Monumento

麻布台懐古碑

monumento

2013-03-12

タグ: 東京都 港区

案内板

auto-translate Azabu-nostalgic monument Has a long history of Azabu, Akasaka and Aoyama districts, mankind already resided in the Jomon era ( 0/8000 ), discovered a variety of contemporary pottery and stone tools as the God of farming in the Heian era, at 0/822 (822 years) Takechiyo Inari, 天慶 annual ( 938, ~ 946, ) to erected shrine Asahi ( day month Kubota Inari ), etc.. There are records and the totonoss offerings of ISE Daijingu Minamoto no Yoritomo 0/1184 (1184 years), in the Kamakura period as Musashi country estates in the Southern District and Iikura Mikuriya. The Kanto region as a territory country Tokugawa Ieyasu arrived at Edo Castle the intention of Toyotomi Hideyoshi in the Samurai era reportedly 0/1590 (1590 years). Iikura place names indicates the easternmost parts of linen is now says old East, came to Nagasaka sides than linen Dragon Saturday, Roppongi Yamauchi on the West. Dragon Earth town at that time linen peasant town, and that traffic was sparse in city conditions. Seat of Dragon Earth town Genna's ( 1615, ~ 1624, ) to fishermen were under the turf ATAGO and nishikubo per move, have done the Dragon Earth town to present 7-Chome No. 6 per origin, its name karyudo village or of or drop-shaped like dragon fell also called fluid or changed, moving from dragons Saturday as. Was stationed here until the infantry third rentai was founded November 0/1874 (1874 years), 1/1889 0/1939 (1939 years) August 5th regiment of the Imperial Guard infantry organised in the regiment main force crossed the 5/1936 in the northeastern part of China. Later than the Showa 18 in August nominated defense of Miyako Island, Okinawa, but by the end of the war closed the regiment history. Fifth Regiment of the Imperial Guard infantry was stationed in the South China 1/1941 December along with the Pacific war broke out and dispatched to the southern front, the war through the Malay Peninsula, Singapore, Java and stationed in Northern Sumatra ( Indonesia ). 5/1943 the seventh Regiment of the Imperial Guard infantry was established for capital defense. Reinforced concrete three-story oval currently with University of Tokyo production technology laboratory building in reconstructed barracks for the great Kanto earthquake destroyed 6/1928. Standing here azabudai Minato-ku, Roppongi 7-Chome 22-current, as 23, the witness to the Transfiguration, review the history of faded glory and coming up emotion mingled quite sincerely.
Leave a memorial monument Aoyama Park stables trail by the cherry blossoms bloom.
10/25/1987 5th guards infantry regiment infantry 3rd Regiment volunteers built by all of us

auto-translate 麻布怀旧纪念碑
历史悠久的麻布,赤坂、 青山区、 人类已经居住在绳纹时代 0/8000),发现了各式各样的当代陶器和石器工具作为神的平安时代,在 0/822 (822 年) 天慶年度 938,竹千代 Inari 耕作 ~ 946,(),竖设祠朝日天月久保田 Inari),等......有记录和伊势 Daijingu 源的 totonoss 产品没有赖朝 0/1184 (1184 年),作为在南区和 Iikura 御厨武藏的乡间庄园镰仓时代的。关东地区作为一个领土国家德川家康在江户城堡的丰臣秀吉意图抵达武士时代据报 0/1590 (1590 年)。Iikura 地名指示亚麻的最东部部分现在是说老东,来到长坂面比亚麻龙 (星期六),在西部的六本木山。在那次亚麻农民镇龙地球镇和交通是稀疏在城市的条件。龙地球镇真纳的位子 1615年 ~ 1624 号) 对渔民被下的草坪爱宕和西洼每移动、 有对目前 7 丁目 6 号每的起源,它的名称 karyudo 村庄或做龙地球镇或水滴形像龙下跌也称为流体或更改,从龙移动作为星期六。驻防在这里直到步兵第三京成立 11 月 0/1874 (1874 年),1/1889年 0/1939年 (1939 年) 8 月 5 日团的皇家卫队步兵军团主力在举办横渡的 5 1936 年中国的东北部分。迟于昭和 18 中 8 月提名防御的宫古岛,冲绳岛,而是由战争结束关闭军团历史。第五军团步兵驻扎在中国南方 1/1941 年 12 月太平洋战争和皇家卫队的爆发和调度到南部前线、 马来半岛、 新加坡,Java 通过战争和驻扎在北苏门答腊印度尼西亚)。5/1943 年皇家卫兵步兵的第七军团成立为资本防御。钢筋混凝土三层椭圆形目前与东京大学生产技术实验室建设的重建营房的关东大地震摧毁了 6/1928年。站在这里 azabudai 港区,六本木 7 丁目 22-当前,23,到物的变形,证人作为审查过去的荣光和接下来相当诚恳地混杂在一起的情感的历史。由樱花绽放留下纪念纪念碑青山公园马厩踪迹。
1987/10/25
第五届守卫步兵军团步兵第 3 军团志愿者由我们所有人建造

麻布台懐古碑
麻布・赤坂・青山地区の歴史は古く、縄文時代(紀元前八〇〇〇年頃より)にはすでに人類が居住しており、同時代の各種の土器や石器が発見され、平安時代には農耕を守護する神として、弘仁一三年(八二二年)に竹千代稲荷、天慶年間(九三八年〜九四六年)に朝日神社(日ヶ窪稲荷)等が建立された。鎌倉時代には武蔵国の荘園として南部地区に飯倉御厨があり、寿永三年(一一八四年)源頼朝が伊勢大神宮の供物を調進したとの記録がある。武家時代に入り豊臣秀吉の意向を受けて関東を領国として徳川家康が江戸城に到着したのは天正十八年(一五九〇年)と伝えられている。飯倉の地名は現在は麻布の東端の部分を示すが、古くは東は増上寺山内より、西は麻布竜土、六本木より永坂辺に至ったという。当時の竜土町は麻布の百姓町であり、町況は地味で人通りもまばらだったという。座部竜土町は、元和年間(一六一五年〜一六二四年)に芝愛宕下や西久保あたりにいた漁師が引き移って現七丁目六番あたりに竜土町をなしたのを起源とし、その名は猟人村のかの字の脱落とか、竜が下ったとか、また流動又は隆動より竜土に変ったなどともいわれる。明治七年(一八七四年)十一月創立された歩兵第三聯隊は、明治二十二年一月から昭和十四年(一九三九年)八月近衛歩兵第五聯隊が編成されるまでこの地に駐屯し、聯隊主力は昭和十一年五月中国東北部に渡った。その後昭和十八年八月より沖縄県宮古島の防衛に任じたが、終戦により聯隊歴史の幕を閉じた。近衛歩兵第五聯隊は昭和十六年一月中国南部に駐屯して、十二月太平洋戦争勃発と共に南方戦線に出動し、マレー半島、シンガポール、ジャワを経て北部スマトラ(インドネシア)に駐留し終戦を迎えた。昭和十八年五月首都防衛のため近衛歩兵第七聯隊が創立された。現在東京大学生産技術研究所の使用している鉄筋コンクリート造り三階建楕円形の建物は、関東大震災のため倒壊した兵舎を昭和三年六月再建したものである。現在の港区六本木七丁目二十二番、同二十三番のここ麻布台に立って、その変貌を目のあたりにし、栄枯盛衰の歴史を回顧すると、万感こもごも至ってやまない。よって桜花咲き誇った馬屋跡の青山公園に記念の碑を残す。
昭和六十二年十月二十五日
近衛歩兵第五聯隊 歩兵第三聯隊 有志一同建立

テキスト化

monumento
2014-04-14 12:29 (953)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

gotosheng (2016/10/07)
タグ: 坂 東京都 港区
hanacoco (2015/12/28)
タグ: 坂 東京都 港区
hanacoco (2015/12/28)
タグ: 東京都 港区
hanacoco (2015/12/28)
タグ: 東京都 港区
hanacoco (2015/12/22)
タグ: 東京都 港区
gotosheng (2016/09/25)
タグ: 坂 東京都 港区
gotosheng (2016/10/09)
タグ: 坂 東京都 港区
gotosheng (2016/09/25)
タグ: 坂 東京都 港区
gotosheng (2016/10/06)
タグ: 坂 東京都 港区