Monumento

国指定無形文化財(工芸技術)「宮古上布」

monumento

2013-06-14

タグ: 栄河氏真栄 宮古上布 越後上布 小千谷縮 沖縄県 宮古島市

案内板

auto-translate National intangible cultural asset craft skills 'Miyako ramie
Specify date of 0/1978 (1978), April 26 Miyako ramie was reportedly created by Eiji Kawai Mr. Shin's wife, inaishi late 16 century,. In 1637 as a head tax prescribed first cloth, since requested to elaborate fabrics. Miyako ramie that makes life, ranging from traditional techniques today are inherited. In the ramie fiber to yarns and fabrics, and echigo-jofu said a representative presence of ramie in our country, along with the ojiya-chijimi (Showa 30 years country specification).
Production forms by hand picking of ramie yarn manufacturing, dyed, has become a division of labor system such as weaving, washing (finish machining), sanuki ( repair ) have handed each professional engineer advanced technology. Miyako ramie preservation society (storage groups)

auto-translate 国家无形文化资产手工艺技能 ' 宫古苎麻
指定日期 0/1978 年 (1978 年),4 月 26 日
宫古苎麻据说是颖儿 Kawai 申先生的妻子,稻石 16 世纪后期,由创建的。在 1637 年人头税的规定第一布,自请到精心制作的织物。让生活,今天从传统技术的宫古苎麻被继承。在苎麻纤维纱线和面料,和越后上符说: 在我们国家,以及 ojiya-缩 (昭和 30 年国家规范) 苎麻代表出席。用手捡起苎麻纱的生产形式制造、 染色,已成为劳动系统如织,分工洗 (精加工)、 赞岐修复) 交每个专业的工程师,先进的技术。
宫古苎麻保存协会 (存储组)

国指定無形文化財(工芸技術)「宮古上布」
指定年月日 昭和53年(1978)年4月26日
宮古上布は、16世紀末、栄河氏真栄 の妻・稲石によって創製されたと伝えられている。1637年に人頭税として上納布に定められて以来、精巧な織物であることが要求された。その伝統技術が今日に至るまで継承されて宮古上布 を生活づけている。苧麻繊維を糸とする織物で、越後上布小千谷縮(昭和30年国指定)と並んで我が国の上布の代表的存在といわれている。制作形態は苧麻の手積みによる糸つくり、染め、機織り、洗濯(仕上げ加工)、ぬき(補修)等の分業制になっており、それぞれ専門の技術者が高度の技術を伝承している。
(保存団体:宮古上布保存会)

テキスト化

monumento
2014-04-09 01:19 (310)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/18)
タグ: 首里王府 仲宗根豊見親 真誉之子豊見親 墳墓 オヤケアカハチ 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 仲宗根豊見親 豊見親墓 知利真良豊見親 宮古島 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 柳田國男 海南小記 琉球王府 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 久松五勇士 日露戦争 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 琉球王国 雍正旧記 宮古島在番記 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 雍正旧記 宮古島在番記 沖縄県 宮古島市