Monumento

藤の庚申 と庚申道

wawa

2020-04-17

タグ: 青面金剛 三猿 元禄 板碑 目黒区教育委員会 貞享 藤の庚申 庚申道 合掌六臂 馬喰坂 東京都 目黒区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Fuji no Koshin and Koshin Do Nakameguro 5-6-5 The two Koshin towers in Komuro have been called "Fuji no Koshin" since ancient times. It was named after the large wisteria tree here in the olden days. Even now, there is a wisteria tree next to the monument, and it has beautiful flowers in spring. The piece-shaped monument on the left is more than 1 m in length, and is engraved with designs such as the blue-faced Kongo and the three monkeys of the Gassho Rokuso. In addition, the words "Tomeshin Nisei Anrakuya" and the date of establishment, "Sadakyo Genko Koshi Late October" (1684) are engraved. The small plate-shaped one on the right was built in Genroku (1688), and the sun and moon patterns are engraved on the left and right of the upper part. At present, it has worn out, but according to the record, the letters "Nakanogata" were carved in three rows vertically. This is probably a textual representation of the three monkeys. The road that passes in front of Fuji no Koshin is passing east through Nagaizumi-in Temple and 17 Shizuka. It is called Koshindo because it has a tower. Although it is a narrow road today, it is said that it used to be the main road connecting the Meguro Fudoson area and the lodging area (currently Kamiguro / Higashiyama area). March 2017 Meguro City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 5-6-5富士之甲神社和中目黑Koshin塔自古以来,小室的两座Koshin塔就被称为“富士之神”。它以古老的大紫藤树而得名,即使在纪念碑旁也有一棵紫藤树,春天时开着美丽的花。左侧的片状纪念碑长1 m以上,上面刻有蓝面的孔戈和合掌六所的三只猴子等图案。另外,刻有“ Tomeshin Nisei Anrakuya”字样和成立日期的字母“ Sadakyo Genkoshi October October”(1684年)。右侧的小板状纪念碑建于1688年,上部的左右两侧分别刻有日月图案,中间刻有字母“ Southan copper gold steel”。目前,它已经用完了,但根据记录,字母“ Nakanogata”被垂直雕刻成三行。这可能是三只猴子的文字表示。富士之甲神社前方的道路是东经长泉院和静冈17号。因为它有塔,所以被称为Koshindo。虽然今天是一条狭窄的道路,但据说它是过去连接目黑富士通地区与住宿区(目前为目黑区和东山地区)的主要道路。 2017年3月,目黑区教育委员会

藤の庚申庚申道

中目黒5-6-5
小室にある2基の庚申塔は古くから「藤の庚申」と呼ばれています。昔、ここ
に藤の大木があったことからつけられた呼称で、今も碑の横に藤の木があり、春
には美しい花をつけます。
左側の駒型の碑は1m以上もあり、合掌六臂青面金剛三猿 などの図柄が彫
られています。また、「為両親二世安楽也」という願文や造立された年月を示す
貞享 元甲子年十月下旬」(1684年)の文字が刻まれています。
右側の小さな板碑 型のものは元禄 元(1688)年の造立で、上部の左右には
日月の図柄が彫られ、中央には「南無青面金鋼」と文字が刻まれています。現在
は摩滅してしまっていますが、記録よると下部には「中ノ形」という文字が縦に
3列並べて彫ってありました。これはおそらく、三猿を文字で表したものと考え
られます。
藤の庚申の前を通る道は、東へ進むと長泉院や十七が坂を通り、道沿いには、
馬喰坂 上庚申塔群」や「十七が坂上庚申塔」など多数の庚申塔があることから、
庚申道と呼ばれています。現在では細い道ですが、古くは目黒目黒不動尊 方面と宿面
方面(現在の上目黒・東山方面)を結ぶ主要な道であったといわれています。
平成29年3月
目黒区教育委員会

テキスト化

wawa
2020-04-17 20:13 (0)
wawa
monumento
2020-04-17 20:09 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 約1年

藤の庚申 目黒区中目黒5丁目6−5 なべころ坂緑地公園 

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/11/04)
タグ: 庚申塔 目黒区教育委員会 東京都 目黒区
hanacoco (2016/11/04)
タグ: ocr-generated 東京都 目黒区
gotosheng (2016/09/26)
タグ: 坂 東京都 目黒区
wawa (2020/04/17)
タグ: 東京都 目黒区