Monumento

稲荷神社 御由緒

cyberwonk

2015/03/21

タグ: 伏見稲荷大社 風土記稿 埼玉県 さいたま市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Shogun Shrine Kanaka Our company is commonly known as "Taki Inari Shrine" and has been worshiped as a guardian of the former bank village. Although the timing of the recommendation is not certain, it is said that it was worshiped by the Fushimi Inari Shrine of Fushimi Inari Shrine in Kyoto, and it can be seen from the existing building tag that the current main building is the construction of Tenpo 4 years (1833). In addition, it can be seen from the fact that this building note is "Fengoku Shogyu small first place multipolar Inari Daimyojin", it was already received the smallest rank of the rank at that time. In the Meiji 4 year, it became a village company, and in the same year in the year 27 relocated from the Shimonishi arable land hitting the village to the Indochinese arable land. This is the current company site, the shrine was westward at the time of relocation, and the approach road had passed to Nakasendo way with a width enough to pass the cart. By the way, this relocation was carried out inevitably, as the railroad was laid, the former site was hitting the site, soot smoke and firepieces from the steam locomotive had come down to the shrine. Later, in the Showa Era, we changed the shrine to the south, and our company was seen to be seen today. In "Fudo draft", our company is said to be "ownership of villagers", but there is no statement on religious affairs, but according to records such as building notes etc., the Nishikakai family of Musashi Ichinomiya Hikawa Shinko company will have at least the Tempo Year (1830 -44) I know that we have been carrying rituals over five generations. □ God of deity and deity ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ 0

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 幕府神社Kanaka我们公司俗称“Taki Inari神社”,并被崇拜为前银行村庄的监护人。虽然建议的时间安排是不确定的,但据说在京都的伏见义和神社的伏见义彦神社也受到崇拜,现有的建筑标签可以看出,现在的主楼是十年四十年(1833年)的建设。另外从事实上可以看出,这个建筑物笔记是“凤鸟Shogyu小第一名多元文化Inari Daimyojin”,当时已经获得了最高排名。在明治4年,成为一个村庄公司,同年27年,从西门町耕地到印度支那耕地,这是现在的公司网站,在搬迁的时候,神社是向西的,进场的路已经过了Nakasendo的方式,宽度足以通过车。顺便说一下,这个搬迁是不可避免的,铁路铺设的时候,前一个地方正在点火,烟火烟火从火车上下来,到了神社。后来在昭和时代,我们把这个神社变成了南方,我们公司今天被看见了。在“Fudo草案”中,我们公司被称为“村民所有权”,但没有关于宗教事务的声明,但是根据建筑物笔记等记录,武藏Ichinomiya Hikawa Shinko公司的Nishikakai家族至少将有Tempo年(1830年) -44)我知道我们已经举行五代仪式了。 □神与神之神___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ 0

稲荷神社 御由緒

 当社は、一般に「多子稲荷神社」として知られており、旧土手宿村の鎮守として祀られてきた社である。勧請の時期は定かではないが、京都の伏見稲荷大社 の分霊を祀ったものと伝えられ、現在の本殿は天保四年(1833)の建立であることが現存する棟札からわかる。また、この棟札には「奉正遷宮小一位多子稲荷大明神」とあることから、当時既に小一位の神階を受けていたことがうかがえる。
 明治四年に村社となり、同二十七年に村の南方に当たる字下西耕地から字下東耕地に移転した。これが現在の社地であり、移転当時は社殿は西向きで、参道は荷車が通れるほどの幅で中山道に抜けていた。ちなみに、この移転は、鉄道の敷設に際し、旧社地がその用地にかかり、社殿に蒸気機関車の出す煤煙や火の粉が降り注ぐようになったため、やむなく行われたものである。その後、昭和二十八年に至って社殿を南向きに改め、当社は今日見られるような姿になった。
 『風土記稿』では、当社は「村民の持」とされており、祀職に関する記載はないが、棟札等の記録によれば武蔵一宮氷川神社社家の西角井家が少なくとも天保年間(1830‐44)以来五代にわたって祭祀を行ってきたことがわかる。 
□ 御祭神と御神徳
 ●倉稲魂命・・・五穀豊穣、商売繁盛
□ 御祭日
 ●初午祭(三月初午)

テキスト化

tenma
2017-08-30 08:53 (556)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2017/08/01)
タグ: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
wawa (2017/08/01)
タグ: 長野無楽齋 埼玉県 さいたま市
wawa (2017/08/01)
タグ: 埼玉県 さいたま市
wawa (2017/08/01)
タグ: 明治天皇 聖武天皇 源頼朝 氷川神社 景行天皇 稲田姫命 孝昭天皇 須佐之男命 大己貴命 日本武尊 醍醐天皇 称徳天皇 成務天皇 埼玉県 さいたま市