Monumento

真田幸村

jishiha

2014/04/02

タグ: 徳川家康 真田幸村 武田信玄 上田城 豊臣秀頼 長野県 上田市

案内板

auto-translate Sanada Yukimura The Sanada Clan Ueda North, current Ueda city Shin Tanaka, showed up to serve Takeda Shingen was a manor with a home in the town, but, when the end of the warring States period yukitaka inroads to the Shinano. Is the Sanada Clan as a retainer of the Takeda clan, agatsuma County by two generations of yukitaka, Masayuki Sanada away from beyond the pass on the national (Gunma prefecture), Numata (tone-gun) and laid the forces. And in the confusion caused by the spate of Takeda 0/1582 (1582) and ODA both men fall Sanada Masayuki is between the powerhouses that around Uesugi-Hojo and Tokugawa showing the remarkable work, extends the power. 0/1583 (1583) to get started on Ueda Castle, Ueda basin to the heart, chiisagata-gun region also scored under the rule.
Sanada area thus formed is less than is 100000 stone is on was one of vast spans of 2 Park, while Ueda Numata also is about 100 km. It is famous for was, his second son, Masayuki as Sanada Yukimura. Yukimura was swept by Tokugawa Ieyasu took over the country after the 0/1600 (1600) on the Ueda Castle besieged warfare (part of the Sekigahara battle), along with his father, Masayuki Koyasan. And was invited by Toyotomi Hideyori after the foot of nine degrees lived on the mountain long, was against Japanese Tokugawa vigor in the Osaka winter and summer the both team. Yukimura was 討死 here, but as saying the "Sanada, Japan's soldiers and heroism became been passed to posterity long after.

auto-translate Sanada 行村
Sanada 氏族上田北,当前上田市 Shin 田中达显示服务武田信玄是同一个小镇,但结束了战国各国期间幸隆进入到信浓的家的庄园。是作为固定的武田幸隆,雅之 Sanada 远离超越国家 (群马县专区),通过两代 agatsuma 县 Sanada 氏族沼 (音枪) 和奠定了力量。在一连串的武田 0/1582年所造成的混乱中 (1582) 和官方发展援助 Sanada 雅之强国,围绕 Uesugi 胡州和德川显示的杰出工作,扩展电源之间是两个男人秋天。0/1583年 (1583),开始实施的城堡上田上, 田盆地到心脏,小县枪地区统治下得分也。Sanada 因而形成面积小于 100000 石头是上是巨大跨度为 2 公园之一但上田沼也是大约 100 公里。
它是著名的是,他第二个儿子,作为 Sanada 行村正之。行村由清扫德川家康接管该国后的 0 1600年 (1600) 在上田城堡围攻战 (关原之战的一部分),以及他的父亲,雅之高野山的观光旅游。应邀由丰臣秀英顺后的脚九度住在山上长,是反对日本德川活力在大阪冬天和夏天的这两个团队。行村是討死,在这里,但话说"Sanada,日本士兵和英雄主义成为了被传递给后人很久之后。

真田幸村
真田氏は上田の北、現在の上田市真田町に本拠をもつ領主でしたが、戦国時代末の幸隆のときに、信濃へ進出してきた武田信玄 に仕えて頭角を現しました。武田氏の家臣として、真田氏は幸隆・昌幸の2代で真田の地から峠を超えた上野国(群馬県)の吾妻郡や沼田(利根郡)にかけて勢力を築いたのです。そして、天正10年(1582)の武田・織田両氏の相次ぐ滅亡による混乱の中で真田昌幸は、周辺の上杉・北条・徳川という強豪のはざまにあって目覚ましい働きをみせ、その勢力をさらに拡大します。天正11年(1583)には上田城 築城にとりかかり、上田盆地を中心とする小県郡一帯ををもその支配下におさめました。こうして成立した真田領は石高は10万石足らずですが、上信の2園にまたがり、上田沼田間だけでも約100kmもあるという広大なものでした。
真田氏としては、昌幸の次男であった幸村が有名です。幸村は慶長5年(1600)の上田城籠城戦(関ヶ原合戦の一環)後、天下を取った徳川家康 によって父・昌幸とともに高野山に流されました。そして、その山麓の九度山で長く暮らした後、豊臣秀頼 に招かれ、大阪冬・夏の両陣に於いて、徳川勢を相手に大活躍しました。幸村はここで討死しましたが、「真田、日本一の兵」と言わせた程の武勇は、その後永く後世に語り継がれることとなりました。

テキスト化

monumento
2014-04-14 22:37 (572)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

jishiha (2014/04/02)
タグ: 長野県 上田市
itog (2015/10/10)
タグ: 上田まち物語 長野県 上田市
itog (2015/12/30)
タグ: 長野県 上田市
itog (2015/12/30)
タグ: 長野県 上田市
itog (2015/12/30)
タグ: 長野県 上田市
itog (2016/08/20)
タグ: auto-translate 校歌 長野県 上田市
itog (2016/08/20)
タグ: 上田市教育委員会 松平忠済 長野県 上田市
itog (2016/08/20)
タグ: 長野県 上田市
itog (2015/10/06)
タグ: 上田まち物語 長野県 上田市