Monumento

三囲神社

kawa_sanpo

2015/02/27

タグ: 弘法大師 小野小町 源慶 宝井其角 能因法師 東京都 墨田区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Surrounded by shrines And is said that Kobo Daishi enshrined Tanaka Inari. At that time the rice field in the North of the current location I was in the middle of. Fumikazu years (1352-56) to discover the image of one's parent case converted from company sources, priest of Miidera Temple in OMI province, across from Byakko.
Not from anywhere around the statue of the "three circle" name was applied from the Byakko appeared three times and lost an auspicious symbol.
The Mitsui family during the Edo period into selfish Aya to its name, and guardian, 0/2009 (2009), was a symbol from the previous Ikebukuro Mitsukoshi bronze lion statue was moved to the environment.

Drought was followed by 0/1693 (1693), haiku poet takarai and angle tracking of tinami ability and Ono no Komachi, "Yutaka" kyou in the acronym "If tag and field seeing-eye chestnut of God" of where the phrase inscribed on the next day it started raining became popular story has been.
At the Mimeguri Shrine This at the shrine was choosen by the great merchant family Mitsui when they started operating in Tokyo. "Mimeguri" means "three times around". It derives from a 1300 s legend about apriest Genkei in West Japan who witnessed a magical white fox running around a recently unearthed sculpture of an old man mounted on a white fox three times, and then disappearing.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 圣地包围
是说 Kobo 大师所载田中 Inari。 稻田中的当前位置北我当时的中间。 文员年 (1352年-56) 才发现自己的父实例的图像转换来源公司,OMI 省,对面 Byakko Miidera 寺的牧师。 不是从任何地方雕像周围,"三圈"的名字是从应用 Byakko 出现了三次,失去了吉祥的象征。
三井家族成自私阿雅对其名称和卫报 》,2009 年 0 月江户时期 (2009 年),是从以前的池袋三越青铜狮子塑像被转移到环境的一个象征。
久旱之后出现的 0/1693年 (1693),俳句诗人宝井和角跟踪 tinami 能力和小野没有小町,首字母缩写"丰"再"如果上帝的标签和字段看到眼睛板栗"刻在第二天开始下雨了这句话成为受欢迎的故事一直。

在 Mimeguri 靖国神社
这在靖国神社是选择由三井商船大家庭,当他们开始在东京经营。 "Mimeguri"是指"三次在附近"。 它源于 1300 的传说有一个牧师私奔了源庆西日本人目睹神奇的白狐狸跑最近出土的雕塑的一位老人骑白狐狸三次,然后消失。

三囲神社
 弘法大師 が祀ったという田中稲荷が始まりとされる。当時は、現在地より北の田んぼの中にあった。文和年間(1352~56)に近江の三井寺の僧である源慶 が社を改築した折、土中から白狐にまたがる老翁の像を発見。その像の周りをどこからともなく現われた白狐が、三度回って消えたという縁起から「三囲」の名がつけられた。
 三井家は江戸進出時に、その名にあやかって、守護神とし、平成21(2009)年に旧三越池袋店からシンボルだった青銅製のライオン像が境内に移設された。
 日照りが続いていた元禄6(1693)年、俳人宝井其角能因法師小野小町 の故事に倣い、「ゆたか」を頭字に詠みこんだ「ゆふだちや 田を見めぐりの 神ならば」の句を献じたところ、翌日には雨が降り評判になったという話が伝わっている。

Mimeguri Shrine
This shrine was choosen by the great merchant family Mitsui when they started operating in Tokyo. "Mimeguri"means "three times around".It derives from a 1300s legend about apriest Genkei in West Japan who witnessed a magical white fox running around a recently unearthed sculpture of an old man mounted on a white fox three times, and then disappearing.

テキスト化

tenma
2016-04-02 11:21 (723)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 日比翁助 東京都 墨田区
hanacoco (2016/02/18)
タグ: ライオン像 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 鬼平犯科帳 江戸名所図会 鬼平情景 三囲神社 三囲稲荷社 東京都 墨田区
hanacoco (2016/02/18)
タグ: ライオン像 ネルソン像 auto-translate 三囲 越後屋 東京都 墨田区