Monumento

 秀ノ山雷五郎 は、文化五年気仙沼市最知川原菊田家に生まれ、少年の頃から力士 に志し、辛酸の時...

kawa_sanpo

2015/01/22

タグ: 秀ノ山雷五郎 力士 横綱 宮城県 気仙沼市

案内板

auto-translate H. yamanouchi hidenoyama raigorō, 0/1808 born in Kesennuma saichi Kawahara Kikuta House, after wrestlers from when I was a boy, and overcome the hardship when finally Lamaism hankering of the 9th yokozuna Former yokozuna in most small soldier in 164 centimeters tall and weighs 158 kg. Superhuman strength which was short stature was iiwyたさ introduction: Sumo unsuitable because. However, from the bottom of the chamption by bigoted Zhi and his indomitable willpower to withstand fierce training 入幕 0/1837, Cloud State clan, followed by having wrestlers of the nanbu clan, ye kitayama, amatsukaze, otategami, Iwami lagoon and professional name. Later, yamanouchi and succession of mountains and 0/1845 finally got the Kusaka kaizan yokozuna license. During the 38 years, Sumo Tora since 22 years had gone through. Kaei three years retirement. All grades 112 losing 21 35 winning 八四_二 was a divided storage. Retired Inspector, to many disciples greatly contribute to Sumo training.
0/1862 ( 1862 ) died.
This, yokozuna of the bakumatsu-order to hidenoyama raigorō, the statue erected by the Kesennuma city for more cooperation.
6/26/1988
Kesennuma area predecessors of
H. yamanouchi Mountain Thunder Goro's Award Committee
Fabrication of high fielded s. 8

auto-translate H.山之内 hidenoyama raigorō,0/1808 出生在气仙沼左一上去菊多房子后摔跤手,是个男孩,克服困难时终于从 9 横纲的喇嘛教渴望
前横纲中最小的士兵在 164 公分,体重 158 公斤。超人的力量,这是身材矮小是 iiwatasa 介绍: 相扑不适合因为。然而,从底部的偏执志和他顽强的毅力承受激烈培训入幕 0/1837 年,云州氏族,其后有摔跤南部县氏族,由 chamption 叶北山,天津风,otategami,石见泻湖和更为专业的名称。后来,山之内与演替的山脉和 0/1845年终于久佐贺海山横纲许可证。38 年,期间经历了相扑 Tora 22 年以来。Kaei 三年退休。所有成绩 112 输 21 35 赢得八四_二是一个分裂的存储。退休的督察,对许多门徒大大有助于相扑训练。0/1862年 1862年) 死了。
这,横纲的日本订单到 hidenoyama raigorō,这座雕像竖立的气仙沼市的更多的合作。
1988/6/26
气仙沼地区前辈
H.山之内山雷霆 Goro 的授标委员会
高外地 s.8 的制备

 秀ノ山雷五郎 は、文化五年気仙沼市最知川原菊田家に生まれ、少年の頃から力士 に志し、辛酸の時を克服しついに第九代横綱 の栄達をかちえた
 歴代横綱中もっとも小兵で身長一六四センチ・体重一五八キロ。怪力であったが短躯がゆえに、入門時相撲不適をいいわたされた。しかし、前相撲の最下位から一徹の志と持ち前の不屈の精神力により熾烈な稽古に耐え、天保八年入幕、雲州藩、次いで南部藩の抱え力士となり、北山・天津風・立神・石見潟と四股名を改めた。のちに秀ノ山を襲名し、弘化二年ついに日下開山横綱の免許を得た。時に三十八歳、相撲立志以来二十二年を経ていた。嘉永三年引退。全成績一一二勝二一敗三五分け預かり、勝率八四・二だった。引退後検査役となり、角界への貢献大きく、多くの弟子を育成した。文久二年(一八六二)没。
 幕末の異色の横綱であったこの秀ノ山雷五郎を顕彰するため、多くの気仙沼市民の協力によってこの像が建立された。
   昭和六十三年六月二十六日
    気仙沼地域先人顕彰会
    秀ノ山雷五郎顕彰会
   製作者 高頭祥八

テキスト化

kawa_sanpo
2015-01-22 22:06 (458)
kawa_sanpo

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/01/22)
タグ: みちびき地蔵 気仙沼大島 津波 宮城県 気仙沼市
kawa_sanpo (2014/09/16)
タグ: auto-translate 涙の松 漁業 亀山 クロマツ 松 樹木 黒松 マツ 宮城県 気仙沼市
kawa_sanpo (2015/09/04)
タグ: 仙台藩 気仙沼御会所 熊谷氏 本吉郡 唐桑町 本吉町 歌津町 宮城県 気仙沼市