Monumento

世界遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落

gogo_mc2452

2015/03/16

タグ: 世界遺産 白川郷 五箇山 合掌造り 茅葺き家屋 富山県 南砺市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate World Heritage Shirakawa-go and Gokayama gasshou-zukuri settlement "Shirakawa-go and Gokayama gasshou-zukuri settlement' was listed in the 12/1995 based on the Convention on the protection of the world cultural and natural heritage of the UNESCO World Heritage list.
This means formally that heritage Gassho village is protected for the benefit of mankind as a universal value. "Shirakawa-go and Gokayama gasshou-zukuri settlement' world heritage consists, from the village of ftaira village ainokura and suganuma kamihira village and Shirakawa-Mura ogimachi.
In ainokura village, most North, 18 ha located in the shogawa River left bank of terraces, including behind the 雪持 forest is recognized as a world heritage site. And "Gassho-zukuri is a form of traditional houses with thatched-roof houses to use aggressively in the roof with gable forked neck (Borage) structure and seen also in Japan.
The steep roof withstand snow, also said to be born of the ingenuity of separate internal layers, use of sericulture, most developed a reasonable House form one thing. Beautiful landscape with its a-frame roof is a valuable cultural heritage, once in the village most of the neighborhood's a-frame house were side by side.
But only three things with this ainokura village is now leaving those landscapes.
Residents have kept this beautiful environment in a country that was Japan's economic growth, efforts are also now subject to evaluation. Right figure) World Heritage-ainokura Gassho

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 世界遗产白川方明去和五崮山 gasshou-神社建筑史结算
"白川乡和五崮山 gasshou-神社建筑史解决 ' 被列入基于的教科文组织世界遗产名录的世界文化和自然遗产保护公约 》 1995 年 12。这意味着正式那遗产合掌村保护作为一种普遍价值的人类的利益。
"白川乡和五崮山 gasshou-神社建筑史解决 ' 世界遗产包括从 ftaira 村庄 ainokura 和沼上平与白川方明 Mura 町的村庄。在 ainokura 村,大多数北 18 公顷位于 shogawa 河的左岸的梯田,包括背后的雪持森林被公认为世界文化遗产。
"合掌神社建筑史是一种形式的传统民居与茅草顶的房子,在屋顶山墙叉颈 (琉璃苣) 结构与也见于的日本积极使用。陡峭的屋顶顶着白雪,据说还心灵手巧的单独的内部层出生,养蚕、 最发达的使用合理的房子窗体一件事。
美丽的风景,用它的井架的屋顶是一份珍贵的文化遗产,一旦在村子里的邻居家的井架房子大多肩并肩。但是与这个 ainokura 村庄的只有三件事现在离开那些风景。
居民一直是日本经济增长的国家在这优美的环境,努力现在还受到了评估。
右图) 世界遗产 ainokura 合掌

世界遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落
 『白川郷五箇山 の合掌造り集落』は1995年12月ユネスコの「世界の文化及び自然遺産の保護に関する条約」に基づく世界遺産 リストに記載されました。このことは、合掌造り集落が人類の利益のために保護される遺産として、優れた普遍的価値があることを正式に意味します。
 世界遺産『白川郷・五箇山の合掌造り集落』は、平村相倉と上平村菅沼、白川村荻町の三つの集落から構成されています。相倉集落は、その中で最も北、庄川左岸段丘に位置し、背後の雪持林を含む18ha が世界遺産として認められています。
 「合掌造り」とは、「屋根内を積極的に利用するために、叉首(さす)構造の切妻造りとした茅葺き家屋」のことで日本のどの地域にも見られない民家の形です。その急勾配の大きな屋根は、積雪に耐え、また内部を何層にも分けて養蚕に利用するための工夫から生まれ、最も発達した合理的な民家形式の一つと言えます。
 合掌造りの大きな屋根が並ぶ美しい景観は、世界的に貴重な文化遺産で、かつてはこの近辺のほとんどの集落に、合掌造りの家が並んでいました。しかし現在、そうした風景を残しているのは、この相倉を含む三つの集落だけです。
 経済成長の著しかった日本という国で、この美しい環境を守ってきた住民の努力もまた、評価の対象となりました。
右図)世界遺産 相倉合掌造り集落

テキスト化

ogaworks
2015-03-16 23:45 (587)
ogaworks

コメント・周辺画像

gogo_mc2452 gogo_mc2452 5年以上

世界遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ