Monumento

長龍寺

monumento

2014-01-29

タグ: 長龍寺 釈迦如来座像 東京都 杉並区

案内板

auto-translate Yong-ji Temple 794 is a temple of the Soto Zen insight and wealth juraku, is the principal object of worship is Shaka Nyorai.
According to the temple to 0/1593 ( 1593 ) heart rock soon-OWA, said to have founded in the Kojimachi 4-Cho (currently Chiyoda-ku, 4-Cho), terachi's ichigaya left 内坂 and your site will 0/1616 ( 1616 ) ( now Shinjuku, ichigaya left in town ) to precincts and has moved.
About the origin of the temple name, reportedly named after to 794 Gallery and made the catch of the Gathas, turned into a small snake and a dragon living in cloud pines precinct matsuji is Sen genshitsu's founder Zong incarcerated priest pond, t. Temple "t.' renewed 'Dragon'.
794 of the Edo period, in the distinguished family of the shogunate's 使番 founder, Kono said, centered on aburakawa Takeda home the old Takeda vassals, and Tokugawa Matsudaira 14 House 滝脇 Matsudaira (serada House), Zhu – famous Nagasaka blood – 9 s. home, the onin war as Commander of the Western force famous ' yamana's all ' yamana home produced upstream, thoroughly prosperous luck Temple and other in the a bodhi place of hatamoto and 76 families chief priest of Yoyogi giveth encyclicals continued issue from the Imperial Court, such as. 0/1909, along with the expansion of the Military Academy, was moved to this location.
0/1756 ( 1756 ) main hall of the building, 0/1737 ( 1737 ) gate was erected, reconstructed at this time is a well conveys the vestiges of the old buildings.
In the ground warehouse Temple precincts mountain, hand 28--11 constructed and tofu jizo statue was notable as ( 0/1708? q 1708? r/c ) are enshrined.
3/1985 Suginami ward Education Board

auto-translate 永东寺 794 索托禅宗的洞察力和财富拾乐的寺庙,是主要的崇拜对象是沙卡如来。根据庙到 0/1593年 1593年) 心岩很快-OWA,据说在麴町 4 町 4 町目前千代田区) 成立了,寺地的市谷左的内坂和您的网站将 0/1616年 1616年) 现在新宿区市谷留在镇) 对专用区和已移动。
关于起源的寺庙名称,据说以后到 794 库命名和作出的 Gathas,变成了一条小蛇和龙生活在云松分局松二中捕获量是森 genshitsu 创始人宗嵌顿的牧师池,t.寺"t.' 更新 '龙'。
794 江户幕府的使番创始人的杰出家庭中科诺说,aburakawa 上居中武田首页的附庸国,武田老和德川黜 14 家滝脇黜 (serada 家)、 朱 — — 著名长嶝血 — — 9 s.回家,作为著名的西方部队指挥官紫草战争 '山名的所有' 山名回家生产上游、 彻底隆福寺和其他在旗本都菩提地方和 76 家庭祭司的代代木赐 encyclicals 继续的发布从宫廷,如。
0/1909 年,军事学院,扩大了移动到此位置。0/1756年 1756年) 主殿的建筑,0/1737年 1737年) 门被架设了,这次重建是一口井所传达的古老的建筑遗迹。
地面仓库寺专用区山中,手 28-11 构造和豆腐藏菩萨是著名的作为 0/1708年? q 1708? r/c) 被载入。
3/1985
杉并区教育委员会

長龍寺
 当寺は富聚山と号する曹洞宗の寺で、本尊は釈迦如来座像 です。寺伝によれば文禄二年(一五九三)に心岩舜応和尚が麹町四番町(現千代田区四番町)に開創したといわれ、元和二年(一六一六)寺地が御用地となり、市ヶ谷左内坂(現新宿区市ヶ谷左内町)に境内地を拝領して移転しています。
 寺名の由来については、開山の玄室宗頓和尚が本寺である雲松院境内の池に住む竜に偈を授け、小蛇と化したのを捕えて当寺の寺宝とさせたのにちなんで、長隆寺の「隆」を「龍」に改めたと伝えられています。
 江戸時代の当寺は、開基である幕府御使番河野氏をはじめ、油川武田家を主体とした旧武田家臣団、ならびに徳川の名門松平十四家である滝脇松平家(世良田家)、朱鎗の名家長坂血鎗九郎家、応仁の乱には西軍の将として有名な「山名宗全」を生み出した山名家の本家、その他旗本・名家七十六家の菩提所で、代々の住職は朝廷より勅賜号を賜わるなど、寺運は隆盛をきわめました。
 明治四十二年、陸軍士官学校の拡張にともない、この地に移転しました。宝暦六年(一七五六)建造の本堂、元文二年(一七三七)建立の山門は、この時に移築したもので、古い建造物の面影をよく伝えています。
 境内の地蔵堂には山之手二十八番台十一番所として著名であった豆腐地蔵尊(宝永五年〈一七〇八〉造立)が安置されています。
昭和六十年三月
杉並区教育委員会

テキスト化

monumento
2014-04-09 11:21 (582)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/02/18)
タグ: 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 宗泰院 釈迦牟尼仏 俳人原月舟 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 万寿山 書家高玄融 農政本論 経済要録 開国要論 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 太田道灌 東京都 杉並区