Monumento

江戸幕府400年

kawa_sanpo

2015/03/15

タグ: 江戸名所図会 神田松枝町 泉麻人 松ヶ枝 お玉が池 お玉稲荷 千代田区町名由来板 岩本二松枝町会 auto-translate 東京都 千代田区

案内板

Kanda-Matsuedacho
Up until the 1960s, this area was known as Kanda-Matsuedacho. It is said the name derives from that of an old maid, Matsugae, who once worked in the inner palace of Edo Castle. The land in this area was granted to her to use as a residence, and began being called by this name in around 1705. Up until the Edo Period, it is said that there was a charming pond here called Otamagaike.

Detached Government 400 years
Kanda-Matsue-Cho

Asato Izumi, columnist This area was called and Kanda-Matsue town until the introduction of the 0/1965. Matsueda. Matsugae ooku Edo Castle was, not mean that the land was PinY, the old woman in the name came from, there is a theory.
Say? was a very talented person, land of this region was given to her as the House, became the name of the town from 0/1705 (1705). Using old Matsue town per the Edo, until there seemed to be a large pond of otamagaike pond. From cherry blossom was originally ' cherry pond "and called the Teahouse was built by the pond. Otama is in the name of the draw at this restaurant was, according to yedo meisho Zue and when ' personality also shape the same customer becomes two men ' ladle in her mind, worried about the pond had poured himself. The corpse was buried on the shores of the pond, named from such legendary said.
Currently, ladle Inari that Yukari's mansion between alone remains. Scenic and ladle in the pond area, lived in many Edo literati or scholar. Their professors from Ito Gen Pak, one dedicated to the 0/1858 (1858), establish a vaccination Center (later becoming and the vaccination of the shogunate Government). This ladle is the vaccination Center is the starting point for now Tokyo University School of medicine, said said.
Monument documenting vaccination center mark is at the crossroads of the town and South of little Kashima Bill (is on the first floor is a wholesaler of goods). Found the viewpoint of thoroughly exploring the surroundings, also leave "ladle" image "property". The ladle hot bath. Soak in a hot bath house building on the first floor, but a ladle of the bygone days pond landscape is thought not so when floating. To eel restaurant and it is another, right in front of the shutojyo ruins monument signs, ball pond. be found a menu. So far, tasted it's grappling otama, eel's head with the fried delicacy. Drawn to shop ahead of Edo meisho otamagaike pond said of has arranged to gave its name and is decorated with miniature pond.

Incidentally this shop's 0/1845 (1845) established stores began at that time, already otamagaike pond reclaimed from the is or was said. Chiyoda-ku, street name derived from plate Iwamoto two pine branches town meeting

auto-translate 安达 Matsuedacho直到 20 世纪 60 年代,这一领域被称为神田 Matsuedacho。据说这个名字来自那一个老处女曾任职于江户城堡内宫。在这一领域土地被授予她居住的地方,使用,和开始被叫这名字约 1705 年。到江户时代,据说是一个迷人的池塘,这里被称为 Otamagaike。自动翻译分离政府 400 年神田町松江专栏作家这一领域被称为笠户泉和神田松江镇直到 0/1965 年引进。松枝。德川江户城堡,不意味着这片土地是 PinY,老年妇女生活中的名称来自于,有一种理论。说吗?是一个非常有才华的人,这一地区的土地被给了她作为房子,成为了从 0/1705 年城镇的名字 (1705)。使用每江户的松江古城,直到似乎 otamagaike 池塘里的一个大池塘。从樱花原本 ' 樱桃池塘"和被称为茶馆建成坐在池塘边。奥塔马是名义在这画的餐厅,据 yedo 名所李雪和当 '人格也形状相同客户成为两个男人' 钢包在她心里,担心池塘已经给自己倒了。尸体被埋葬在池塘里,名叫来自说这种传说中的海岸。目前,钢包 Inari 那由香里大厦之间单独仍然存在。景区和钢包在池塘的面积,居住在许多江户文人或学者。他们的教授从 Ito Gen 朴,一个致力于 0/1858 年 (1858 年),建立中心 (后来成为和幕府政府接种疫苗) 接种流感疫苗。这个包是的接种中心是为起点,现在东京大学医学院临床医学专业,说说。纪念碑记录疫苗接种中心标记是在十字路口的小镇和南部小鹿岛比尔 (位于第一层是一个批发商的货物)。发现彻底探索周围的环境的观点,也留下"勺子"图像"属性"。钢包的热水澡。泡在洗热水澡的房子在一楼,但昔日塘景观一瓢以为不可这样当浮动。鳗鱼的餐厅,和它是另一种,正前方的 shutojyo 遗址纪念碑迹象,球池。找到一个菜单。到目前为止,尝到了它的格斗奥塔马,用油炸美味鳗鱼的头。吸引到店前江户名所 otamagaike 池塘说已安排给它的名字和装饰着微型池塘。顺便说一句这店 0/1845年 (18 时 45) 建立的商店开始在那个时候,otamagaike 池塘已经从回收是或者说。千代田区街道名称源自板 Iwamoto 两松枝城镇会议

江戸幕府400年
神田松枝町
        コラムニスト 泉麻人

 この界隈は、昭和四十年代のはじめまで神田松枝町と呼ばれていた。松枝……松が繁っていた土地、というわけではなく、江戸城の大奥にいた「松ヶ枝」という老女中の名に由来する、という説がある。よほど有能な人だったのか、彼女に屋敷地としてこの一帯の土地が与えられ、宝永二年(一七〇五)ころから町の呼び名になったという。
 旧松枝町あたりを中心にして、江戸のころまで、「お玉が池」という広大な池があったらしい。桜の名所だったことから、当初は「桜ヶ池」と呼ばれ、池畔に茶屋が建っていた。「お玉」というのは、この茶屋にいた看板娘の名前で、「江戸名所図会」によると、あるとき「人がらも品形もおなじさまなる男二人」が彼女に心を通わせ、悩んだお玉は池に身を投じてしまった。亡骸は池の畔に葬られ、そんな伝説から名が付いたという。現在、そのゆかりの「お玉稲荷」がマンションの狭間にぽつんと残っている。
 景勝地・お玉が池の周辺には、江戸の文人や学者が多く暮らしていた。その一人である伊東玄朴ら蘭方医たちが尽力して、安政五年(一八五八)、種痘館(のちに幕府直轄の種痘所となる)を設立する。このお玉が池種痘所が、いまの東大医学部の出発点、なのだという。種痘所跡を記す碑が、町内の交差点と少し南方の加島ビル(一階は反物問屋)の所にある。
 周辺をじっくりと散策してみたところ、ほかにも「お玉」の面影を残す“物件”を見つけた。「お玉湯」という銭湯。ビル一階の銭湯だが、湯につかると往時のお玉が池の風景が想い浮かんできそうである。それともう一つ、種痘所跡の石碑の真ん前にあるウナギ料理屋の看板に、「あ玉が池」なるメニューを発見した。入って味わってみたところ、これは「お玉」にひっかけて、ウナギの頭を唐揚げにした珍味。店内には先の「江戸名所図会」に描かれた「お玉が池」の絵が飾られ、その名を付けたミニチュアの池まで設けられている。ちなみにこの店は弘化二年(一八四五)創業の老舗だが、店を始めた当時、すでにお玉が池は埋めたてられていたそうだ。

千代田区町名由来板 岩本二松枝町会

テキスト化

yuraichan
2015-03-15 22:45 (400)
yuraichan
yuraichan
2015-03-15 22:42 (904)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/03/15)
タグ: 不忍池 お玉が池 お玉が池児童遊園 東京都 千代田区
shijia (2014/09/01)
タグ: 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/03/15)
タグ: 大和町 東竜閑町 auto-translate 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
shijia (2014/08/31)
タグ: 東京都 千代田区
shijia (2016/04/18)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2016/01/23)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2016/01/23)
タグ: 太田道灌 auto-translate 千代田区町名由来板 柳原土手 東京都 千代田区
shijia (2016/04/18)
タグ: 千代田区町名由来板 神田須田町二丁目 auto-translate 東京都 千代田区
ogaworks (2014/12/11)
タグ: 千代田区教育委員会 橋 御府内備考 1892 神田川 和泉橋 藤堂和泉守 町名 1916 1927 帝都復興事業 東京都 千代田区