Monumento

松応寺

monumento

2014-01-29

タグ: 万寿山 書家高玄融 農政本論 経済要録 開国要論 東京都 杉並区

案内板

auto-translate Pine response Temple 794 at the Temple of the Soto Zen insight and Shan, is the current St. Kannon statue.
(Because the Buddha Sakyamuni Buddha destroyed in World War II)
According to the temple 0/1656 ( 1656 ) may, Asakusa hachiken-( present Taito-Ku Shou-2 ) to was founded.
Matsuji ohmatsu temple's founder ( present 1-Chome Kita-ku, nishigaoka ) v State of Yue soon-Hee daiosho, kaiki is snow rocks long rabbit daiosho.
Listed in gate-Wan Shou Shan mountain is a famous calligrapher high Gen melt of the Edo era to become.
794 of the Edo period, prospered as a yoriki, concentric, Samurai Temple Cemetery is from 6/1918 for the maintenance and development of the temple location moved to came.
And burned down in fires of 0/1945 about the history of the 794, Idol first, for which destroyed everything, including the gallery and Temple records is not more clear.
Current temple at the Zen expressions of deep Buddhist, plump perfect mimics the style of the Fujiwara period seems to be still face are characteristic.
794, in his book "agricultural policy paper' the economy upon book upon theory of opening to the world, agricultural policy of the Edo period scholar of Nobuhiro SATO ( 1850, embittered ) of there is a grave.
1/1986 Suginami ward Education Board

auto-translate 松寺的反应
在索托禅宗洞察的寺庙和山、 794 是当前圣观音雕像。(因为佛陀释迦牟尼佛毁于二次世界大战)
根据庙 0/1656年 1656年) 5 月,浅草学园目前台东-Ku 寿-2),成立。
松二 ohmatsu 寺创始人目前 1 丁目北新-ku,nishigaoka) v 状态的鲤鱼很快熙 daiosho,kaiki 是雪岩长兔 daiosho。
在门湾守山中列出是高 Gen 融化的江户时代,成为著名的书法家。
江户时代,作为寄来,同心、 繁荣 794 武士寺公墓是从 6/1918 年为维护和发展寺位置的移动要来了。
并在历史的 794 0/1945 年的大火中烧毁了,偶像第一,为,摧毁了一切,包括画廊和寺记录不是更清晰。
在深佛教的禅宗表达式的当前寺,丰满完美模仿的时期似乎是脸上仍然是典型的藤原的样式。
794,在他的书"的农业政策文件 ' 在书的世界里,农业政策的江户时期学者佐藤信弘的开放的理论经济 1850 年,那里的苦 () 是一个坟墓。
1986 年 1 月
杉并区教育委员会

松応寺
 当寺は、万寿山と号する曹洞宗の寺で、現在の本尊は聖観音坐像です。(戦火で本尊「釈迦牟尼仏」を焼失したため)
 寺伝によると明暦二年(一六五六)五月、浅草八軒寺町(現台東区寿二丁目)に開創されました。
 開山は本寺大松寺(現北区西ヶ丘一丁目)五世の悦州舜喜大和尚で、開基は雪岩長卯大和尚です。
 山門に掲げる「万寿山 」の山号は江戸時代の高名な書家高玄融 の筆になるものです。
 江戸時代の当寺は、与力・同心など武家寺として栄えていましたが、墓地が狭小なことから大正七年六月に寺院の維持発展のため、現在地に移転して来ました。
 当寺の歴史については、昭和二十年の戦火で全焼し、本尊はじめ、寺宝・寺録などの全てを焼失したため、詳細は、明らかではありません。
 現在の本尊は、禅宗様式の濃い仏像で、藤原時代の様式を模したと思われるふっくらした円満なお顔に特徴があります。
 なお、当寺には『農政本論 』『経済要録 』『開国要論 』等の著書で江戸時代の農政学者佐藤信淵(一八五〇年歿)の墓があります。
昭和六十一年一月
杉並区教育委員会

テキスト化

monumento
2014-04-09 10:40 (464)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/02/18)
タグ: 宗泰院 釈迦牟尼仏 俳人原月舟 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 長龍寺 釈迦如来座像 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 太田道灌 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2016/01/13)
タグ: 杉並区教育委員会 庚申信仰 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2016/07/02)
タグ: 東京都 杉並区
monumento (2014/03/17)
タグ: 蚕糸の森公園 蚕 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/09/13)
タグ: 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/12/11)
タグ: 杉並区教育委員会 蓮光寺 東京都 杉並区