Monumento

慈海僧正墓(じかいそうじょう)(都旧跡)

hanacoco

2015/02/26

タグ: 台東区教育委員会 慈海僧正 auto-translate 東京都 台東区

案内板

The Grave of Priest Jikai

The Buddhist priest Jikai was born in Meguro in 1624. Known for his learning and virtue, he spent time in a couple of monasteries before entering Ryoun-in Monastery on Mount Toei (now Ueno Park).
It is said that he died at the age of 70 and his grave was originally in Ryoun-in but in 1958 due to the construction of the Tokyo Metropolitan Festival Hall on the site, his grave was moved to Kanei-ji Temple.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 他祭司冀凯坟墓

佛教高僧冀凯出生在目黑 1624 年。他学习和美德而闻名,他花了时间在寺院几上装载都营 (现在上野公园) 进入 Ryoun 在寺前。
它是说去世,享年 70 岁,他的坟墓最初是在 Ryoun 中,但在 1958 年的东京大都会节日音乐厅现场施工,他的坟墓被移到兼井寺。

慈海僧正墓(じかいそうじょう)(都旧跡)
台東区上野桜木一丁目十四番十一号 寛永寺
 墓石の正面中央に、聖観音菩薩の像を彫り右側には「当山学頭第四世贈大僧正慈海」左側に「山門西塔執行宝園院住持仙波喜多院第三世」、背面に「元禄六年癸酉二月十六日寂」と刻む。
 慈海僧正 は、学徳をもって知られ、東叡山護国院、目黒不動尊、比叡山西塔宝園院、川越仙波喜多院を経て東叡山凌雲院に入った。東叡山は、寛永寺一山の山号で、一山を統括、代表する学頭には凌雲院の住職が就任することを慣例としたという。学頭は、また門主・輪王寺宮の名代をつとめうる唯一の有資格者であり、学頭の名のとおり宮や一山の学問上の師でもあった。慈海版として知られる「法華経」「薬師経」の翻刻や「四教義算注」「標指鈔」三十巻の著作がある。
 寛永元年(一六二四)目黒で生誕。七十歳で没した。没後、公弁法親王の奏請によって大僧正の位が贈られた。
 墓は、初め凌雲院内にあったが、昭和三十三年東京文化会館建設のため寛永寺に移った。
平成四年十一月
台東区教育委員会

テキスト化

tenma
2016-01-10 09:49 (0)
tenma
tenma
2016-01-10 09:49 (450)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/02/26)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2015/02/26)
タグ: 寛永寺 根本中堂 旧本坊表門 鬼瓦 黒門 国指定有形文化財 輪王寺宮 auto-translate 東京都 台東区
hanacoco (2015/02/26)
タグ: 台東区教育委員会 尾形乾山 琳派 尾形光琳 酒井抱一 光琳百図 尾形流略印譜 公寛法親王 auto-translate 東京都 台東区
hanacoco (2015/02/26)
タグ: 寛永寺 根本中堂 銅鐘 厳有院 除夜の鐘 椎名伊予守吉寛 台東区有形文化財 東京都 台東区