Monumento

杉並能楽堂

sanpocafe

2015/01/24

タグ: 杉並区教育委員会 能楽堂 能 狂言 山本東次郎則忠 1910 渡辺勝三郎 1929 正木白羊 山本東次郎 東京都 杉並区

案内板

auto-translate As Noh
Noh theater is Noh stage made for performances of Noh and kyogen Theater in the roof and places (Auditorium) and both indoor building. Noh music temple the large warehouse style kyogen, Noh nisei Yamamoto is East Jiro noritada, 0/1910 (1910), the disciple Watanabe katsusaburo President of Bank assistance in the HONGO evacuees (now bunkyo-Ku, HONGO 2-chome) was established. After that, 0/1929 (1929) here was moved was reconstructed.
The second oldest Noh Theatre in Tokyo, has said in Tokyo can watch Noh and kyogen in the natural light of the stage only. Referred to as drawings of Edo Castle was built to remain in Hikone clan II family of friendly terms with the second generation, based on stage of course bridge hangs (roofed stage left, on the real stage extension) ranging, were reproduced intact at the time. Old pine paneling ( stage front paneling ) also depicted as shown below, took the Paintbrush is disciple Masaki white sheep. The bicarbonate paints too young at the time third-generation (father of the current head IV), it helped.
Pine green leaf pigment uses the patina. Mouth and out of Noh Theater has three different curtain mouth go bridges hang from the mirror between (appearances before coming up), noble mouth geutai sitting stage right back, further back atsutaku mouth. Noble mouth atsutaku mouth is made of narrow, has kept remnants of the Edo period.
Special structures stand bundle pillar is under the floor of the stage, and filling jars, enhance the resonance effect.
In the Noh music Temple, as a distinguished family of the East of the large warehouse style trick IV higashigerou Yamamoto are used in the presentation of other trick of focusing on Mr. Noh and kyogen-loving general public.
3/2011 Suginami ward Education Board

auto-translate 作为卢
能剧剧院是 Noh 阶段作屋顶和地方 (礼堂) 和两个室内的建筑物的能剧和狂言剧院演出。
能剧音乐殿高大平房仓风格狂言,Noh 第二代日裔山本是 0/1910年东次郎德忠 (1910 年),弟子渡边克三郎本乡撤离 (现在文京、 本乡 2 丁目) 银行行长协助成立。那,0/1929 年后 (1929) 这里感动被重建了。第二个古老的能剧剧院,在东京,有说在东京可以观看能剧和狂言阶段唯一的自然光。
简称图纸江户城堡始建留在彦根氏族 ⅱ 系列的二代,友好相处的基础阶段当然桥挂起 (屋顶的舞台左、 上真正期扩展) 不等,当时原封不动地被转载。旧松木镶板阶段前镶板) 也描述如下所示,把画笔是弟子正树白羊。碳酸氢钠涂料太小,时间第三代 (当前头四父亲),它帮助。松树绿叶颜料使用铜锈。
口和出剧剧院有见鬼去吧桥梁 (出之前出场次数),高贵的嘴 geutai 坐在舞台权利之间回来,镜子从进一步回 atsutaku 口的三个不同的幕嘴巴。高贵 atsutaku 口是窄的一直在江户时代的遗留物。站束支柱就是在舞台上,并填补罐子里,地板下的特殊结构增强共振的效果。
在剧音乐圣殿中,作为东部的高大平房仓的家世显赫风格技巧四 higashigerou 山本是演示文稿中使用的另一个技巧的重点上先生能剧和狂言爱普罗大众。
3/2011
杉并区教育委员会

杉並能楽堂
 能楽堂 は、狂言 の上演のために作られた劇場で、屋根のある能舞台と見所(観客席)とを、ともに屋内に設けた建物です。
 この能楽堂は、能楽師、大蔵流狂言方二世山本東次郎則忠 が、明治四十三(1910)年、弟子の渡辺勝三郎(銀行頭取)の援助で、本郷弓町(現文京区本郷二丁目)に創建したものです。その後、昭和四年(1929)当地に移築再建されました。都内にある能楽堂の中で二番目に古く、また自然光の中で能・狂言を鑑賞できる東京で唯一の舞台と言われています。
 創建にあたっては、二世と懇意の彦根藩井伊家に残る江戸城三の丸の図面をもとに、舞台はもちろん橋掛り(舞台左手の渡り廊下、実質上は舞台の延長)に至るまで、当時そのままに再現されたといいます。鏡板(舞台正面の羽目板)の老松も下図どおりに描かれ、絵筆をとったのは弟子の正木白羊 です。当時若かった三世(現当主四世の父)も絵の具を溶いたりして手伝ったそうです。松の緑の葉の絵具は、緑青を使っています。
 能舞台に出入りする口は、鏡の間(出演前の控えの間)から橋掛りへ出る幕口、舞台右側の地謡座の奥の貴人口、更にその奥の切戸口の三つがあります。貴人口は広く、切戸口は狭く作られており、江戸時代の名残をとどめています。舞台の床下は束柱を立てない特殊構造で、甕がうめてあり、共鳴効果を高めています。
 この能楽堂では、狂言大蔵流の東の名家として、四世山本東次郎 氏を中心にした狂言会の他、能・狂言を愛好する一般の方々の発表会にも利用されています。
平成二十三年三月
杉並区教育委員会

テキスト化

ogaworks
2015-01-26 10:16 (673)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/10/27)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/10/27)
タグ: 坂 東京都 中野区
sanpocafe (2014/12/12)
タグ: 妙法寺 参詣道 青梅街道 1718 中野区教育委員会 東京都 中野区
monumento (2014/03/17)
タグ: 曹洞宗 塩井雨江 東京都 杉並区
monumento (2014/03/17)
タグ: 大公孫樹 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2016/01/13)
タグ: 青梅街道 中野区教育委員会 東京都 中野区
sanpocafe (2014/11/22)
タグ: 東京都 中野区
sanpocafe (2014/11/22)
タグ: 妙法寺 青梅街道 鍋屋横丁 厄除け 新井薬師 鍋屋 梅林 東京都 中野区
sanpocafe (2015/01/24)
タグ: 東京都 中野区