Monumento

西宮邸(旧陸奥宗光邸)と「ちりめん本」

wawa

2019-11-24

タグ: 歌舞伎 陸奥宗光 鉄道 西南戦争 鹿鳴館 工芸品 日清戦争 上野の山 東京府 土蔵 桃太郎 洋館 外務大臣 旧古河庭園 寄席 ラフカディオ 北豊島郡 金杉村 和洋館並列型住宅 コロニアル様式 逆さ牡丹 ロンドン留学 ちりめん本 長谷川武次郎 長谷川弘文社 出版 日本昔話 舌切雀 猿蟹合戦 花咲爺 木版多色刷り ヘボン かぐや姫 カルマ 日本の噺家 八つ山羊 輸出 初陣 auto-translate 39 東京都 台東区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Miya House (former Mutsu Munemitsu House) and Chirimen Book As a foreign minister in the Meiji period of residence, where Munemitsu Mutsu and his family lived, he made a great footprint in Japan&39;s diplomatic history, such as concluding a peace treaty for the Sino-Japanese War and amending the treaty with Western powers. The last residence of the remaining Mutsumitsu Mutsu (1844-1987) is the old Furukawa Garden in Nishigahara. However, Munemitsu lived in this mansion in the time of Mejitsu before such a spectacular spotlight. Mutsumitsu Mutsu was sentenced to jail in January 1883 after he was sentenced to five years&39; imprisonment for taking anti-government actions during the Southwestern War. This mansion is what I got. Negishi is still in the name of Kanesugi-mura, Kitatoshima-gun, Tokyo, and the railway just opened under the mountain of Ueno. Munemitsu will study in London from April 1884 to February 1888, but later on, he was later named “Hana of Rokumeikan”. Wife Mitsuko and children lived in this house. Munemitsu returned from studying abroad and stayed here until he moved to Roppongi in April 1877. This building is one of the oldest buildings in the Tokyo metropolitan area. Originally it was a Japanese-Western-style parallel house consisting of a customer service department with a Japanese-style (inside Western style) building in an existing Western-style building, and a living department with two separate and storehouses attached to the main building. The existing Western-style building is built in a colonial style, with large openings on the first and second floors in front of each other, and each room has a fireplace. From the point of view of the relationship with Mutsuya, there is a staircase as soon as you enter the entrance, and the main pillar of the limb of the staircase is engraved with Mutsuya&39;s family crest, “Inverse Peony”. In 1888, Munemitsu sold the house for debt repayment and for his son, Yukichi, to pay for studying in London. Then around 1970 (Meiji 40), Takejiro Hasegawa, who had published “Chirimen-hon”, bought it as his home and company building (Hasegawa Hirofumisha). The publishing business by Hirofumi Hasegawa was taken over by Taisho and Showa. The family is still home to Mr. Nishinomiya, the descendant of Takejiro Hasegawa. You cannot enter the building. Please visit from outside the site. The Negishi Shikikai “Crimen Book” and the “Crimen Book”, which was published by Hasegawa Hirofumisha in 1885 (Meiji 18), have become much known in recent years and have attracted attention. . The English version of the small “Traditional Japanese tales” series 20 with “Momotaro” as the first book is distributed, but there are nine other countries, including French, German, Spanish, Dutch, Portuguese, etc. The version of the word has been confirmed. In addition to “Momotaro”, stories that many Japanese know, such as “tongue-cut sparrow”, “gagged battle” and “Hanasaki Rin” are featured. The wood-cut multicolored prints are beautiful, and the Japanese paper that has been cut together with the typographic characters is shrunk many times into a crepe-like shape. The Chirimen-hon, which can be said to be a craft that is full of traditional Japanese techniques and designs, such as the looseness of the surrounding yarn and the looseness of the yarn, has gained popularity overseas as well as its culture. Influenced. The paintings are mainly drawn by Kouki Hayashi, Hana Suzuki, Yoshimune Arai, and other famous ukiyo-e painters, and the text is mostly from missionaries and hired foreigners who came to Japan, including Hebon and Lafcadio.・ There is also a translation by Hahn. There are many single-shot books, and the masterpiece is “Kaguyahime” by R. Miller. Kabuki&39;s themes such as Terakoya and Morning Glory are also valuable. The Buddhist narratives “Kalma” and “Nirvana” by P. Cairas are also different. J. Adan&39;s “The Japanese House” draws a detailed sketch of Japanese attendance. There is also “Yatsugogo”, a witty device. Takejiro Hasegawa has planned such a variety of publications and published them overseas. He was fluent in English, studied at a commercial law training school, and had contacted foreigners there. Close contact with many sculptors and sculptors, making it possible to publish excellent Chirimen Books. He was the first person to export foreign publications in Japan. Koeko Ishizawa (Children and French literary) March 2017 Posted by: Noriko Negishi (posted by the donation of local residents) No access to the building. Please visit from outside the site. Cannot enter the buildingLocation: 3-7-15 Negishi, Taito-ku Traffic: 5 minutes on foot from JR Yamanote Line Kabuya Station North Exit The main pillar "Japanese folktale" series Lafcadio Hearn

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 宫屋(原陆通Munemitsu府)和《千里门经》作为Muntsutsu Mutsu及其家人居住的明治时代的外交大臣,他在日本的外交历史上留下了巨大的足迹,例如缔结了抗日战争的和平条约以及与西方强国对条约的修订。剩下的Mutsumitsu Mutsu(1844-1987)的最后住所是西原原的古河川花园。然而,在如此壮观的聚光灯之前,幕光曾在明治时代居住在这座豪宅中。 Mutsumitsu Mutsu因在西南战争期间采取反政府行动被判处五年徒刑,于1883年1月被判入狱。这是我得到的豪宅。 Negishi仍然以东京北岛郡的Kanesugi-mura的名义,而铁路刚在上野山下开通。幕光将在1884年4月至1888年2月在伦敦学习,但后来他被命名为“六名馆的花名”。妻子光子和孩子住在这所房子里。忍光从出国留学归国,一直待在这里,直到1877年4月移居六本木。该建筑是东京都会区最古老的建筑之一。最初是一幢日西风格的平行房屋,由一间客户服务部门和一间日式(西式内部)建筑物(在现有的西式建筑物中)组成,而一处生活部则有两个独立的仓库与主楼相连。现有的西式建筑是殖民地风格的建筑,一楼和二楼的大开口彼此相对,每个房间都有一个壁炉。从与Mutsuya的关系的角度来看,您一旦进入入口便会出现一个楼梯,楼梯四肢的主柱上刻有Mutsuya的家族徽记“ Inverse Peony”。 1888年,Munemitsu卖掉了房子以偿还债务,并卖给了他的儿子Yukichi来伦敦学习。然后在1970年左右(明治40),出版了《 Chirimen-hon》的长谷川竹次郎买下了它作为他的房屋和公司建筑物(长谷川广文社)。长谷川浩文的出版业务由大正和昭和接手。这个家庭仍然是长谷川武次郎的后裔西宫先生的家。您不能进入建筑物。请从网站外部访问。长谷川弘文社于1885年(明治18年)出版的《根岸志刊》(Cimen Book)和《法典》(Cimen Book),在最近几年已广为人知并引起了关注。 。发行了第一本书“ Momotaro”的英文版“日本传统小故事”系列20,但还有其他9个国家/地区,包括法语,德语,西班牙语,荷兰语,葡萄牙语等。该单词的版本已得到确认。除了“桃太郎”外,还有许多日本人都知道的故事,例如“舌头麻雀”,“堵嘴战斗”和“花崎R”。木刻的彩色印刷品很漂亮,将与印刷字符一起裁切过的日本纸多次缩成皱纹状。的Chirimen-hon,可以说是一种充满日本传统技术和设计的工艺,例如周围纱线的松散度和纱线的松散度,已经在海外及其文化中得到普及。有影响。这些画主要是由林幸幸,铃木花奈,荒井义宗和其他著名的浮世绘画家绘制的,文字大部分来自宣教士和受雇来日本的外国人,包括日本的Hebon和Lafcadio。・还有哈恩的翻译。单曲书籍很多,而杰作是R. Miller的“ Kaguyahime”。歌舞uki的主题,例如寺光屋和牵牛花也很有价值。凯拉斯(P. Cairas)的佛教叙事“卡尔玛”和“涅rv”也有所不同。 J. Adan撰写的“日本房屋”详细说明了日本人的出勤情况。还有一个机智的设备“ Yatsugogo”。长谷川武次郎策划了各种出版物,并在海外出版。他英语流利,在商法培训学校学习,并与那里的外国人联系。与许多雕塑家和雕塑家的密切联系,使出版优秀的《 Chirimen书籍》成为可能。他是第一个在日本出口外国出版物的人。石泽晃子(儿童文学和法国文学)2017年3月发布者:根岸纪子(由当地居民捐赠)不能进入建筑物。请从网站外部访问。无法进入建筑物位置:台东区根市3-7-15交通:从JR山手线Kar谷站北口步行5分钟主要支柱“日本民间故事”系列Lafcadio Hearn

西宮邸(旧陸奥宗光邸)と「ちりめん本」

陸奥宗光 とその家族が住んだ屋敷
明治期の外務大臣 として日清戦争 の講和条約締結や欧米列強との条約改正など日
本の外交史上に大きな足跡を残した陸奥宗光(一八四四年~一八九七年)の最後の
住まいは、現在の西ケ原の旧古河庭園 です。
しかしそんな華々しいスポットライトが当たる前の雌伏の時代に、宗光はこの邸
宅に住んでいました。
陸奥宗光は、西南戦争 時に反政府的な行動をとったとして禁錮五年の刑をうけ一
八八三(明治十六)年一月に出獄したあと、同年九月に「一邸地を購得した」のが
この邸宅です。まだここ根岸が、東京府北豊島郡金杉村 という地名で、上野の山
下を鉄道 が開通したばかりのころです。
一八八四(明治十七)年四月から一八八六(明治十九)年二月まで宗光はロンド
ンに留学しますが、その留守中、後年「鹿鳴館 の華」と称される妻の充子と子供た
ちがこの家に暮らしました。そして宗光は留学から帰国して一八八七(明治二十)
年四月に六本木に転居するまでここで過ごしました。
この建物は住宅用建築として建てられた洋館 の現存例としては都内で最も古いも
ののひとつです。もともとは現存の洋館に和風(内部は洋式)の建物が付属した接
客部と、母屋に付属した離れと土蔵 二つを持つ生活部とからなる和洋館並列型住宅
でした。現存する洋館部分はコロニアル様式 で建築されており、正面側の一、二階
に大きな開口が連続して配置され、各部屋には暖炉が備えつけてあります。陸奥家
とのかかわりという点からいうと、玄関を入るとすぐに階段があり、その階段の手
脚の親柱には陸奥家の家紋である「逆さ牡丹 」が彫刻されています。
一八八八(明治二十一)年、宗光は借金返済と息子・廣吉のロンドン留学 費用の
捻出のため、この家を売却します。
その後一九〇七 (明治四十)年ごろ、「ちりめん本 」を出版していた長谷川武次郎 が、
自らの住まいと社屋(長谷川弘文社 )として買い取ります。
長谷川弘文社による出版 事業は、大正、昭和と引き継がれました。現在も、この
家には長谷川武次郎のご子孫の西宮氏ご家族がお住まいです。建物内への立ち入り
はできません。静かに敷地外部からご見学ください。
根岸子規会

「ちりめん本」と長谷川武次郎
一八八五(明治十八)年に、長谷川弘文社から出版が始まった「ちりめん本」に
ついては、近年ではかなり知られるようになり注目度が高まっています。
桃太郎 」を一冊目とする小型の「日本昔話 」シリーズ二十』などは、英語版が流
布していますが、他にフランス語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語、ポルトガ
ル語など、九ヵ国語の版が確認されています。「桃太郎」の他、「舌切雀 」「猿蟹合戦
花咲爺 」など、多くの日本人が知っている話が取り上げられています。
木版多色刷り の鮮明な発色の絵が美しく、欧文活字とともに削られた和紙を、何
度も手間をかけて縮めて、縮緬(ちりめん)状になっていることから「ちりめん本」
と称されています。
一分の隙もない周り、相糸の緩じなど、日本の伝統技術と意匠に満ちた工芸品
も言える「ちりめん本」は、その内容と共に、海外で人気を博し、その文化にも広
く影響を与えました。
絵は主に小林水、鈴木華、新井芳宗など当時の高名浮世絵師によって描かれ、
文章は、来日していた宣教師やお雇い外国人によるものが多く、中にはヘボン
ラフカディオ・ハーン が訳したものもあります。
単発本も多数あり、圧巻はR・ミラー による「かぐや姫 」百ページ。また「寺子屋」「朝
顔」などの歌舞伎 の題材も貴重。さらにP・ケイラス による仏教説話「カルマ 」「ニ
ルバーナ」も異色です。J・アダン による「日本の噺家 」は、日本の寄席 風景を概細
な筆致で描いています。機知に富む仕掛けを試した「八つ山羊 」などもあります。
このように多彩な出版物を企画し、海外に向けて出版したのが長谷川武次郎です。
英語に堪能で、商法講習所に学び、そこで来日外国人と接触したのでしょう。多く
の彫師や摺師と親しく接し、すぐれた「ちりめん本」出版を可能にしました。日本
における出版物の、海外輸出初陣 を飾った人物です。
石澤小枝子(児童文学者・フランス文学者)

二〇一七年三月掲示:根岸子規会(地域の皆さんのご寄付により掲示しました)
建物内への立ち入りはできません。静かに敷地外部からご見学ください。

建物内への立ち入りはできません
所在地:台東区根岸3-7-15
交通:JR山手線鶯谷駅 北口徒歩5分

宗光夫人売子 外務大臣 陸奥宗光
陸奥家の家紋「逆さ牡丹」が彫刻された手の親柱
「日本昔話」シリーズ ラフカディオ・ハーン

テキスト化

wawa
2019-11-24 22:25 (0)
wawa
wawa
2019-11-24 22:22 (0)
wawa
monumento
2019-11-24 22:11 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 約2年

旧陸奥宗光邸 東京都台東区根岸3丁目7−15

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/04/01)
タグ: 正岡子規 東京都 台東区
shijia (2016/03/31)
タグ: 元三島神社 東京都 台東区
hanacoco (2016/01/02)
タグ: auto-translate 発祥の地 東京都 台東区
kawa_sanpo (2017/09/18)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区