Monumento

旧田端大橋 の生い立ち

hanacoco

2015/02/17

タグ: 旧田端大橋 突桁式下路版桁三径間ゲルバー式 溶接 全溶接橋 造船技術 軍艦建造技術 東京都 北区

案内板

auto-translate Old Tabata bridge history
The origin of the bridge
Old Tabata bridge, in 0/1935 frame construction is a 突桁 expression through version 3 diameter between Gerber expressions fully welded bridge was.
At that time, this bridge is as literally all-welded bridge welded field joints also in Oriental first and center stage as one of the largest bridges.

Welding technology of shipbuilding technology (warship building technologies), has been left many hardship story was encountered by engineers at that time.
Bridge overview
Construction, date 12/27/1935.
Format 突桁 expression through version digits 3 diameter between Gerber expression
Total length of 135.0 meters
Bridge width 13.80 m
Road width of 11.00 meters (at the time)

Total steel weight approx. 591 tons (at that time)
Of the remaining
For old Tabata Ohashi proceeded by the increase in car traffic due to the economic development of recent years and years of aging, Tokyo 0/1987 to new Tabata bridge construction was. By new Tabata bridge was opened over this bridge role, was in the plans to demolish in the original plan.

But now thought that historically and academically valuable bridge, and also from the local residents have recycled requests as a pedestrian bridge, reborn as a Tabata fureai bridge.

March 4, 2007 Tokyo, Kita-ku.

auto-translate 老田畑桥梁史上

这座桥的起源
老田畑桥 0/1935年框架结构是通过版本 3 直径格柏表达式之间完全焊桥的突桁表达。
在那个时候,这座桥是从字面上全焊接桥焊接领域也在东方第一次和中心舞台,作为最大的桥梁之一。
焊接工艺的造船技术 (军舰大厦技术),一直存在很多困难的故事,当时遇到了工程师。

桥概述
施工日期 1935/12/27。
通过版本 3 位数直径格柏表达之间的格式突桁表达式
总长度为 135.0 米
桥宽 13.80 米
道路宽度 11.00 米 (时)
总钢重量约 591 吨 (时)

剩余的
老田畑大桥进行随着经济的发展,近年来,年老化的汽车流量的增加,为东京 0/1987年到新田畑桥梁施工。
由新田畑桥开幕此桥梁角色,在计划清拆在原来的计划。但现在觉得那历史和学术价值的桥梁,并且从当地居民有回收的请求作为一座人行桥,转生为田畑交流的桥梁。

2007 年 3 月 4 日东京,北顾。

旧田端大橋 の生い立ち

橋の由来
 旧田端大橋は、昭和十年に架建された突桁式下路版桁三径間ゲルバー式 全溶接橋 です。
 当時、この橋は現場継手部も溶接 した文字どおりの全溶接橋 として東洋では最初で最大級の橋として注目を浴びました。
 この溶接技術は、そのころの造船技術軍艦建造技術)を生かしたものであり、当時の技術者が遭遇した数々の苦労話がのこされています。

橋の概要
 施工年月日 昭和十年十二月二十七日
 形式      突桁式下路版桁三径間ゲルバー式
 橋長      一三五.〇メートル
 橋梁巾     一三.八〇メートル
 道路幅員   一一.〇〇メートル(当時)
 総鋼重量   約五九一トン(当時)

残存の経緯
 旧田端大橋は、近年の経済発展に伴う自動車交通量の増加と年月の経過による老朽化が進んだため、東京都は昭和六十二年に新田端橋を架建しました。
 新田端橋が開通したことにより、本橋の役目は終り、当初の計画では撤去する予定でありました。しかし歴史的にも学術的にも貴重な橋であり、また地域住民の方から歩行橋として再生利用の要望があることを考え、田端ふれあい橋として生まれ変わることになりました。

平成四年三月 東京都北区

テキスト化

hanacoco
2015-02-18 00:35 (515)
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/09/20)
タグ: 東京都 北区
kawa_sanpo (2014/09/20)
タグ: 太田道灌 東灌森稲荷神社 江戸城築城 東京都 北区
gotosheng (2017/02/20)
タグ: 坂 東京都 北区
gotosheng (2017/02/20)
タグ: 坂 東京都 北区