Monumento

日本橋魚河岸跡

o_nagayoshi

2008-09-18

タグ: 日本橋 江戸橋 魚河岸 関東大震災 東京都 中央区

案内板

auto-translate Japan bridge fish trail
Location of Chuo-ku, Japan Nihonbashi Muromachi 1-Chome 8th Street area There was discharged from Japan during the Edo bridge Japan bridge River along shogunate in Edo city consumed fish or salted fish 'fish'. Fish market opened here began 売りだした gozen's relish tsukuda Island fishermen raised to the Shogun and daimyo in the early Edo period remaining.
This fish, Japan bridge River along the Riverside fish market as the Central ship Cho, Odawara city, anjin town's ( current Muromachi 1-Chome, Honmachi 1-Chome area ) of opened in a wide range and were showing a great turnout.
It was one thing in particular, attended by many ships full of fish from various provinces of the coastal waters along the Japan bridge River fish are least central place lively fish market they stretch our snappy deal that speaks 148 a senryo trading day in the Edo most vibrant locations.
Open Hirata boats were alongside Pier seafood is transported with the fish followed by Edo Japan Bridge uses the Nihonbashi River with river-bank on trades and the lined plate (plate Shenzhou) table barn storefront retail space, has been buying and selling.
This fish moved to the current Tsukiji, target 12, ( 1923 ) after great Kanto earthquake, has developed into Tokyo Metropolitan Central wholesale market.
Now, in this place were the fish market, inscribed with the history of three hundred years ranging from the origin of the fish market monument was erected in the 0/1954 Japan Nihonbashi fish market participants, such as recorded in the inscription, right transfer, look for the prosperity of the past.
(Photo) Riverside fish market before the earthquake seen from the Japan bridge (left) and Edo bridge is back of the Nihonbashi River
3/2007 Central City Board of education

auto-translate 日本桥鱼踪迹
中央区 ku、 日本日本桥室町 1 丁目 8 街区域的位置
那里从出院日本期间江户桥日本桥河沿线幕府在江户城消耗鱼或腌的鱼 '鱼'。在这里开幕的鱼市场开始売りだした 御前津津有味佃岛渔民在早期提出的幕府将军和大名江户剩余时间。这种鱼,沿滨江鱼市场为中心的日本桥河船町,小田原市,安津镇当前室町 1 丁目本町 1 丁目地区 () 的范围广泛打开和显示了伟大的投票率。
它是一件特别是,来自各省的沿海水域沿日本桥河鱼类出席许多船满是鱼是他们伸展我们讲话 148 的爽快交易在江户最具活力的位置交易日 senryo 至少中央地方活泼的鱼市场。
开放平田小船旁边码头海鲜运输用其次是江户日本桥用途的鱼是日本桥河与河银行行业及衬的板 (板神舟) 表谷仓店面零售空间,已购买和销售。
移动到当前的筑地,目标 12、 1923年) 后关东大地震,这条鱼已经发展成为东京都市中心批发交易市场。
现在,在这个地方是鱼的市场,上面刻着的三百年来从鱼的起源历史市场座纪念碑竖立在 0/1954年日本日本桥鱼市场参与者,这种记录的题字,在权利转让,看过去的繁荣。
(照片) 滨江之前从日本桥 (左) 和江户桥看到地震后日本桥河的鱼市场
2007 年 3 月
中央市教育局

日本橋魚河岸跡
所在地 中央区日本橋室町一丁目八番地地域
 日本橋 から江戸橋 にかけての日本橋川沿いには、幕府や江戸市中で消費される鮮魚や塩干魚を荷揚げする「魚河岸 」がありました。ここで開かれた魚市は、江戸時代初期に佃島の漁師たちが将軍や諸大名へ調達した御膳御肴の残りを売りだしたことに始まります。この魚市は、日本橋川沿いの魚河岸を中心として、本船町・小田原町・安針町(現在の室町一丁目・本町一丁目一帯)の広い範囲で開かれ、大変な賑わいをみせていました。
 なかでも、日本橋川沿いの魚河岸は、近海諸地方から鮮魚を満載した船が数多く集まり、江戸っ子たちの威勢のよい取引が飛交う魚市が立ち並んだ中心的な場所で、一日に千両の取引があるともいわれ、江戸で最も活気のある場所の一つでした。
 江戸時代より続いた日本橋の魚河岸では、日本橋川を利用して運搬された魚介類を、河岸地に設けた桟橋に横付けした平田舟の上で取引し、表納屋の店先に板(板舟)を並べた売場を開いて売買を行ってきました。
 この魚河岸は、対象十二年(一九二三)の関東大震災 後に現在の築地に移り、東京都中央卸売市場へと発展しました。
 現在、魚河岸の有ったこの場所には、昭和二十九年に日本橋魚市場関係者が建立した記念碑が有り、碑文には、右に記したような魚河岸の発祥から移転に至るまでの三百余年の歴史が刻まれ、往時の繁栄ぶりをうかがうことができます。
(写真)日本橋から見た震災前の魚河岸(左端)と日本橋川の様子、奥は江戸橋
平成十九年三月
中央区教育委員会

テキスト化

monumento
2014-03-27 20:05 (653)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/01/29)
タグ: 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 日本橋 江戸幕府 徳川慶喜 重要文化財 道路元標 ルネサンス 佐藤栄作 auto-translate 東京都 中央区
hanacoco (2015/12/31)
タグ: 日本橋 街道 道 日本の道100選 建設省 起点 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 日本橋 江戸橋 魚河岸 関東大震災 江戸時代 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/28)
タグ: 夏目漱石 三四郎 こころ 奥島孝康 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 松尾芭蕉 小沢太郎兵衛 下里知足 東京都 中央区
hanacoco (2015/01/20)
タグ: 三越 ライオン像 1914 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/31)
タグ: 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/23)
タグ: 前島密 迫水久常 東京都 中央区