Monumento

町史跡 小布施陣屋跡 について

wawa

2021-07-24

タグ: 徳川幕府 代官所 千曲川 陣屋 天領 江戶時代 町史跡 小布施陣屋跡 竹風堂 国道403号 谷街道 長野県 小布施町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate About the ruins of the town historic Obuse Jinya The Jinya (daikansho) was set up here in Obuse, which was the heavenly territory of the Tokugawa Shogunate, for 15 years from the 11th year of Genroku (1701) in the middle of the Edo period. A deputy officer named Sonemon Ichikawa was in charge of judicial administration such as collecting annual tribute and civil and criminal trials. The territories managed by this Jinya are eight villages in Obuse Town, one village in Nakano City, five villages in Takayama Village, eight villages in Suzaka City, and thirty-eight villages in Nagano City. It is recorded that the stone height was over 19,000 stones throughout the village. The main building of the Jinya, which is said to have been around this parking lot of Chikufudo, was about 3 tsubo (about 150 m), and there were about 20 people including samurai and ashigaru officials as well as subordinates. The street leading to Jinya is called Jinya alley, and Inari is enshrined in the shrine, and it seems that there was a detention center for criminal suspects nearby. A part of the current national highway No. 403 was called "Tani Kaido" at that time, starting from Inariyama in Chikuma City, along the east bank of the Chikuma River, passing through Matsudai, Suzaka, Obuse, Nakano, Iiyama and Tokamachi, Niigata Prefecture. It was the main road leading to.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 关于历史悠久的小布施阵屋的遗迹 从江户时代中期元禄11年(1701年)起的15年间,在德川幕府的天良小布施设立了阵营(daikansho)。一位名叫市川根卫门的副官负责司法行政,例如征收年度贡品和民事和刑事审判。这个阵屋管理的领土有小布施町8个村、中野市1个村、高山村5个村、须坂市8个村、长野市38个村,据记载石高超过19,000村子里到处都是石头。据说在筑布堂这个停车场附近的阵屋的主楼大约有3坪(约150米),包括武士和足轻官员以及下属在内的大约20人。通往金崖的街道被称为金崖胡同,神社内供奉着稻荷,附近似乎是犯罪嫌疑人看守所。现在的403号国道的一部分当时被称为“谷海道”,从山上开始。这是通往的主要道路。

町史跡 小布施陣屋跡 について

徳川幕府天領 であった小布施のここに、江戶時代 中期の元禄11年(1701)から十五年間、陣屋(代官所 )が置かれました。
市川孫右衛門という代官が、年貢の徴収や、民事・刑事の裁判などの司法行政にあたりました。
この陣屋 が管理した領地は、今の小布施町で八か村、
中野市で一か村、高山村で五か村、須坂市で八か村、長
野市で十六か村の三十八か村にわたり、その石高は一万
九千余石であったと記録されています。
竹風堂 のこの駐車場あたりにあったとされる陣屋の主
屋は3坪(約150m)ほどで、役人の武士や足軽などのほ
か下働きの者など20名ほどがいました。
陣屋に通じる通りを陣屋小路と呼びならし、祠には稲
荷が祀られおり、近くには、犯罪容疑者用の留置所もあ
たようです。
今の国道403号 の一部は、当時「谷街道 」と呼ばれて
いて、千曲市稲荷山を起点とし、千曲川 東岸に沿って、
松代、須坂、小布施、中野、飯山をへて新潟県十日町ま
で通ずる主要な街道でありました。

テキスト化

wawa
2021-07-24 13:41 (0)
wawa
monumento
2021-07-24 13:39 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 約1ヶ月

小布施陣屋跡 長野県上高井郡小布施町

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2018/06/11)
タグ: 明治天皇 御巡幸 北国街道 長野県 飯綱町
vision (2018/06/23)
タグ: 善光寺 前田家 北国街道 長野県 長野市
vision (2018/06/11)
タグ: 明治天皇 御巡幸 北国街道 長野県 長野市
komoro (2020/01/14)
タグ: 長野県 中野市