Monumento

御城番屋敷土蔵

wawa

2019-05-16

タグ: 江戸時代 松阪市教育委員会 松坂城 紀州藩 米蔵 土蔵 藩主 徳川頼宜 三重県 松阪市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Jobanyashiki Dozo designated tangible cultural property March 17th, 2005 designated era Edo period late-stage flat house, girder line one and a half, girder line three between, gable girder, girder rubble, south face and west face are earthen tile rubble It is a building of The outer circumference is covered with a clapboard on the back and the east side, and on the upper part of the front of the earthen wall, the others are white walls with a plaster finish. The interior is divided into three sections from west to column, six and a half, and three between three, with doorways open and two sections in the central and eastern sections. The structure is to receive the building with pillars of the ridge, support the roof by supporting beams on the ridge, and pass the common beams from the pillars of the ridge to the corresponding columns of the beams and beams. This storehouse is the rice storehouse of the three houses of the storehouses (Yonekurai, Toolkuraji) which were built in the Aoimaru in Matsuzaka Castle at the end of the Edo period, and was taken down by Naehidesha in the early Meiji period and relocated to the present location. It is said to have been done. If this is the case, it will be the only existing building as a former Matsuzaka Castle related building. On the west side of the storehouse is the Nanryu Shrine, which is dedicated to Kishuan&39;s first lord, Tokugawa Yorikiyo (Nan Ryuko). March 10, 2009 Matsusaka City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Jobanyashiki Dozo指定有形文化财产2005年3月17日指定时代江户时代晚期平屋,梁线一半,梁线三,山墙梁,梁瓦砾,南面和西面是土瓦瓦砾它是一座建筑物外围在背面和东侧覆盖有隔板,在土墙前部的上部覆盖,其他的是带有石膏饰面的白色墙壁。内部分为三个部分,从西到列,六个半,三个三个,门口打开,中间和东部两个部分。该结构用于接收具有脊柱的建筑物,通过在脊上支撑梁来支撑屋顶,并且将来自脊柱的共同梁传递到梁和梁的相应柱。这个仓库是在江户时代末期在松坂城的Aoimaru建造的仓库(Yonekurai,Toolkuraji)的三个房屋的大米仓库,并在明治初期由Naehidesha取下并搬迁到现在的位置。据说已经完成了。如果是这样的话,那将是唯一一座现有的松坂城堡相关建筑。仓库的西侧是Nanryu Shrine,专门用于Kishuan的第一位领主Tokugawa Yorikiyo(Nan Ryuko)。 2009年3月10日松阪市教育委员会

御城番屋敷土蔵
指定有形文化財 平成十五年三月十七日指定
時代 江戸時代 末期
平屋建、桁行一二間半、梁行三間、切妻造、桟瓦葺、南面及び西面は土庇桟瓦葺の建物である。
外回りは、背面と東側面、正面の土庇上部では壁面を下見板で覆い、その他は漆喰塗り仕上げの白壁である。
内部は、西から桁行四間、六間半、三間に三分割され、それぞれ戸口が開かれ、中央と東の区画では二に床が張られている。
構造は、棟通りの柱で地棟を受け、地棟に登梁を架けて屋根を支え、
棟通りの柱から桁行、梁行の対応する柱に繁梁を渡すものである。
この土蔵は、江戸時代末期に松坂城 内の隠居
丸に建てられていた三棟の土蔵(米蔵一、道具
蔵二)のうちの米蔵 で、明治初期に苗秀社に払
い下げられて現在地に移築されたと言われてい
る。このことが事実ならば、旧松坂城関係の建物
としては、唯一の現存する建物となる。
なお、土蔵の西側には、紀州藩 の初代藩主徳川頼宜
(南龍公)を祀った南龍神社がある。
二〇〇九年三月一〇日松阪市教育委員会

テキスト化

wawa
2019-05-16 05:51 (0)
wawa
monumento
2019-05-16 05:48 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 10日

御城番屋敷

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

i947 (2014/09/07)
タグ: 徳川頼宣 松阪市教育委員会 三重県 松阪市
i947 (2014/09/07)
タグ: 徳川頼宣 松阪市教育委員会 御城番屋敷 苗秀社 紀州藩 組屋敷 海弁僧正 auto-translate 三重県 松阪市
wawa (2019/05/15)
タグ: 三重県 松阪市
i947 (2014/09/07)
タグ: 徳川頼宣 松阪市教育委員会 松坂城 蒲生氏郷 服部一忠 古田重勝 松阪公園 三重県 松阪市