Monumento

夜泣き石 の伝説 よなきいしのでんせつ

kawa_sanpo

2015/03/28

タグ: 夜泣き石 auto-translate 石 栃木県 日光市

案内板

auto-translate Cry rock legend legend without insulators.
Let's talk baby colic stone as the local folk.
First is the story of the first one. "I wonder what this child did not. Have a sleepless night, crying through the night.
Because of bugs or avoid? " Doctor's medication and ascetic devotion, not effective. Troubled mother slipped out of House secretly at night, go to Oishi, and asked "to"Please stop this child cry. No wonder then that child crying and healed from that night.
This is reputable and that Oishi, known as fussing stone, became guardian deities of children.

So let's talk about the second one? So I did not notice that 摘mama nose and a dark rainy night; From Yamauchi visited the acquaintance of Boston alone Yongle. Along the way, not from where the sound is heard. Wondering around and listening to the sound is coming from the grass underfoot. ... In abandoned children, and he felt around in but do not know the voice. Quiet for a while are and what wonder, in front of a large stone cries out in the. On ears that Oishi and this reputation still people came in the middle of the night, the subject of was.
Some day that Oishi cry stone called as was likely.
(Written by Hoshino riichiro "ancient practices and the legend" from)

auto-translate 哭没有绝缘子岩石图例。
让我们谈论婴儿绞痛石头作为当地民俗。
首先是第一个的故事。
"我不知道这个孩子做了什么不。 有一夜未眠,彻夜哭泣。 由于 bug 或避免吗?"
医生的用药和苦行僧奉献,不有效。 多事的妈妈在晚上偷偷溜出房子,转到大石,并问",请停止这孩子哭"。 那就难怪那孩子哭,从那天晚上治好了。 这是信誉良好和那大石,称为大惊小怪石头,成为儿童守护神。
那么我们来谈谈第二个呢?

所以我没有注意到那摘mama 鼻子和一个黑暗的雨夜; 从山内参观波士顿独自永乐的熟人。 一路走来,不是从哪里听到的声音。 游荡,听声音来自脚下的草。 ......在被遗弃的儿童,和他摸来摸去的但不是知道声音。 安静了一会儿,不知道什么,在一块大石头在呼喊。 大石和这个声誉仍然人了半夜的耳朵的主题上。 某一天可能称为那大石哭石头。
(由星野 riichiro"古老的习俗和传说"从写)

夜泣き石 の伝説 よなきいしのでんせつ
 ふたつほど地元に伝わる「夜泣き石」のお話をしましょう。
まず一つ目のお話。
「いったいこの子はどうしたのだろう。昨夜は泣き通しで、一睡もしない。虫のせいか、それとも風邪引きか」
 医者の投薬も行者の虫封じも、効き目がない。困った母親は、夜中ひそかに家を抜け出し、大 のところに行くと、「どうか、この子の夜泣きが止まりますように」とお願いした。すると不思議、その晩から、子供の夜泣きがぴたりと直ってしまった。このことが評判になると、その大石は、「夜泣き石」と呼ばれて、子供の守り神になったそうな。
 それでは二つ目のお話。

鼻と摘ままれても判らないほど真っ暗な梅雨の一夜のこと。山内から独りの住持が久次良の知人を訪ねた。途中、どこからともなく、鳴き声がきこえてくる。辺に思って耳を澄ますと、鳴き声は、足元の草むらから聞こえてくる。もしや捨て子では、と手探りであたりを探したが、声の主はわからない。しばらく静かににていると、何と不思議、自分の前にある大きな石から泣き声が出ているではないか。このことがやはり評判になると、人々は夜中にやってきては、その大石に耳を当てがうのだった。いつしか、その大石は「夜泣き石」と呼ばれるようになったそうな。
(星野理一郎著『故実と伝説」より)

テキスト化

hanacoco
2016-02-03 21:18 (545)
hanacoco
hanacoco
2016-02-03 18:53 (3)
hanacoco
hanacoco
2016-01-31 15:52 (5)
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 石 auto-translate 蓮華石 お坊石 花石町 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
タグ: 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2016/02/16)
タグ: 栃木県 日光市