Monumento

大浦(おおうら)のイチョウ

genjitsu_

2021-01-20

タグ: イチョウ 天然記念物 鹿児島市 名護市教育委員会 志々目新太郎 久志村 比嘉浩 喜入村 沖縄県 名護市

案内板

大浦(おおうら)のイチョウ
名護市指定文化財( 天然記念物 ) 平成18年2月15日指定

イチョウ [Ginkgo biloba L.]はイチョウ科の落葉高木である。中国原産とされるが自生地は不明で、高さ約30mに達し、老樹巨木としてしばしば各地で天然記念物に指定される。葉は扇形で、秋には美しく黄変する。雌雄異株。
「大浦のイチョウ」は、明治35年(1902)8月から大正3年(1914)3月までの12年間、久志の尋常高等小学校の校長を務めた 志々目新太郎 氏が当時親交を深めていた 久志村 の収入役、 比嘉浩 氏に贈ったもの。転出を記念して、沖縄に珍しいイチョウの木を出身地の鹿児島県 喜入村 (現 鹿児島市 )から3本持ってきて植えたといわれている。
 太平洋戦争当時まで2本残っていたが、その内1本が戦後になって枯れた。たった1本残ったこの木も、戦時中には主幹上部を焼き失ったが、奇跡的にも生育を続け、今日に至っている。県内では他に例を見ないイチョウの巨木で、比嘉家の方々をはじめ、区民から親しまれ大切にされている樹木である。
 樹高約13m、胸高周囲約1.9m

平成21年(2009年)3月

※文化財の現状を変更したり、保存に影響を及ぼす行為は、条例及び法律で禁じられています。( 名護市教育委員会

テキスト化

genjitsu_
2021-02-08 13:29 (558)
genjitsu_

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

genjitsu_ (2021/01/20)
タグ: 沖縄県 名護市
genjitsu_ (2021/01/20)
タグ: 沖縄県 名護市
genjitsu_ (2021/01/20)
タグ: 沖縄県 名護市
ogaworks (2019/03/31)
タグ: 初代ゆかり号 沖縄の闘牛 ゆかり牧場 沖縄県 名護市