Monumento

辺戸集落散策路と蔡温松並木保全公園 やんばる国立公園

genjitsu_

2022-03-28

タグ: 義本王 宿道 蔡温 国頭村企画商工観光課 国頭村多言語解説等整備事業 安須森 祭祀場 佐久眞家 沖縄県 国頭村

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tomura Walking Path and Cai Wen Matsunami Tree Conservation Park Yambaru National Park Hedo Village Walking Path and Cai Wen Matsunami Tree Conservation Park The inn road (Sukumichi: a public road in the Ryukyu Kingdom era that starts from Shuri and extends to the region) is It was created during the Shoji dynasty of the Ryukyu Kingdom, which prospered in the 15th and 19th centuries. Part of the inn is the road that the messenger from Shurijo Castle in Naha traveled for the water removal ceremony in December every year. The messenger made an offering to Asumori Ontake (Hedomitake), which is said to be the first Utaki made in Ryukyu, and received the sacred water flowing to Utaki (Okawa) east of Hedo. The god Asagi, the shrine, and the place of worship called Sinuguzo can still be seen along the walking path. Among these historic sites is the Saku Maie, who appears in the legend of King Gihon. Legend has it that King Gihon, the ruler of the 13th century, abdicated and fled to Hedo. There he fell in love with the daughter of the Saku Maie. The Saku Maie has protected the tomb in the northwest of the Hedo village, where the retired king is said to sleep. Kunigami Village Planning, Commerce and Tourism Division Reiwa 3rd year Kunigami Village Multilingual Commentary Maintenance Project

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 户村步行道和蔡文松波树木保护公园 山原国立公园 边户村步行道和蔡文松波树木保护公园于 15 世纪和 19 世纪繁荣的琉球王国正治王朝创建。旅馆的一部分是那霸首里城的使者每年12月参加除水仪式的道路。使者向据说是琉球最早的宇泷阿苏森御岳(Hedomitake)供养,并接受了流向边户以东的宇泷(大川)的神水。沿着步行道仍然可以看到朝木神、神社和被称为新犬藏的参拜地。在这些历史遗迹中,有出现在基训王传说中的佐久舞家。传说 13 世纪的统治者基训国王退位并逃往 Hedo。在那里,他爱上了佐久舞家的女儿。 Saku Maie 保护了 Hedo 村西北部的坟墓,据说退休的国王在那里睡觉。国头村计划通商观光课令和三年级国头村多语种解说维修项目

辺戸集落散策路と蔡温松並木保全公園 やんばる国立公園

辺戸集落散策路と 蔡温 松並木保全公園

 辺戸集落の東側にある 宿道 (すくみち:首里を起点として地方にのびる琉球王府時代の公道)は、15世紀から19世紀に栄えた琉球王国の尚氏王朝の時代に作られました。宿道の一部は、那覇の首里城からの使者が毎年12月のお水取りの儀式のために旅した道です。使者は、琉球で最初に作られた御嶽とされる 安須森 御嶽(辺戸岳)に供物を捧げ、辺戸の東のウッカー(大川)に流れる神聖な水を受け取っていました。
 神アサギや祝女殿内、そしてシヌグゾーと呼ばれる 祭祀場 は今でも散策路沿いで見られます。これらの史跡の中には、 義本王 の伝説に登場する 佐久眞家 もあります。伝説によると、13世紀の統治者義本王は、退位して辺戸に逃れました。そこで彼は佐久眞家の娘と恋に落ちました。佐久眞家は代々隠遁してきた王が眠ると言われている辺戸集落の北西にある陵墓を守ってきました。

国頭村企画商工観光課
令和3年度 国頭村多言語解説等整備事業

テキスト化

genjitsu_
2022-04-12 14:51 (456)
genjitsu_

コメント・周辺画像

genjitsu_ genjitsu_ 約1ヶ月

#<User:0x007ff2d5558ed8>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

genjitsu_ (2022/02/25)
タグ: 琉球王国 三司官 植樹 琉球列島米国民政府 蔡温 辺戸 琉球松 辺戸蔡温松並木保全公園 尚敬 灌漑 林業 蔡温松 国頭村企画商工観光課 国頭村多言語解説等整備事業 沖縄県 国頭村
genjitsu_ (2020/04/12)
タグ: 蔡温 auto-translate 沖縄県 国頭村
genjitsu_ (2020/04/12)
タグ: 義本王 沖縄県 国頭村
genjitsu_ (2020/04/12)
タグ: 義本王 石工 舜天 英祖 1983 1249 厨子甕 尚家 大陶棺 沖縄県 国頭村