Monumento

幸田文ゆかりの「ハンカチの木」

wawa

2020-03-25

タグ: 東京都 文京区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate "Handkerchief Tree" related to Tabun Kakegawa Park 1-15 Kasuga "Handkerchief Tree" was discovered on the western border of Sichuan Province by a French missionary Armand David who stayed in China in the middle of the 19th century and was named after the discoverer. Was named Davidia. The part that looks like a white petal is a bract that has large and small droops. It looks like an expanded handkerchief, so it was named Japanese handkerchief. In addition, it is also called alias "sugar tree". It is an unusual tree that is said to be a member of the genus and family. The deciduous trees and flowers are round inflorescences of both sexes, and appear to be protected by white bracts. It blooms in April and May, and is best viewed in early May. This `` handkerchief tree &39;&39;, which was obtained from the author, Kobumi Koda (1904-1990), from Nobumi Yamanaka (Technical Specialist, Faculty of Agriculture, University of Tokyo) at the Koishikawa Botanical Garden, is temporarily planted in the garden of the eldest daughter and essayist Aoki Tama. It is a thing. In December 2002, it was transplanted here to Gakugawa Park, courtesy of Tama Aoki, who wanted many people to see it. 2004 (2004) is the 100th anniversary of the birth of Koda Fumi. Cultural assets that nurture the love of one&39;s hometown Bunkyo-ku Board of Education April 2004

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 与Tabun挂川公园1-15春日有关的“手帕树”“手帕树”是由法国传教士Armand David在四川西部边界发现的,他于19世纪中叶留在中国,并以发现者的名字命名。被命名为大卫迪娅。看起来像白色花瓣的部分是a片,具有大小不等的下垂,看起来像膨胀的手帕,因此被称为日本手帕。另外,它也被称为别名“糖树”。这是一棵不寻常的树,据说是其属和科的一员,落叶的树和花是两性的圆形花序,似乎被白片保护。它在四月和五月开花,最好在五月初观看。这种``手帕树&39;&39;是从小石川植物园的作者Kobumi Koda(1904-1990),从Koishikawa植物园的山中伸美(东京大学农学部技术专家)获得的,暂时种在大女儿和杂文家青木多摩的花园里。这是一回事。 2002年12月,在多摩青木的帮助下,它被移植到了Gakugawa公园,并希望许多人看到它。 2004年(2004年)是Koda Fumi诞辰100周年。弘扬故乡文京区教育委员会的文化遗产2004年4月

幸田文ゆかりの「ハンカチの木」
礫川公園 春日一丁目15
「ハンカチの木」は、19世紀中頃中国に滞在したフランス人宣教師アルマン・
ダビットによって、四川省の西境で発見され、発見者にちなんでダヴィディアと
命名された。白い花びらのように見える部分は、大小たれさがった苞であり、
これがあたかもハンカチを広げたように見えることから和名「ハンカチノキ」と
名づけられた。なお、別名「ハトノキ」とも呼ばれる。
一科一属一種といわれている珍しい木で、落葉高木、花は雌雄同株の丸い
花序で、白い苞片に守られているように見える。4~5月に花をつけ、5月初旬が
見頃である。
作家の幸田文(1904~1990)が小石川植物園の山中宣文(東京大学農学部
技術専門員)から譲りうけたこの「ハンカチの木」は、長女で随筆家の青木玉
の庭に仮り植えされていたものである。平成14年(2002) 12月、多くの
方々に見ていただきたいという青木玉の好意により、ここ礫川公園に
移植された。
平成16年(2004) は幸田文生誕100年にあたる。
一郷土愛をはぐくむ文化財一
文京区教育委員会
平成16年4月

テキスト化

wawa
2020-03-25 19:25 (0)
wawa
monumento
2020-03-25 19:03 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 6日

童謡「ちいさい秋みつけた」とはぜの木

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2020/03/25)
タグ: 文京区教育委員会 童謡 ちいさい秋みつけた 礫川公園 サトウハチロー 風見の鳥 入日色 東京都 文京区
wawa (2020/03/25)
タグ: 発祥の地 陸軍 東京都 文京区
kago (2015/04/30)
タグ: 文京区教育委員会 坂 島木赤彦 アララギ 東京都 文京区
kago (2015/04/30)
タグ: 徳川家光 春日局 麟祥院 1989 東京都 文京区