Monumento

静桜(しずかざくら)

kawa_sanpo

2015/03/21

タグ: 静桜 静御前 日本花の会 静桜の里くりはし 静御前墓前祭 静御前遺跡保存会 auto-translate 桜 樹木 埼玉県 久喜市

案内板

auto-translate Shizuka Sakura (shizukazakura) Shizuka Sakura Shizuka gozen of flowers, as well as a number of rare and extremely valuable academic and cherry blossoms. Compared to is known as a kind of village cherry blossoms General cherry, flowering is late, the flowering in mid-April.
Flowers said flag valve during the five petals, the special bloom how to blend the petals evolved from the Stamen. Shows and other cherry flavor with different taste, has blossomed from this appearance looks at first glance, like mixed double and single. This cherry wood, Utsunomiya-Shi Nozawa. Yoshitsune 討死 to know the static in the local folklore, and headed for oshu, planted a cherry tree in Nozawa, nameless bodhisattva said of that name.
The graft is (goods) donated by the Japan flower Association, planted in this tomb.

Shizuka gozen 0/1993 Tomb Festival, began from the crypt cherry Scion by Japan flower Association of will made in the wake in kurihashi, Saitama static cherry as a symbol of the town up to increase the number of purposes "Shizuka Sakura no Sato and is" making promotes.
"Shizuka gozen grave Festival '
< Sponsored by Shizuka gozen relics preservation society "

9/15 hits Shizuka gozen's death every year is done.

Shizuka gozen is called white rhythm
--- Trees

auto-translate 静香樱花 (shizukazakura)
静香樱花静香 gozen 花,以及大量的稀有和极有价值的学术和樱桃开花。 相对于被称为一种村樱花一般樱桃,开花较晚,是在 4 月中旬开花。 花说国旗阀期间五片花瓣,特别绽放如何融入花瓣雄蕊从进化而来。
从这种外观看起来乍一看,像混合双打和单蓬勃发展节目和有着不同的味道,其他樱桃味。 这樱桃木,宇都宫石野泽。 义经討死知道静在当地民间传说,户主为 oshu,种植一棵樱桃树野泽,无名菩萨说的那个名字。 移植物是 (货物) 捐赠的日本花卉协会,在这座古墓。
静香午间 0/1993年清明,开始从土窖樱桃接穗由日本花卉协会将组成在栗桥被吵醒,埼玉县静态樱桃作为象征镇增加目的"静香樱花没有佐藤是"制作促进。

' 静香午间坟墓节 '
< 由静香午间文物保护学会赞助"
9/15 点击静香午间死亡每年是完成的。

静香午间称为白色节奏

---
树木

静桜(しずかざくら)
 静桜は、静御前 ゆかりの花であり、数の希少さとともに、学術的にもきわめて貴重な です。里桜の一種といわれていますが、ソメイヨシノのような一般の桜にくらべ、花期の訪れが遅く、4月中旬に開花します。花は、5枚の花弁の中に、旗弁といって、おしべが花びらのように変化したものが混じる特殊な咲きかたをします。
 このことから、開花した様子は、一見、八重と一重が混じったように見え、ほかの桜とは趣を異にした風情を見せています。この桜の原木は宇都宮市野沢にあります。地元の伝承では、奥州へと向かった静が、義経の討死を知り、野沢の地に1本の桜を植え菩薩を弔ったのがその名のおこりといわれています。その接ぎ木苗が、㈶日本花の会 から寄贈され、この墓所に植えられました。
 平成5年の静御前墓前祭で、日本花の会により墓所の桜から穂木が採られ、芽接ぎが行われたのをきっかけに、栗橋町では静桜を町のシンボルとして大切に育て、その数を増やすことを目的に「静桜の里くりはし」づくりを進めています。

静御前墓前祭
<主催 静御前遺跡保存会
 毎年静御前の命日にあたる9月15日に行われています。

静御前は白拍子と呼ばれる

---
樹木

テキスト化

hanacoco
2016-02-03 18:52 (8)
hanacoco
yuraichan
2015-03-25 08:25 (509)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/03/21)
タグ: 埼玉県 久喜市
cyberwonk (2014/11/15)
タグ: 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/03/21)
タグ: 地蔵尊堂 仲町一丁目自治会 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/05/30)
タグ: 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/05/30)
タグ: 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/05/30)
タグ: 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/05/30)
タグ: 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/03/21)
タグ: 栗橋 八坂神社社叢ふるさとの森 埼玉県 久喜市
kawa_sanpo (2015/05/30)
タグ: 利根川 鯉 埼玉県 久喜市