Monumento

和田家住宅 (重要文化財 ) 重要伝統的建造物群保存地区

wawa

2019-08-29

タグ: 江戸時代 重要文化財 重要伝統的建造物群保存地区 白川郷 合掌造り 天正 白川村教育委員会 名主 民家 和田家住宅 白川村荻町 弥右衛門 焔硝 岐阜県 白川村

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Wada Family Housing (Important Cultural Property) Designated Preservation District for Important Traditional Buildings Village Designated December 25, 1945 Designated January 11, 1947 Country Designed December, 1995 The 26th Hiwada family is known to have been named Yayoemon for generations since the first year of Tensho (1573), and during the Edo period, he tried to become a master and a beef neck officer. It prospered through the sale of mirabilite, an important source of cash income for Shirakawago. The Wada family house is located in the northern part of the Shirakawa village Sakai-cho traditional building group preservation district, with the main building facing the west, a toilet on the right on the front, and around the mansion with a storehouse on the left on the back, There are stone-gated snow-trapping grooves and-ponds, and a garden consisting of ponds and stone-gated grooves and ponds on the north side of the main building. The building age is unknown, but the main house, storehouse, and toilet are all considered to be architecture in the middle of the Edo period. The main house is a large double-floored private house with a floor of 22 to 3 meters (between 12 and between 12 and 8 meters between beams). The Wada family residence is a high-quality building with the largest scale of a gassho-style private house, and has a high-class structure such as a entrance with a ceremony stand. Main houses, storehouses, and dormitories (nationally designated important cultural properties) Itakura / inakana hut (prefecturally designated important cultural properties) March 1996 Shirakawa Village Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 和田家庭住宅(重要文化财产)重要传统建筑的指定保护区村庄指定1945年12月25日指定1947年1月11日国家设计1995年12月从Tensho(1573年)的第一年开始,第26个Hiwada家族就被称为Yayoemon,并且在江户时代,他试图成为一名大师和一名牛颈官。它通过出售奇异果来繁荣发展,芒硝是白川乡现金收入的重要来源。和田家庭住宅位于白川村Sak町传统建筑群保护区的北部,主楼朝西,右前方有一个卫生间,后面左边有一个仓库,在主楼的北侧有一个石头封闭的积雪槽和池塘,以及一个由池塘和石门沟和池塘组成的花园,北面有石墙和防风林。建筑年龄不详,但主要的房子,仓库和厕所都被认为是江户时代中期的建筑。主屋是一栋大型双层私人住宅,楼层面积为22至3米(横梁之间为12至12米至8米)。和田家庭住宅是一座高品质的建筑,拥有最高规模的合掌式私人住宅,并拥有高级结构,如带有仪式架的入口。主要的房屋,仓库和宿舍(国家指定的重要文化财产)板仓/ inakana小屋(县指定重要文化财产)1996年3月白川村教育委员会

和田家住宅 (重要文化財 ) 重要伝統的建造物群保存地区
村指定昭和四十五年十二月二十五日
票指定昭和四十七年一月十一日
国指定 平成七年十二月二十六日
和田家は、天正 元年(一五七三)以来、代々弥右衛門 を名乗って
いたことが知られ、江戸時代 には名主 や牛首口の番所役人を
努るとともに、白川郷 の重要な現金収入源であった焔硝
取引によって栄えた。
和田家住宅は、白川村荻町 伝統的建造物群保存地区内の北
部に位置し、西に面する主屋を中心にして、前方右手に便所、
後方左手に土蔵が建つ屋敷の周囲には、石組の消雪溝や -
池を配し、主屋の北側に屈曲する石組溝と池からなる庭園を
設け、その北に石垣と防風林を備える。
建築年代は不明であるが、主屋・土蔵・便所ともに江戸時代
中期の建築と考えられている。
主屋は桁行二十二・三メートル(十二間)梁間十二・八メートル
間)の平面をもつ「重三階の大型の合掌造り 民家 であり、
「両側と背面に庇が附属する。
和田家住宅は、合掌造り民家して最大級の規模をもつ質の
「高い建築であり、式台付きの玄関を備えるなど格式の高い
造りとなっており、世界遺産白川郷の合掌造り集落を代表す
る民家である。
主屋・土蔵・更所(国指定重要文化財)
板蔵・稲架小屋(県指定重要文化財)
平成八年三月
白川村教育委員会

テキスト化

wawa
2019-08-29 21:25 (0)
wawa
monumento
2019-08-29 21:22 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 3ヶ月

和田家住宅 重要伝統的建造物群保存地区

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

itog (2015/11/25)
タグ: ocr-generated 岐阜県 白川村
wawa (2019/08/13)
タグ: 番所 江戸時代 重要文化財 合掌造り 名主 伝統的建造物群保存地区 民家 役人 和田家住宅 白川村荻町 白川教育委員会 岐阜県 白川村
itog (2015/11/25)
タグ: 世界遺産 合掌造り 白川村教育委員会 岐阜県 白川村
itog (2015/11/25)
タグ: 白川郷 合掌造り 岐阜県 白川村