Monumento

玉川上水

kawa_sanpo

2015/04/11

タグ: 徳川家康 玉川上水 新宿区教育委員会 神田上水 東京都 新宿区

案内板

auto-translate Tamagawa josui Built to the Kanda josui Tokugawa Ieyasu enters Edo 0/1590 (1590) and soon the water supply of the city.
This is head of Foundation as the water downstream from the Weir Sekiguchi, and take advantage of the Kanda River water to the pond.
0/1654 (1654) was completed in June, and afterwards, West and South of Edo Castle's water supply purposes shogunate to Edo tradesman Tamagawa Zhuang Emon-Ching right Mamoru gate brothers construction undertake in the Jade river water.
Water Hamura Tama River Weir is installed and water constructed here Naito Shinjuku is 43 km canal, the ideal stone gutters and wooden water pipes buried underground in here during the Edo city., with to, in addition to water supply to the city in the Edo along the way in more than 30 places estimated and was available in the rice field, development of the Musashino plateau.
Tamagawa brothers encountered many difficulties on the way, but even today construction Chief kawagoe feudal Lord Matsudaira Izu Mamoru vassal yasumatsu money right Mamoru gate of cooperation, after all is said about five months a year, hard short finished happy.

Sediment by digging out on both sides of the Canal Bank and then stacked, cherry blossom trees, such as the (KOGANEI, etc), at the time where holidaymakers of the Edo people had also become.
3/1997 Shinjuku City Board of education

auto-translate 多摩川如水

神田建如水德川家康进入江户 0/1590年 (1590) 和很快的城市供水。这是团长基金会作为水的下游,从堰关口和神田河水利用到池塘里。
0/1654年 (1654) 建成年 6 月和之后,西部和南部的江户城堡供水目的幕府到江户商人多摩川庄 Emon 清右卫门兄弟建设从事玉河水。
水 Hamura 多摩川堰安装并建在这里的水内藤新宿 43 公里运河、 理想石排水沟和木制水管埋在这里的地下期间江户城。 与以,除了水供应给在路上在超过 30 个名额估计江户城在稻田武藏野高原发展可用。
多摩川兄弟遇到许多的困难,在路上,但即使在今天建设首席川封建主 Matsudaira 伊豆守藩为钱右卫门合作,毕竟说一年,大约五个月硬短完快乐。
由双方的运河岸边,然后层层叠叠、 樱桃开花的树,如江户人度假也已成为当时就 (小金井,等) 挖出的泥沙。

3/1997
新宿市教委

玉川上水

 徳川家康 は、天正十八年(一五九〇)江戸に入ると間もなく市中の給水をするために神田上水 を造った。これは井の頭池を水源とする神田川を活用し、関口の大堰より下流を上水として造成した。
 その後、江戸城の西部と南部の給水を目的に幕府が江戸の町人玉川庄衛門・清右衛門兄弟に工事を請け負わせ、承応三年(一六五四)六月に完成したのが玉川上水である。
 上水は多摩川の羽村に堰を設けて取水し、ここ内藤新宿の水番所まで四十三キロメートルは堀割で、ここより江戸市中には地下に石樋・木樋といった水道管を埋設し通水したもので、江戸市中への給水のほか、途中三十余ヶ所で分水され、武蔵野台地の新田開発にも利用された。
 玉川兄弟は、途中幾多の困難に遭遇したが、工事の責任者川越藩主松平伊豆守の家臣安松金右衛門の協力もあり、結局一年五ヶ月程という、現在でも難しいほどの短期間で完成させている。
 掘削によってでた土砂は掘割の両側に堤として積み上げ、桜並木などをつくり(小金井など)、当時江戸の人々の行楽の場所ともなっていた。

 平成九年三月
 新宿区教育委員会

テキスト化

yuraichan
2015-04-12 09:42 (472)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/04/11)
タグ: 高松喜兵衛 内藤新宿 東京都 新宿区
shijia (2016/04/20)
タグ: 東京都 新宿区
kawa_sanpo (2015/04/11)
タグ: 田安稲荷神社 鎮護稲荷神社 四谷永住町 田安徳川家 御三卿 四谷四丁目町会 田安鎮護稲荷神社奉賛会 東京都 新宿区
monumento (2014/03/18)
タグ: auto-translate 田中芳男 東京都 新宿区
hanacoco (2015/12/25)
タグ: 東京都 新宿区
hanacoco (2015/12/25)
タグ: 東京都 新宿区
monumento (2014/03/18)
タグ: 皇室 新宿御苑 東京都 新宿区
kago (2015/02/07)
タグ: 東京都 新宿区
gotosheng (2016/10/23)
タグ: 坂 東京都 新宿区