Monumento

県指定史跡「下地町の池田矼」

monumento

2013-06-16

タグ: 琉球王国 雍正旧記 宮古島在番記 沖縄県 宮古島市

案内板

auto-translate Prefecture historic site see SHIMOJI, Ikeda kō'
Specify date of 0/1977 (1977), July 11 Near Cape River estuary, along the highway 390. This kō is Ryukyu Kingdom from the era, Hirara-久貝 through Matsubara, l. 洲鎌, akin to the uechi, yonaha reportedly with ground kō road was part of a major road in the construction. "Yonghegong Temple plus traditional ' 1727, on the" Ikeda kō, North-South length 20, next to 3, w 9 Shaku 5 Sun Village North-Balazs nyari lagoon inland plateau "and have been recorded. Afterwards, kō broken for some reason in 1817 (0/1408) along with the groundwork kō road repairs conducted the "Miyako Island in-Ki ' in written. Ryukyu limestone vaulted the blaze. 1977 on stage tradition, 400 years, in the records of the literature on 260 years history of more than has, until today it boasts robust.

auto-translate 自治州历史网站看到下地,池田 kō'
指定日期,0/1977年 (1977 年),7 月 11 日
附近开普河河口,沿公路 390。这个 kō 是琉球王国从时代,Hirara-久貝通过松原,l.洲鎌,类似于植地,与那霸据报与地面 kō 路是一条主要道路建设中的一部分。"雍和宫殿加传统 ' 1727年,"池田 kō,南北长度为 20,旁边 3,w 9 由美子 5 太阳村北 Balazs nyari 泻湖内陆高原"和已记录。之后,kō 在 1817 年由于某种原因断 (0/1408) 同时进行的基础 kō 道路维修"宫古岛 Ki ' 在写。琉球石灰岩拱形大火。1977 年在舞台的传统,400 年来的记录上 260 多年历史的更多了,文学中直到今天它拥有强健。

県指定史跡「下地町の池田矼」
指定年月日 昭和52年(1977)年7月11日
崎田川河口近く、国道390号線に沿っている。この矼は、琉球王国 時代、平良から久貝・松原、川満を経て洲鎌、上地、与那覇へ通ずる主要道路の一部であった下地矼道と共に架設されたと伝えられている。『雍正旧記』(1727年)には「池田矼、南北長20間、横3間、高サ9尺5寸村北ノ潟陸原ニアリ」と記録されている。その後、何らかの理由で壊れた矼を、1817年(嘉慶22)に下地矼道と共に大修理を実施したことが、『宮古島在番記』に記されている。琉球石灰岩をアーチ型に積み上げて造ってある。1977年段階で伝承では、400年、文献上の記録では260年余の歴史を有し、今日まで堅牢さを誇っている。

テキスト化

monumento
2014-04-09 01:26 (329)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/18)
タグ: 雍正旧記 宮古島在番記 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 久松五勇士 日露戦争 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 栄河氏真栄 宮古上布 越後上布 小千谷縮 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 首里王府 仲宗根豊見親 真誉之子豊見親 墳墓 オヤケアカハチ 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 仲宗根豊見親 豊見親墓 知利真良豊見親 宮古島 沖縄県 宮古島市
monumento (2014/03/18)
タグ: 柳田國男 海南小記 琉球王府 沖縄県 宮古島市