Monumento

ocr-generated 示館

kawa_sanpo

2015/02/14

タグ: ocr-generated 茨城県 水戸市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 示館
水戶彰考館跡
The Site of the Shokokan Hall
水戸彰考館跡
彰考館は、水戸藩第2代藩主徳川光圀が「大日本史」を編集するために創設した史局である。最初は江戸
の水戸藩邸内に置かれたが、光圀の隠居後、元禄11年(1698)にこの地に移された。光圀が没した後は、
江戸と水戸に分かれて編集が行われ、幕末まで続けられた。明治維新後は、偕楽園南隅へ移り、大日本史は
明治39年(1906)に完成した。
Shokokan Hall was the editorial office established by Tokugawa Mitsukuni, the second feudal lord
The Site of the Shokokan Hall
of the domain of Mito to compile the Dainihonshi (The Great History of Japan). Initially, it was
located in the residence of the Mito Clan in Edo (Tokyo), but after Tokugawa Mitsukuni retired from
his position, the hall was moved here in the 11th year of the Genroku era (1698).
After Tokugawa Mitsukuni died, the hall was divided into Mito branch and Edo branch, and the
editing work was continued separately in both places until the end of the Tokugawa Shogunate.
After the Meiji Restoration, the hall was moved to the south corner of Kairakuen Park and the
whole editing of the Dainihonshi was completed in the 39th year of the Meiji era (1906).

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:44 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: ocr-generated 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: ocr-generated 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: ocr-generated 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: ocr-generated 茨城県 水戸市