Monumento

銅鐘 石町時の鐘 東京都指定有形文化財

wawa

2019-03-29

タグ: 江戸 中央区教育委員会 寛永 時の鐘 銅鐘 石町時の鐘 鐘楼銭 東京都 中央区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate The first time bell in Edo, Nihonbashi Kodenmacho, Chuo-ku, Tokyo, designated as a tangible cultural property location in Tokyo, is a part of Hon Ishicho 3-chome (now part of Honcho 4-chome, Muro-cho 4-chome) It is said that it is the time of the installed Ishimachi bell. When the time was informed in Edo City, bells were installed in Asakusa, Honsho, Ueno, Shiba, Ichigaya, Mejiro, Akasaka, Yotsuya, etc. as the urban area expanded. According to Shogen 7 which was the bell tower, the stone bell of Ishimachi was recorded that the bell tower was erected at Honishicho 3-chome in 3 years of Kanei (16, 266). From the town where you can hear the sound of the bells, the "bell tower sen" was collected, maintained and operated. -The bell when it was installed in Honishi was repaired and recast because it was damaged by fire several times. The inscription on the current bronze bell is engraved with the inscription of "Aiseaga Shinshin April Chuo Shishi Ito Fujiwara Shigehiro", and it is understood that it was cast in the Honaga eight years (one seventy-one) You "Ishimachi sleeps and wakes Edo," and the bell at the time of Ishimachi, which is also reclined by Kawayanagi, was abolished in the Meiji era, but in 1950s (1930s) from Tenishi Park It has been relocated to a reinforced concrete bell tower completed inside and has reached to date. March, 2007 Chuo Ward Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 东京都中央区日本桥Kodenmacho的江户第一次响铃,被指定为东京的有形文化财产地点,是Ishicho 3丁目(现为Honcho 4丁目,Muro-cho 4丁目的一部分)的一部分据说是安装了Ishimachi铃的时间。在江户市通知的时候,随着市区的扩大,在浅草,本州,上野,芝,I谷,Mejiro,赤坂,四谷等地安装了铃铛。根据作为钟楼的Shogen 7,记录了Ishimachi的石钟,钟楼在Kanei(16,266)的3年内在Honishicho 3-chome竖立。从您可以听到钟声的小镇,收集,维护和操作“钟楼森”。 - 安装在Honishi的钟声被修理并重新装修,因为它被火烧了好几次。当前青铜钟上的铭文刻有“Aiseaga Shinshin April Chuo Shishi Ito Fujiwara Shigehiro”的铭文,据了解,它是在Honaga八年(七十一)中演员你。 “Ishimachi睡觉并且唤醒江户”,并且在Ishimachi的时候,也被Kawayanagi斜倚的钟在明治时代被废除了,但是在20世纪50年代(20世纪30年代)从Tenishi Park取消它已经搬迁到内部完工的钢筋混凝土钟楼,并已达到目前为止。 2007年3月中央区教育委员会

銅鐘 石町時の鐘 東京都指定有形文化財
所在地 中央区日本橋小伝馬町五 十思公園

江戸 で最初の時の鐘 は、本石町三丁目(現在の本町四丁目・室町四丁目
の一部)に設置された石町の時の鐘であるといわれています。 江戸市中に
時刻を知らせた時の鐘は、市街地の拡大にともない、浅草・本所・上野・
芝・市谷・目白・赤坂・四谷などにも設けられました。
石町時の鐘は、鐘撞き役であった辻源七の書上によると、寛永 三年
(一六二六) に本石町三丁目へ鐘楼堂を建てて鐘を撞いたことが記されて
おり、鐘の音が聞こえる範囲の町からは「鐘楼銭 」を集めて維持・運営が
図られていました。
- 本石町に設置された時の鐘は、何度か火災にあって破損したために修
理や改鋳が行われました。現在の銅鐘には「賞永辛卯四月中浣 鑄物御大
工 椎名伊豫藤原重休」の銘文が刻まれており、宝永八年(一七一一)に
鋳造されたことがわかります。
「石町は江戸を寝せたり起こしたり」と川柳にも詠まれた石町時の鐘
は、明治をむかえて廃止されましたが、昭和五年(一九三〇)に本石町
から十思公園内に完成した鉄筋コンクリート造の鐘楼へ移設されて現在
に至っています。
平成十七年三月
中央区教育委員会

テキスト化

wawa
2019-03-29 06:04 (0)
wawa
monumento
2019-03-29 06:02 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 8ヶ月

石町時の鐘

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/12/27)
タグ: ocr-generated 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/23)
タグ: ocr-generated 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/23)
タグ: ocr-generated 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/29)
タグ: ocr-generated 東京都 中央区