Monumento

■戸田ボートコース聖火台■

kawa_sanpo

2015/03/29

タグ: 戸田ボートコース聖火台 戸田市立郷土博物館蔵 埼玉県 戸田市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Toda boat course cauldron ■

This cauldron is used as was held in the 10/1964 '18 Olympic Tokyo meeting of' boat arena cauldron.

Made of cast metal, the size is 一_四 m and 一_四 m in diameter at the top.

Is the size of two-thirds of the cauldron (Showa 33, installation) provided to the national stadium's main hall (Tokyo, Japan) is in the same design was produced both in Kawaguchi City Foundry.

Flames were divided from the torch was lit at the national competition at cauldron on October 10 opening ceremony from front of Toda and relayed by three runners, was ignited the cauldron 11, 9:30.

Shimmering torch under the over five days from the day the 27 countries, travelled to rowing competitions of heptathlon hot 101 crew. (Toda City Folk Museum)

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 户田拓夫船课程大锅 ■

这个锅用作举行 10 民国 '18 奥运东京会议的' 船舞台上主火炬。

由铸造金属制成,大小为一_四 m 和一_四 m 在顶端直径。

三分之二的大锅 (昭和 33,安装) 提供给国家体育场主殿 (日本东京) 的大小是在同一制得的设计无论在川口市铸造。

火焰分为从火炬点燃了在全国大赛在主火炬 10 月 10 日开幕式从前面的户田和中继由三个赛跑者,点燃了主火炬 11,9:30。

闪烁火炬下了五天的 27 个国家,前往划船比赛的七项全能热 101 乘员组。

(户田市民俗博物馆)

戸田ボートコース聖火台

 この聖火台は、昭和三十九年十月に開催された「第十八回オリンピック東京大会」のボート競技場の聖火台として使用されたものです。

鋳物製で大きさは、上部直径一・四m、高さ一・四mです。

 主会場の国立競技場(東京都)に設けられた聖火台(昭和三十三年設置)の三分の二の大きさですが、同じデザインでいずれも川口市内の鋳物工場で製作されました。

 十月十日の開会式に国立競技場聖火台に灯された聖火から分けられた炎が、当時の戸田町役場前から三人の走者によってリレーされ十一日午前九時三十分に聖火台に点火されました。

 このきらめく聖火のもと、同日から五日間にわたり、二十七か国、百一クルーが七種目のボート競技を熱く繰り広げました。

戸田市立郷土博物館蔵

テキスト化

yuraichan
2015-03-30 21:14 (332)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/03/29)
タグ: 戸田橋 増田淳 板橋区小豆沢公園 戸田橋親水公園 埼玉縣 戸田市教育委員会 埼玉県 戸田市
shin_chan (2018/04/05)
タグ: auto-translate 39 橋 花崗岩 戸田市教育委員会 東京オリンピック 埼玉県 戸田市
kawa_sanpo (2017/08/03)
タグ: ocr-generated 埼玉県 戸田市
kawa_sanpo (2016/10/16)
タグ: ocr-generated 埼玉県 戸田市