Monumento

馬車鉄道について

kawa_sanpo

2015/02/08

タグ: 川越鉄道 入間馬車鉄道 武蔵野鉄道 馬車鉄道 清水宗徳 増田忠順 中武馬車鉄道 西武池袋線 狭山市史 埼玉県 狭山市

案内板

auto-translate About the drive train It is driven horse wagon train and passenger cars on the track.
Iruma tramway was opened as a tram railroad tie Iruma River towns and Hanno 5/10, 0/1901 (1901).
Iruma-wagon train is the kawagoe Railway (kawagoe-opened 3/28 in 0/1895 (1895) by rail between the Kokubunji) of Shimizu's water wealth village, one of the founders is established by Kashiwara village has laid down patents from TOC from Masuda dutifully. Opening goal is bring water wealth, Hanno area brought about by the opening of the kawagoe railway both tangible and intangible benefits to the passenger capacity of 15 participants, day 15 ~ said after round 17.
Fares are irumagawa-Hanno adults 15 Sen (later raised to 20 Sen), children up to 8 years old are half price, and children 4 and under are free was. At irumagawa-River station (now Sayama-Shi station) near said to was a landing place for the wagon train, stops the irumagawa, Sugawara, osuwa below, at River Inn, Hirose, Negishi, Sasai, Yagi, Noda, Iwasawa, bi-Yu, Maeda and Hanno was established Sasai within is replacement of the uplink and downlink.
However, it is said, had let me hop in non-stop passenger flights.
Also served by operation was done in the form 9/1901, tie Iruma River towns and OME nakatake tramway and opened, impersonating the Iruma tramway track in the Iruma River town,. However, in April 0/1915 (1915) Hanno-passengers decreased at the opening of the Musashino railway Ikebukuro (Seibu Ikebukuro line current), 0/1917 (1917) in September, abolished nakatake tramway, Iruma-carriage train was abolished by December of the same year. (Source: history of the Sayama-Shi)

auto-translate 关于传动系统
它是驱动乘用车和马马车火车在轨道上。 入间缆车被打开作为电车铁路领带入间河城镇和汉诺 5/10,0/1901年 (1901)。
入间篷车队伍是川铁路 (川越打开 3/28 0/1895年 (1895 年) 由铁路之间国分寺) 的财富清水的水乡,创始人之一建立由僵原村制订专利从 TOC 从 Masuda 尽职尽责地。
开放的目标是带水财富,汉诺地区所川铁路的开通带来有形和无形利益的载客量 15 名参加者,第 15 天 ~ 后圆 17 说。 票价是入间川汉诺成人 15 森 (后来增至 20 森),儿童达 8 年旧是一半的价格和 4 岁的儿童和下有空了。
在入间川河站 (现在狭石站) 附近对说是着陆的地方车队,停止入间川,菅原,osuwa 以下,在河客栈,广濑,根岸英一、 筱井、 八木,野田佳彦、 岩泽,玉碧前, 田和汉诺成立内的佐才是上行链路和下行链路的更换。 然而,它说,让我跳进非停止客运航班。
提供服务的操作进行,即 9/1901年、 领带入间河城镇和 OME nakatake 缆车和打开,冒充入间缆车轨道在入间河镇。
然而,在 4 月 0/1915年 (1915 年) 汉诺乘客减少的武藏野铁路池袋 (西武池袋线电流),0/1917年开幕 (1917 年) 九月,废除的 nakatake 缆车,同年 12 月废除了入间节车厢的火车。 (来源 ︰ 历史的狭石)

馬車鉄道について
 馬車鉄道 とは、軌道上の客車を馬が牽引するものです。明治34年(1901)5月10日に、入間川町と飯能町を結ぶ路面鉄道として入間馬車鉄道 が開通しました。
 入間馬車鉄道は、川越鉄道(川越~国分寺間を結ぶ鉄道で明治28年(1895)3月28日に全線開通)の設立発起人の一人である水富村の清水宗徳 から敷設特許を譲り受けた柏原村の増田忠順 らにより開設されたものです。
 開設の目的は、川越鉄道の開業によりもたらされた有形無形の利益を水富・飯能方面にもたらすためで、定員15名ほどの客車により、一日に15~17往復したといわれています。運賃は、入間川~飯能間で大人15銭(その後20銭に値上げ)、8歳までの子どもは半額、4歳以下の幼児は無料でした。
 当時の入間川駅(現在の狭山市駅)のこの付近が、馬車鉄道の発着場所であったといわれており、停車場は、入間川・菅原・御諏訪下・河原宿・広瀬・根岸・笹井・八木・野田・岩沢・双柳・前田・飯能で上りと下りの交換所は笹井地内に設けられていました。しかし、乗客の便を考え、停車場以外でも乗り降りさせていたといわれています。
 また、明治34年9月には、入間川町と青梅町を結ぶ中武馬車鉄道 が全線開通し、入間川町内では、入間馬車鉄道の軌道を借用する形で乗り入れ運転が行われました。
 しかし、大正4年(1915)4月に飯能~池袋間を結ぶ武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)が開通すると乗客は急激に減少し、大正6年(1917)9月に中武馬車鉄道が廃止され、入間馬車鉄道も同年の12月をもって廃止されました。 (出典:狭山市史

テキスト化

tenma
2016-04-20 12:21 (689)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/02/08)
タグ: 白山比咩命 菊理媛命 埼玉県 狭山市
kawa_sanpo (2015/02/08)
タグ: 応神天皇 狭山市教育委員会 埼玉県 狭山市
kawa_sanpo (2015/02/08)
タグ: 埼玉県教育委員会 さわりの壺 狭山市教育委員会 埼玉県 狭山市
kawa_sanpo (2015/02/08)
タグ: 狭山市教育委員会 獅子舞 埼玉県 狭山市
kawa_sanpo (2015/02/08)
タグ: 菅原道真 新編武蔵風土記稿 埼玉県 狭山市
cyberwonk (2014/11/29)
タグ: 所沢市教育委員会 所沢市指定文化財 埼玉県 所沢市
cyberwonk (2014/11/29)
タグ: 弘法大師 所沢市教育委員会 埼玉県 所沢市
kunitenten (2016/04/03)
タグ: 鉄道 入間馬車鉄道 武蔵野鉄道 飯能市教育委員会 埼玉県 飯能市
cyberwonk (2015/01/24)
タグ: サツマイモ 1789 焼き芋 美容食 健康食 宇宙農産物 芋地蔵 さつまいも 小江戸川越観光協会 埼玉県 川越市