Monumento

青梅橋

cyberwonk

2015/04/18

タグ: 玉川上水 橋 青梅街道 小平市教育委員会 小平郷土研究会 東京都 小平市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Umebashi This bridge is located 20 km from Ome Ome from the origin of Ome Highway and 25 Km from the Yotsuya end point. In the 4th year adaptation (1655), the Ome road was crossed for the water for the fire stopped from the Tamagawa Koizumi It was bridged to do. It was a wooden bridge about 2.5 meters in width and about 4 meters in length stiffened on both sides by a stone but in the Showa era it was replaced by concrete. After bridging over 300 years the bridge was demolished and only the name of Ome Bridge remained. This is due to the opening of the Higashimurayama water purification plant in May 1968, the introduction of water from Tamagawa Kamimizu became a culvert using a field flame to the immediate downstream of this bridge. Later, the nearby Seibu Hajima Line Ome Bridge Station was renamed to Higashiyamasu Station on March 25, 1954, and now the place name is being erased. In the meantime, from this bridge to Maruyamadai there was a row of cherry blossoms called Senbonkakura planted in a line in the center of the road about 20 meters wide for 4 kilometers. It is said that the number is good, the age is good, as good as the cherry blossoms of Koganei Tsutsu, and it is said that in the season, it was said that the crowds crowded with people from the nearby town. As for this row of cherry blossoms left unexpected until the war, there are no remnants of it now. From the Ome Bridge through this row of cherry blossoms, Old Ome road leading to Hakonegasaki, now went and flew and intermittently left that road. On behalf of this, the road along the Sayama hills below the former village prospered, the road from the Nara Bridge to the south to the Ome Bridge became known as the Oume road a few times. From the Ome Bridge to one house in Maruyamadai there is no house and in the difficult place inside the Ome road, at night it rushed to the dangers of burglary pursuit and asked for an inn in Hakone gigasaki and Ogawa while the sun was out I can not think about now, such as a traveler of a long ago. March 2006 Kodaira-shi Board of Education Kodaira Regional Study Group

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Umebashi的桥路20 km出发青梅路青梅,位于终点四谷25公里1655年(1655),该Nobidome水,这是从玉川分流,青梅海道交我们挂在了。宽2.5米左右,两岸凝固岩石的工作,是长度约4米的木制的桥,但已更换挂在一个具体的成为昭和。桥被拆毁后,已有300多年了交联,离开青梅大桥的唯一名字。这是由于东村山污水处理厂在1963年5月通车,水从玉川的摄入量,因为这是使用Nobidome运河就在桥的下游涵洞。在那之后,也靠近西武拜岛线青梅桥站,更名为东大站1979年3月25日,现在,甚至消失的地名。过去的日子,从这个桥上Maruyamadai,有在约20米道路宽度的中心超过4公里栽在一排樱花树叫做Senbonzakura一行。被称为数字,被称为老,但伟大的,不逊于樱桃小金井堤,季节,据说有津市挤满了邻县人民的赏樱。也是在那个已经离开了点缀战前这个樱花树,它并没有离开现在连痕迹。从青梅大桥过樱桃树,老青梅高速公路通往Hakonegasaki,成了现在只能断断续续离开这条道路冷清。蓬勃发展下沿从Hakonegasaki代表这个老村Sayamakyuryo的样子,一直到青梅大桥断裂从Narahashi南方现偷着叫青梅海道。从青梅大桥到一个房子Maruyamadai有没有房子,在青梅路一个危险的地方,赶紧入室强盗的危险道路如果两个晚上,问客栈Hakonegasaki并用了一天流一那的这样昔日的旅客,在这现在被认为。三月18年小平市教育邓小平区域研究小组委员会

青梅橋

 この は、青梅街道 の起点青梅から20キロメートル、終点四谷から25キロメートルのところに位置し、承応4年(1655)、玉川上水 から分水された野火止用水を、青梅街道が横断するために架けられました。両岸を石組で固めた幅約2.5メートル、長さ約4メートルの木造の橋でしたが、昭和になってコンクリート製に架け替えられました。
 架橋されて300年余り後に橋は取壊され、青梅橋の名のみが残りました。これは昭和38年5月の東村山浄水場の開設にともない、玉川上水からの水の取り入れが、この橋のすぐ下流まで野火止用水路を利用した暗渠となったためです。その後、近くの西武拝島線青梅橋駅も、昭和54年3月25日に東大和市駅と改名され、現在では、地名すら消えつつあります。
 往時、この橋から丸山台まで、4キロメートルにわたって幅約20メートルの道の中央に一列に植えられた千本桜と呼ばれる桜並木がありました。その数といい、樹齢といい、小金井堤の桜に劣らぬすばらしいもので、季節には、近郷の人々の花見で賑ったといわれます。戦前まで点々と残っていたこの桜並木も、今はそのおもかげすら残っていません。
 青梅橋からこの桜並木を経て、箱根ヶ崎に至る旧青梅街道は、今はさびれて断続的にその道を残すだけとなりました。これにかわって箱根ヶ崎から狭山丘陵下旧集落沿いの道が栄え、奈良橋から南に折れて青梅橋までの道が、いつしか青梅街道と呼ばれるようになりました。
 青梅橋から丸山台の一つ家までは人家がなく、青梅街道中の難所で、夜ともなれば夜盗追いはぎの危険に道を急ぎ、日のあるうちに箱根ヶ崎や小川に宿を求めたという昔日の旅人のことなど、今では考えられません。
平成18年3月
小平市教育委員会
小平郷土研究会

テキスト化

tenma
2017-05-29 14:40 (740)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/05/14)
タグ: 玉川上水 小平市教育委員会 東京都 小平市
kago (2015/05/17)
タグ: 日枝神社 山王さま 日吉山王宮 小平市教育委員会 小平郷土研究会 東京都 小平市
wawa (2017/10/11)
タグ: ocr-generated 東京都 小平市
wawa (2017/10/11)
タグ: ocr-generated 東京都 小平市