Monumento

東京駅の「銀の鈴」の歴史

monumento

2014-01-29

タグ: 東海道新幹線 長野新幹線 宮田亮平 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Tokyo station 'Silver bells' history
(Original)
6/1968
0/1964 Tokai road Shinkansen opened after the guests that more customers are triggered, in the designed Tokyo station employees, 'Silver bells' meeting place was born 1st Tokai road Shinkansen transfer ticket ago.

The first generation was handmade papier-mâché, make a Bell type in bamboo, decorated with foil.
(Hence the silver Bell)
Of worship from the shaking tie bells at the shrine to call God is a thing.

Since ancient times, as well as Bell is God, and being used as a tool to call attention to the Bell was produced as a symbol of the meeting place.
(Age 2)
11/1969

Approximately one and a half years after casting from the No. 1 teen first birth of homemade produced in copper, was shedding bells up to 3/1978.
(3rd generation)
2/1985
From Tokyo station area society as a famous city 30th anniversary was donated to Tokyo station and 1 floor with construction complete of Yaesu Yaesu central meeting place was established.

8/1994, along with the Nagano Shinkansen (2004 9-year clinic) 76 construction was moved to present location.
(4's eyes)
10/2007 Tokyo station is reborn "Tokyo ステーションシ properties of the birth is 4th generation produced by the machine to the Tokyo University of the arts, President, Goldsmith and Mr. ryohei Miyata's 'Silver bells' (shares) was donated to the railroad House.

auto-translate 东京车站 '的银色铃铛' 历史
(原)
6/1968 年
0/1964年东海道新干线后客人打开触发更多的客户,在设计东京车站员工,开会的地方出生 1 日东海道新干线转让车票前的 ' 银色铃铛'。
第一代是手工制作纸型,在竹、 装饰用铝箔使响铃类型。

(因此,银钟)
从颤抖的领带响铃在神社打电话给神崇拜的是一件事。
自远古时代,以及贝尔是神,和被用作一种工具来调用注意到钟制作了作为会议地点的象征。

(2 岁)
11/1969 年
大约一个半年后从号 1 青少年第一个出生的自制铸造生产的铜,到 3/1978 年起脱落响铃。

(第三代)
2/1985
从东京火车站地区社会作为一个著名的城市东京车站和 1 楼,建设完整的东京站八重洲东京站八重洲中央开会的地方成立捐赠的 30 周年。
8/1994 年,与长野新干线 (2004年 9 年诊所) 76 建造移到现在位置。

(4 的眼睛)
2007 年 10 月
东京车站是重生"诞生的东京 ステーションシ 属性第 4 代由产生到东京大学的艺术,总统、 金饰和先生龙平宫田的 '银色铃铛' 的机 (股) 捐赠的铁路的房子。

東京駅の「銀の鈴」の歴史
(初代)
昭和43年6月
昭和39年の東海道新幹線 開業以降、お客さまが増えたことをきっかけに、東京駅社員による考案で、「銀の鈴」待ち合わせ場所が1階の東海道新幹線乗換え改札前に誕生しました。
第1代目は手製の張子で、竹で鈴の型を作り、銀紙で装飾したものでした。

(銀の鈴の由来)
神社で鈴をつけた紐を揺すってから拝むのは、神様を呼ぶためのものだそうです。
古来、鈴は神様だけでなく、人を呼び、注意を促す道具として使われており、待ち合わせ場所のシンボルとして鈴が制作されました。

(2代目)
昭和44年11月
手製の第1代目誕生から約1年半後に鋳銅製で制作され、昭和53年3月まで鈴の音を流していました。

(3代目)
昭和60年2月
東京駅名店会より名店街30周年記念事業として東京駅に寄贈され、1階八重洲中央待合せ場所の改良工事完成と共に設置されました。
平成6年8月に、長野新幹線(平成9年開業)乗入れ整備に伴って、現在地に移転されました。

(4代目)
平成19年10月
東京駅が生まれ変わる「東京ステーションシティー」の誕生を機に、東京藝術大学、学長、金工家・宮田亮平 氏による制作の4代目「銀の鈴」が(株)鉄道会館より寄贈されました。

テキスト化

monumento
2014-04-13 12:12 (520)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/12/20)
タグ: 三菱 赤煉瓦 1968 auto-translate 東京都 千代田区
hanacoco (2016/01/29)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/24)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2016/09/09)
タグ: 徳川家康 太田道灌 東京都 千代田区
hanacoco (2015/01/10)
タグ: 太田道灌 auto-translate 朝倉文夫 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/19)
タグ: 東京市 東京府 auto-translate 東京都 千代田区
hanacoco (2016/05/09)
タグ: 徳川家康 オランダ auto-translate リーフデ号 ヨーステン ヤンヨーステン 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/12/20)
タグ: 徳川家康 太田道灌 江戸城 北条氏 皇居 国民公園皇居外苑 特別史跡 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/30)
タグ: 1947 東京駅 中村順平 本郷新 田畑一作 建畠覚造 白井謙二郎 北地莞爾 中野四郎 東京都 千代田区