Monumento

ocr-generated オオムラサキの森はどのようにして生まれたのでしょう

kawa_sanpo

2015/02/22

タグ: ocr-generated 埼玉県 嵐山町

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated オオムラサキの森はどのようにして生まれたのでしょう
この森は、子供達に見虫と身近にふれあえる雑木林を贈ろうとい
う地元有志の声に、嵐山町と埼玉県が協力して生まれました。
森づくりの基本になったのは、武蔵嵐山渓谷周辺において歴史
的風土を生かし、自然とのふれあいを図りながら野外レクリェー
ションの場を整備するために、県が策定した嵐山県民休養地計画
(S.57.3)です。
森づくりは、この県民休養地事業の一つとして“オオムラサキの
森づくり協議会”(地域の住民や地元菅谷小学校、鎌形小学校の関係 て
者等で構成)と町及び県が話し合いをしながら進め、昭和60年度か
ら62年度にかけて、県で土地の確保と森の環境整備を行いました。
国蝶オオムラサキは、雑木林を象徴するものです。オオムラサキ
が飛びかう雑木林の生態系を維持することにより、子供達がカブト
虫やクワガタ虫と遊べる豊かな自然環境を守り育て、未来に伝えら
れたらどんなにすばらしいことでしょう。

|

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:42 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: ocr-generated 埼玉県 嵐山町
kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: auto-translate 鎌倉街道 菅谷 埼玉県 嵐山町
kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: ocr-generated 埼玉県 嵐山町
kawa_sanpo (2015/02/22)
タグ: ocr-generated 埼玉県 嵐山町