Monumento

生出塚遺跡

kawa_sanpo

2015/02/28

タグ: 生出塚遺跡 埼玉県生出塚埴輪窯跡出土品 行田市埼玉古墳群 東浦古墳 生出塚窯跡 埼玉県 鴻巣市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 生出塚 ruins 生出塚 ruins in East Japan's largest clay kiln mark Group. Plateau on towards the Arakawa alluvial lowland in the North-East direction to shelving (Konosu City Hall 2nd building South area) to ruins are spread. The highest elevation point is at 19 meters above sea level.
Area is residential, with the landscape of the former is not. 生出塚 ruins excavation of several the late Kofun period haniwa kiln, Studio track and dwelling, Tomb ruins have been found.
Among these baked clay kiln is since the beginning of the sixth century that were operated for about 100 years until the end apparently in. Clay kiln was found in this location is about 9 meters long climbs of the length of the firing of about four meters, two meters in width in the kiln kiln stove and haibara are about 二_五 from the ground surface m Miner was built. Kiln, Office or canceled, had built spread like yatsude haibara.
Due to the efficiency that it financed haibara kiln based on number of minutes in one place together is for.
45 about seems was baking kiln operation count is one per 5 times back and forth, medium cylindrical haniwa approx 30 cm-diameter in a single operation. Nationwide from this kiln is cylindrical and 器財 system (weapons and armors), House, human form, animal types (horses, deer and waterfowl), etc. 6/9/2005 is better to formative type of clay excavated from the rich and then specified nationally "Saitama 生出塚 clay kiln unearthed" as. Especially one warrior clay and three formal men's clay is better to formative as well as large, approx 130 cm in height for each. To make this kind of large clay should be high-tech.
This tells us that workers ' collective expertise with large clay-making technology was 生出塚 ruins.
Furthermore, these haniwa Konosu-Shi cultural center's (Claire so damn) in history folk customs material corner, from time to time available in. Clay figures made in the 生出塚 ruins are 生出塚 mounds adjacent to gyoda-Shi Saitama mounds, as well as and have found that had been transported to Kuki City (formerly 菖浦-Cho) Higashiura mounds, etc.
Likely to be further from an ancient tomb in Ichihara city, Chiba Prefecture (yamakura No.1 mounds), made in the 生出塚 kiln clay have been excavated. Haniwa were taken away, the ship carried in was like a waterway and a Moto-Arakawa. In what to carry in bulk at the time, the ship was most efficient. Considered in this era as a means of carrying river water throughout was widely used.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 生出塚废墟

在东日本大泥窑遗址上的生出塚标记组。遍布高原上走向荒川冲积低地搁置 (高洲大会堂二楼南地区) 成了废墟的东北方向。海拔最高点位于海拔 19 米。面积是住宅,与前者的风景不是。
生出塚遗址开挖的几晚的坟期间埴窑、 工作室跟踪和住宅,墓遗址被发现。其中粘土烧制窑是自手术 100 年左右直到结束显然在公元六世纪初。
粘土窑发现于此位置是长约 9 米的长度约四米、 两米宽的窑窑炉烧成的攀爬、 灰分别约为二_五从地面表面 m 矿工被修造。窑、 办公室或取消,建造了像 yatsude 灰蔓延。由于效率它提供了经费灰窑的基础在同一个地方一起的分钟数是。
关于 45 似乎在烘窑操作计数是 5 倍来来回回,介质圆柱埴约 30 厘米直径在单个操作中每出现一次。
全国范围内从该窑是圆柱和器財系统 (武器和铠甲),房子,人类形体,动物类型 (马、 鹿和水禽),等等。2005/6/9 是更好地形成类型的出土丰富的黏土,然后指定全国"埼玉县生出塚粘土窑出土"作为。特别是一个战士粘土和三正式男装粘土是有利于形成尽可能大,约 130 厘米的高度为每个。要使这种大粘土应该是高科技。这告诉我们工人的集体专长与大型粘土制作技术是生出塚废墟。
此外,这些埴高洲石文化中心的 (克莱尔所以该死) 在历史民俗材料角落里,从时间到时间可用的。
生出塚成为一片废墟的粘土数字生出塚丘毗邻 gyoda 石埼玉县丘作为并且找到了,被送到这种市 (原菖浦 Cho) 东浦土堆等。可能要从古墓中市原市、 千叶县 (山仓 1 号堆),取得生出塚窑内出土了粘土。
埴被带走,船载就像一条水道和 Moto 荒川。在什么次运载散装,那艘最有效。作为整个河挑水的手段被广泛认为在这个时代。

生出塚遺跡

 生出塚遺跡は、東日本最大規模の埴輪窯跡群である。元荒川の沖積低地に向かって北東方向になだらかに傾斜する台地上(鴻巣市役所第二庁舎南側一帯)に遺跡は広がっている。もっとも標高が高い地点は、海抜約一九メートルである。周辺は住宅地となっていて、かつての景観を偲ぶことはできない。
 生出塚遺跡は数度の発掘調査が行われ、古墳時代後期の埴輪窯跡・工房跡・住居跡・古墳跡などが見つかっている。なかでも埴輪を焼いた窯は、六世紀初め頃から終わり頃までの約百年間操業されたことが明らかになっている。
 この場所で発見された埴輪窯跡は、全長約九メートル、焼成部の長さ約四メートル、幅約二メートルの登り窯形式で、窯の炊き口と灰原は地表面から約二・五メートル堀り込まれていた。窯は、府かい灰原を中止にして八ツ手状に広がるように造られていた。これは数基分の窯の灰原を一ヶ所にまとめて賄うという効率化をはかったためである。
 窯の操業回数は、一基あたり五回前後と考えられ、一回の操業で口径約三〇センチメートルの中型の円筒埴輪であれば四五本程を焼いていたようだ。
 この窯跡から出土した埴輪は、円筒形・器財系(武器、武具)・家形・人物形・動物型(馬、鹿、水鳥)などである。出土の状況や埴輪の種類が豊富なうえに造形的にも優れていることから、平成十七年六月九日に「埼玉県生出塚埴輪窯跡出土品」として国の重要文化財に指定された。特に一体の武人埴輪と三体の正装男子埴輪は、造形的に優れているだけでなく大型で、それぞれの高さが約一三〇センチメートルである。このような大型の埴輪を製作するには高い技術が必要である。このことは、大型の埴輪作りができる技術を持つ専門の工人集団がこの生出塚遺跡にいたことを物語っている。
 なお、これらの埴輪は、鴻巣市文化センター(クレアこうのす)にある歴史民俗資料コーナーに収蔵されており、随時見学可能である。
 生出塚遺跡で作られた埴輪は、隣接する生出塚古墳群をはじめとして、行田市埼玉古墳群 や久喜市(旧菖浦町)東浦古墳 などへ運ばれていたことが判明している。さらに千葉県市原市の古墳(山倉一号墳)からは、この生出塚窯跡 で作られた可能性が高い埴輪が出土している。
 遠方に運ばれた埴輪は、元荒川をはじめとする水路を利用して船で運ばれていたようである。当時、大量にものを運ぶには、船がもっとも効率的だった。この時代には、運搬手段として河川の水運が各地で広く利用されていたと考えられる。

テキスト化

yuraichan
2015-03-01 19:32 (1042)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/02/28)
タグ: 機関車 せせらぎ公園 鴻巣市都市整備部 埼玉県 鴻巣市
kawa_sanpo (2015/02/28)
タグ: 徳川家康 中山道 鴻巣宿 鴻巣市観光協会 生出塚横町 相生町 埼玉県 鴻巣市
kawa_sanpo (2015/02/28)
タグ: 中山道 鴻巣宿 鴻巣市観光協会 本宿 下市場 仲市場 仲町 仲街 雛市 埼玉県 鴻巣市
kawa_sanpo (2015/02/28)
タグ: 庚申塔 中仙道 鴻巣市教育委員会 鴻巣市指定有形民俗資料 法要寺 青面金剛神 埼玉県 鴻巣市