Monumento

手児奈霊堂

hanacoco

2014-05-13

タグ: 弘法寺 手児奈霊堂 奈良時代 山部赤人 下総国府 手児奈 万葉集 奥津城処 千葉県 市川市

案内板

auto-translate Hand children Marina spirit Chapel
At the beginning of the Nara period Yamabe no akahito ( Yamabe perforated human ) and visited the shimofusa nationalist government heard tejima lore,
"We have also seen one who tells us including in Katsushika
True between children with name ( Nana ) okitsu 城処 (okutsugidokoro) '
And should be included in the Manyoshu.
Hand children Marina spirit temple built in area 奥津城 Office ) ( the graveyard and reportedly, as to 0/1501 ( 1501 ) worshippedhere as Kobo Temple VII, credit Saint spirit tejima, who said.
Tejima story is beauty because sank-Mama Bay seen from many male suitors, and to their own people, is not disturbing people's minds, or do the hydroponics stepmother (my) serve, is to get water-Mama wells tejima, or the fragile beauty that in the daughter of the country 嫁shita the son of shipbuilding in certain countries, but from discord of the parent he is thrown into the sea, was washed ashore so far was born and was at home-Mama Urabe, or even God in 1 Miko can be etc or try different shapes and was reportedly. I said-Mama was picked up in many of the works from the manyo period down to the present location is in the literature in Ichikawa-city Furusato.

auto-translate 手儿童滨海精神教堂
奈良时期山边初没有 akahito 山边穿孔人类) 和参观下总听到的民族主义政府 tejima 传说,
"我们也看到了一个人告诉我们包括葛饰区
真实名称娜娜) 兴津城処 (okutsugidokoro) 与子女之间 '
并应列入 Manyoshu。
滨海精神庙建面积奥津城办公室) 墓地以及据报道,作为 Kobo 寺七 0/1501年 1501年) worshippedhere 的手儿童信用圣精神 tejima 说。
Tejima 故事是美丽,因为下沉了妈湾出现从很多的男性追求者,而他们自己的人民,不干扰人心目中,或做水培继母 (我的) 的服务,是让水妈妈井 tejima,或在国家嫁shita 造船在某些国家,但从父他扔在海里,纷争的儿子的女儿到目前为止被冲上岸的脆弱美出生,是在家里-妈妈腮腺炎或即使是上帝在 1 巫女可等或者尝试不同的形状和据报道。
我说: 妈妈被选在很多的作品从万叶时期到现在的位置是在文学在市川市古里。

手児奈霊堂
奈良時代 のはじめ、山部赤人 (やまべのあきひと)が下総国府 を訪れたおり、手児奈 の伝承を聞いて、
 『われも見つ人にも告げむ葛飾の
  真間の手児名(奈)が奥津城処(おくつぎどころ)』
と詠ったものが万葉集 に収録されている。
 手児奈霊堂は、この奥津城処 (墓所)と伝えられる地に建てられ、文亀元年(一五〇一)には弘法寺 の七世日与上人が、手児奈の霊を祀る霊堂として、世に広めたという。
手児奈の物語は、美人ゆえ多くの男性から求婚され、しかも自分のためにひとが争うのを見て、人の心を騒がせてはならぬと、真間の入り江に身を沈めたとか、継母(ままはは)につかえ真間の井戸の水を汲んでは、養を尽くしたとか、手児奈は国造の娘でその美貌を壊れ、或る国の国造の息子に嫁したが、親同氏の不和から海に流され、漂着したところが生まれ故郷の真間の浦辺であったとか、さらには神に司える巫女であったりする等、いろいろと形を変えて伝えられている。
万葉の時代から現代に至るまで、多くの作品に取り上げられた真間の地は市川市における文学のふる里であるといえる。

テキスト化

hanacoco
2015-01-29 22:54 (475)
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/01/27)
タグ: 弘法寺 手児奈 万葉集 市川砂洲 真間の入江 片葉の葦 真間の継橋 奥津城 鈴木長頼 日貞上人 真間の三碑 市川教育委員会 千葉県 市川市
hanacoco (2015/01/27)
タグ: 手児奈 真間 真間史蹟保存会 市川ユネスコ協会 千葉県 市川市
hanacoco (2015/01/27)
タグ: 徳川家康 弘法大師 下総国 市川市教育委員会 真間山 弘法寺 空海 葛飾郡 千田庄 多古町 真間宿 市川両宿 水戸光圀 太刀大黒尊天堂 遍覧亭 伏姫桜 小林一茶 水原秋桜子 富安風生 千葉県 市川市
hanacoco (2015/01/27)
タグ: 下総国 国分寺 葛飾早稲 市川市教育委員会 auto-translate 葛飾郡 千葉県 市川市