Monumento

接続溝(せつぞくこう)

hanacoco

2021-05-23

タグ: 東京大学 東京帝国大学 竪穴住居 埋葬 トレンチ 八幡一郎 千葉県 市川市

案内板

接続溝(せつぞくこう)

 B地点の調査が終了した大正15年(1926)9月21日、発掘を継続しているA地点との関係をみるために、B地点南区東壁中央から、幅2mの トレンチ をいれました。このトレンチは「接続溝Jと名付けられ、 東京帝国大学 (現・ 東京大学 )の 八幡一郎 (やわたいちろう)氏が調査を担当しました。 トレンチの長さは14mに達しましたが、約3mを残してA地点と完全に接続することなく、10月5日に調査は終了しました。
 接続溝では、A地点に近い位置で 竪穴住居 跡1軒が発見されました。長径4m、短径3.5mの楕円形プランでローム層の掘り込みは、65~75cmという深いものでした。柱穴は4本あり、中央に下半分を欠いた縄文時代中期中葉の勝坂(かつさか)式土器(約4,400年前)を埋めた炉がありました。
 この竪穴住居の床面から、成人男性2人、成人女性2人、子供1人の5人の人骨が発見されました。この5人については、かつて野たれ死にしたものとみられていましたが、現在では姿勢を整え、配置した 埋葬 と考える意見が支持されています。
 成人女性2人は、イタボガキという貝の腕輪を腕にはめていまじた。この5人を兄弟・姉妹・夫婦・親子などの関係にある近親者と考え、複数人が同時に死亡したために(1人は後で追加)、死者に家を明け渡し、一緒に埋葬したとする意見があり、支持されていますが、決着はついていません。

テキスト化

genjitsu_
2021-05-29 21:11 (612)
genjitsu_

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2021/05/25)
タグ: 東京大学 縄文時代 東京帝国大学 竪穴住居 宮坂光次 東京人類学会 姥山貝塚 貝層 人類学教室班 炉 千葉県 市川市
hanacoco (2021/05/25)
タグ: 縄文時代 土器 東京国立博物館 石鏃 杉原荘介 千葉県 市川市
hanacoco (2021/05/25)
タグ: 縄文時代 早稲田大学附属第一高等学院 千葉県 市川市
hanacoco (2021/05/25)
タグ: 明治大学 竪穴住居 ローム層 廃屋葬 千葉県 市川市