Monumento

C地点

hanacoco

2021-05-23

タグ: 縄文時代 土器 ヘンリー 貝層 ジェラード 千葉県 市川市

案内板

C地点

 昭和15 年(1940)2月から1ヵ月間、 ジェラード・グロート 氏と ヘンリー・シェニッグ 氏は、A地点の南に、面積約140m2の発掘区を設け発掘しました。
 発掘を開始した北側の地点の 貝層 はやや薄く、南端に近づくと貝層が厚く残り、所によって約1mを測ることができ、加えて、大量の復元可能な 土器 などが含まれていました。また、貝層下の黒色土層(こくしょくどそう)からも土器か発見されたということです。
 地表はほぼ水平であったが、基盤(きばん)のローム層は傾斜していたということです。また、住居跡などの遺構(いこう)は発見されず、ただ捨てる場所としてのみ使用されたのであろうといわれています。ただし、貝層中の所々(ところどころ)には、灰や焼土、少量の炭、焼けた貝殻、魚骨が発見されており、ここで野外料理や焚火(たきび)をしたのであろうとも考えられています。
 報告書によると、この地点出土の完形ないし半完形土器は、40個体近くに達しています。時期は、 縄文時代 中期中葉(約4,800~4,400年前)の阿玉台(あだまだい)式と勝坂(かつさか)式の新しい時期に含まれる土器と中期後葉(約4,300年前)の加曽利(かそり)EI式土器に限られるようです。多くは、 深鉢(ふかばち)や甕形(かめがた)土器で、浅鉢(あさばち)形などの煮炊(にた)き以外の器形の土器は、わずかでした。このうち、鍔付有孔(つばつきゆうこう)土器が1点含まれており、中部山岳地方で発達した文化の影響が、市川にも及んでいたことを物語っています。

テキスト化

genjitsu_
2021-05-29 21:36 (667)
genjitsu_

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2021/05/25)
タグ: 縄文時代 早稲田大学附属第一高等学院 千葉県 市川市
hanacoco (2021/05/25)
タグ: 東京大学 東京帝国大学 竪穴住居 埋葬 トレンチ 八幡一郎 千葉県 市川市
hanacoco (2021/05/25)
タグ: 東京大学 縄文時代 東京帝国大学 竪穴住居 宮坂光次 東京人類学会 姥山貝塚 貝層 人類学教室班 炉 千葉県 市川市
hanacoco (2021/05/25)
タグ: 縄文時代 土器 東京国立博物館 石鏃 杉原荘介 千葉県 市川市