永 年間(1624~44)、鷹狩り の途中、動坂の赤目不動尊に立ち寄った三
将軍家光 から、現在の土地を賜わり、目赤不動尊とせよとの命を受け、こ
の地に移った。それから目赤不動尊として、いっそう庶民の信仰を集めた
と伝えられている。
不動明王は、本来インド の神で、大日如来 の命を受けて悪をこらしめる
使者である。剣を持ち、怒りに燃えた形相ながら、お不動さんの名で庶民
に親しまれてきた。江戸時代から、目赤目白目黄目青目黒不動尊
は五色不動として、その名が知られている。
目白不動尊 は、戦災で豊島区 に移るまで区内の関口二丁目にあった。
天台宗 南谷寺 文京区本駒込1-20-20
文京区教育委員会 平成3年3月
©WAWA

テキスト化

wawa
2019-03-16 20:50 (0)
wawa
monumento
2019-03-16 20:30 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 6ヶ月

目赤不動尊 文京区本駒込1丁目20−20

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/05/20)
タグ: 不動明王 文京区教育委員会 目赤不動尊 赤目不動尊 万行和尚 動坂 五色不動 南谷寺 auto-translate 目白不動尊 東京都 文京区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 文京区教育委員会 半井桃水 天狗廻状 胡砂吹く風 樋口一葉 東京都 文京区
hanacoco (2015/12/23)
タグ: ocr-generated 東京都 文京区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 太田道灌 江戸城 榎本武揚 文京区教育委員会 1458 二宮尊徳 吉祥寺 鳥居耀蔵 川上眉山 東京都 文京区