Monumento

府中市指定文化財 市史跡 野村瓜州之墓

kawa_sanpo

2015/01/24

タグ: 府中市教育委員会 野村瓜州 四人部屋 旅籠 野村延陵 服部仲英 松羅園 1811 大田蜀山人 担 東京都 府中市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate While designated cultural city historic Ueno village Guazhou Hiroyuki Tomb
Specify 12/11/1959
Nomura Guazhou real name Wei min, child law, commonly known as Rokuro right Mamoru gate and Kobe, Fuchu Banba-Juku (miyanishi-Cho 2-chome) "four rooms" that Inn under the name my husband was in. He likes learning, undertook the education of teacher and student learn about Nomura rolled Ling sinologists and Hattori Zhong Ying himself opened a school named Pine Lo sono.
Also--in the age of the poetry, its riches and fame from an unconventional personality more fellowship with the Edo literary figures, Fuchu "four room" is called hobby person of the Edo was famous in. Guazhou died at the age of 76 0/1811 (1811), but its epitaph by kyōka was the companionship and his famous OTA Shu mountain ( nounen ) should be.
Dandan grass one volume in his book. 1/1986 Fuchu City Board of education.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 虽然指定文化名城历史上野村瓜州博之墓
指定 1959/12/11
野村证券瓜真实姓名魏敏、 儿童法 》,俗称六郎右卫门和神户,府中万鬼补习 (宫西町 2 丁目)"四室"的名义,我的丈夫的那家旅店。
他喜欢学习,开展了教育的教师和学生了解野村证券推出岭汉学家和服部钟英自己开办一所学校命名为松罗索诺。此外想 — — 在诗歌的时代,其财富和名声从非常规的人格与江户文学人物,府中"四室"的更多相交叫做江户爱好的人是著名的。
瓜州享年 76 0/1811 年 (1811 年),但其墓志铭由 kyōka 是陪伴和他著名的 OTA 舒山 nounen) 应该是。丹丹草在他的书中的一个卷。
1986 年 1 月府中市教委。

府中市指定文化財 市史跡 野村瓜州之墓
昭和三十四年十二月十一日指定
 野村瓜州 は本名は維民、字は子則、通称は六郎右衛門といい、府中番場宿神戸(宮西町二丁目)の“四人部屋”という屋号の旅籠 の主人であった。
 彼は学問を好み、漢学者の野村延陵服部仲英 について学び、自ら松羅園 という塾を開いて師弟の教育にあたった。また詩歌の才にめぐまれ、その恬淡洒脱な性格から江戸の文人墨客との交わりも多く、府中の“四人部屋”は江戸の趣味人の間でも有名であったといわれる。
 瓜州は文化八年(1811)七十六歳で没したが、その墓碑銘は彼と交遊のあった狂歌で名高い大田蜀山人(南畝)の撰によるものである。著書に「担々草」一巻がある。
昭和六十一年一月 府中市教育委員会

テキスト化

ogaworks
2015-02-06 09:57 (334)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2017/11/10)
タグ: ocr-generated 東京都 府中市
wawa (2017/11/10)
タグ: ocr-generated 東京都 府中市
wawa (2017/11/10)
タグ: ocr-generated 東京都 府中市
kawa_sanpo (2015/01/24)
タグ: 徳川家康 府中市教育委員会 1592 高林吉利 武蔵国府中領 代官 知行地 1697 高林利之 高林利春 高林吉次 東京都 府中市