Monumento

初音森神社由緒

kawa_sanpo

2015/04/18

タグ: 太田道灌 豊受比売命 宇迦之魂神 東京都 中央区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate History of 音森 shrine This shrine is n. and Yamamoto h. years (circa 1330) wound shrine is, Yutaka amenouzume ratio (Woo desciple, soul of God) enshrined. Civilization year big shrine built by Ōta dōkan publicly. At that time known as 初音之里 oshu-Kaido Maru forest of cinnamomum camphora tree overgrown i.e. after miku forest current bakurocho ranged around the intersection of Yasukuni Street. This conduct oneself on YT and meet even day 4 bridge part, Bakuro-Yokoyama-Cho, town is located in the Center, attracted the faith as a near deity by a shrine was erected. Astronomy (d) before the year Yes Yes (1551), Baba, hyoutan Festival made, learn about events, etc., Tensho diary is hatsune Baba (bakurocho) at that time located in Bakuro-Takagi genbei deposit record. Entered after the Tokugawa shogunate, the ownership changed to Sumida-ku, Chitose Mitsuke bandokoro (Asakusa Mitsuke gate) building scrapes the ground halfway after the great fire of 0/1657 further, the grooming area (to protect the shrine Temple) Kanto counties in house site, currently has headquarters and the new Palace. Range today. Showa (d) be part of the 旧蹟 three years this, erected a shrine at the (local) 0/1973 1 (d), temples and rituals of the modern architecture.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 音森靖国神社的历史

这座神殿是 n.和山本 h.年 (公元 1330) 伤口神社是,所载丰 amenouzume 比率 (Woo desciple,上帝的灵魂)。 文明年大神社公开由 Ōta dōkan。 在这段时间称为初音之里 oshu 街渡丸林樟香樟树后初音未来森林当前马喰町范围的靖国街交叉点附近即杂草丛生。 这做人上 YT 和满足甚至天 4 桥部分,马喰町横山,镇座落在中心,当附近的神社神建成吸引的信念。 年是的是的 (1551) 巴巴,hyoutan 的节日了之前, 的天文学 (d) 了解事件等,天祥日记是初音巴巴 (马喰町) 当时位于马喰高木玄平存款记录。 进入后,德川幕府,所有权改为购物广场,千岁见附 bandokoro (浅草见附门) 建设擦伤地面半路后 0/1657年大火进一步,梳洗区 (以保护寺庙神社) 府遗址,关东县目前有总部和新的宫殿。 今天的范围。 昭和 (d) 是旧蹟的一部分三年这,竖立在 (本地) 0/1973年 1 (d) 的寺庙和宗教仪式的现代建筑的神社。

初音森神社由緒

当神社は元弘年間(一三三〇年頃)に創祠され、豊受比売命宇迦之魂神)を祀る。文明年中太田道灌 公により大社殿が建てられた。当時初音之里と呼ばれ奥州街道添い樟木等の生い茂った森、すなわち後の初音の森が現在の馬喰町靖国通り交差点の辺りであった。尚この処を初音の里と稱え日本橋四之部、馬喰町、横山町はその中心に位置し、社殿建立によって付近の産土神として信仰をあつめた。天文ニ〇年(一五五一)社前に馬場が出来、初午祭には馬追いの催し等が行われ、天正日記に初音の馬場を当時の博労(馬喰)高木源兵衛預りの記録がある。徳川幕府の入府後、この所が見附番所(浅草見附門)建設にあたり境内地の半分程が削られ、更に明暦三年の大火後、その別当地(神社をお守りする寺)も関東郡代屋敷用地となり、現在本社のある墨田区千歳に替え地を拝領し遷宮。今日に及ぶ。昭和ニ三年旧蹟の一部であるこの所(現地)に神社を建立し、昭和四八年一ニ月神殿及び儀式殿を近代建築とした。

テキスト化

tenma
2016-12-01 11:57 (425)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/11/09)
タグ: 関東群代 常盤橋門 馬喰町郡代屋敷 勘定奉行 馬喰町御用屋敷 群代屋敷 徳川家康 auto-translate 東京都 中央区
wawa (2019/03/25)
タグ: 江戸幕府 浅草 江戸城 見附 寛永 神田川 奥州街道 浅草観音 浅草橋 浅草御門 浅草御門橋 東京都 台東区
shijia (2016/04/18)
タグ: 下町まちしるべ 浅草橋 auto-translate 旧町名由来案内 東京都 台東区
kawa_sanpo (2014/11/23)
タグ: 新田義貞 笹塚伊賀守重廣 東京都 台東区