Monumento

 チャツボミゴケと穴地獄

ryota_n

2020-08-15

タグ: 中之条町 穴地獄 白根火山 JR吾妻線 渋川駅 長野原草津口駅 太子駅 六合 野反 群馬県 中之条町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Pleurotus cornucopiae and hell hell Pleurotus cornucopiae belongs to the moss scale sycamore genus Asteraceae, and the scientific name is Jungermannia vulcanicola. It is a rare moss that grows in a place where strong acid hot spring water flows, and it is the largest colony in Japan. This place is called "Ana Jigoku", and it is a large mortar-shaped hole that was originally created by the explosion of Shirane Volcano. It is said that this name has come from the fact that it happens. At present, it has become a flatland and there is no impression of that time, but in April 1948, the end of the Pacific War, Nippon Kokan Co., Ltd. acquired the mining right and began mining as Gunma Iron Mine. In order to transport this iron ore, the present JR Azuma Line was laid from Shibukawa Station to Nagano Kusatsuguchi Station to Taishi Station (now abandoned station). The mine closed in March 1966, and has since been managed as a resort for Nippon Kokan Co., Ltd. In October 2011, the Rokugo area joined the most beautiful village association in Japan, but this chatspot moss became a factor in joining together with the Akaiwa village and Lake Nodori. In March 2012, a land of 485,350 m2 including chatsubomigoke was transferred to Nakanojo Town free of charge, and this precious natural heritage remains in the future, so conservation and management efforts are being made.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 侧耳属平菇属和地狱侧柏属平菇属线虫科的线虫科,是一种苔藓种,科学名称为永珍草。这是一种稀有的苔藓,生长在强酸温泉水流过的地方,是日本最大的殖民地。这个地方叫做“ Ana Jigoku”,它是一个大型的砂浆形洞,最初是由Shirane火山的爆炸产生的,大约20°C的硫酸泉涌出,当动物掉下时,它无法被取出并死亡。据说这个名字源于它发生的事实。目前,它已成为一个平坦的土地,没有那个时代的印象,但是在1948年4月,太平洋战争结束后,日本光机株式会社获得了采矿权,并开始作为群马铁矿开采。为了运输该铁矿石,从涩川站到长野草津口站再到太石站(现为废弃站)铺设了目前的JR Azuma线。该矿于1966年3月关闭,此后一直作为日本Kokan Co.,Ltd.的度假胜地进行管理。 2011年10月,六国地区加入了日本最美丽的乡村协会,但是这种this苔成为了与赤井村和野森湖一起加入的一个因素。 2012年3月,包括chatsubomigoke在内的485,350平方米土地被免费转移到了中之城町,这种宝贵的自然遗产在未来仍然存在。

 チャツボミゴケと穴地獄

チャツボミゴケは、苔類のウロコゴケ目ツボミゴケ科に属し、学名をユンゲルマンニア・
ブルカニコーラと言います。
 強酸性の温泉水が流れる場所に育つ珍しい苔で、ここは国内最大規模の群生地です。
 この場所は、「穴地獄」と呼ばれ、元は白根火山 の爆発で出来たすり鉢状の大きな穴で、
硫酸酸性泉の20℃程の鉱泉が湧出し、動物が落ちると出られなくなって死んでしまうこと
からこの名がついたと言われています。
 現在は平地となり当時の面影は残っていませんが、太平洋戦争末期の昭和18年4月に、日本
鋼管(株)が鉱業権を取得し群馬鉄山として採掘が始まりました。そして、この鉄鉱石を運搬す
るために、現在のJR吾妻線渋川駅 から長野原草津口駅 を経由し太子駅(現在は廃駅)まで
敷設されたのです。鉱山は昭和41年3月に閉山し、その後、日本鋼管(株)の保養所として
管理されてきました。
 平成23年10月、六合 地区が日本で最も美しい村連合に加盟しましたが、赤岩集落、野反
湖 と合わせてこのチャツボミゴケが加入要因となりました。
 平成24年3月、チャツボミゴケを含む485,350㎡の土地が、中之条町 に無償譲渡され
この貴重な自然遺産を未来に残しているために、保護管理の取組みが行われています。

テキスト化

ryota_n
2020-08-23 12:03 (0)
ryota_n
monumento
2020-08-16 01:26 (0)
monumento

コメント・周辺画像

ryota_n ryota_n 2年弱

チャツボミゴケと穴地獄

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ryota_n (2020/08/16)
タグ: 群馬県 中之条町 チャツボミゴケ公園 群馬県 中之条町
ryota_n (2020/08/16)
タグ: 太子駅 群馬県 中之条町
wawa (2021/07/24)
タグ: 岡本太郎 草津 レジャー産業 観光事業 群馬県 草津町
wawa (2021/07/24)
タグ: 徳川吉宗 名勝 岡本太郎 草津温泉 湯の花 草津町 湯樋 現代芸術研究所 群馬県 草津町