Monumento

ocr-generated くぼう あしかがしげうじ

kawa_sanpo

2015/01/18

タグ: ocr-generated 茨城県 古河市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated くぼう あしかがしげうじ
古河公方足利成氏
古河の歴史を彩る重要人物は数あれど、日本の歴史上、最初に戦国時代の幕を開けた初代「古河公方」足利成氏
(一四三四?~「四九七)ほどのビッグネームは見当たらないかもしれない。公方ということばが将軍の異称であることを
考えても、成氏の権力と存在感の大きさは、容易に想像できるであろう。
成氏の父、持氏は、室町幕府開祖の足利尊氏の子基氏にはじまる鎌倉公方の四代目であった。将軍六代目への継承
に野心を抱いていた持氏は、幕府への叛逆を企てるも「永享の乱」に敗れて自刃。その後、公方不在の関東の情勢が不安定と
なると、幕府は、成氏を鎌倉公方に任命している。
しかし父の遺志を受け継ぐかのように、成氏は、幕府へ対抗しはじめ、「享徳の乱」を契機に鎌倉から古河へ移座
「古河公方」を自称した。成氏は、三十年に及ぶ享徳の乱の終結後も鎌倉に復帰することなく、古河の地で没。以後、
江戸時代に至るまでの一三〇年間、古河は五代にわたる古河公方足利氏の拠点となり、独自の文化を育んでいくのである。

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:48 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/01/18)
タグ: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/01/18)
タグ: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/01/18)
タグ: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/01/18)
タグ: ocr-generated 茨城県 古河市