Monumento

東京都指定有形文化財(彫刻) 銅造地蔵菩薩坐像 (江戸六地蔵の一)

kawa_sanpo

2015/04/18

タグ: 東京都教育委員会 東京都指定有形文化財 太田正義 auto-translate 江戸六地蔵 地蔵坊正元 太田駿河守藤原正義 銅造地蔵菩薩坐像 東京都 台東区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tangible Cultural Property (sculpture) designated by the Tokyo Metropolitan Government Copper Jizo Bodhisattva sitting statue (1 of Edo Roku Jizo) Location 2-12-13 Higashiasakusa, Taito-ku Designated May, 1914 Name August 3, 1945 Change Edo Roku Jizo was created by Masamoto Jizobo of Fukagawa, who applied for construction in appreciation of the healing of his illness, collected the purification of many people, and solicited it to six locations in Edo City. From the inscription on the whole body, it can be seen that it was cast by the founder Masayoshi Ota Suruga in Kanda Nabemachi. The height of this statue is 2.71 meters, and it was erected in the second Hoei 7th year (1710) after Shinagawa Temple. While the other Rokujizo have been handed over, the record shows that the surface of the statue was sanded on the texture of the cloth, and the gold leaf was placed on top of the lacquer of the valve pattern color. Due to a long period of wind and rain, the damage was significant, so restoration work was carried out in 1999. A small bronze statue of the Bodhisattva Bodhisattva, etc., still exists as a Buddha in the womb. The Edo Roku Jizo is as follows. Shinagawaji Shinagawa-ku Minami-Shinagawa 3-chome Taisoji Shinjuku-ku Shinjuku 2-chome Shinshoji Toyoshima-ku Negamo 3-chome Reiwaji Koto-ku Shirakawa 1-chome Eidaiji Koto-ku (disappearance) Tokyo Metropolitan Cultural Property Protection Ordinance (3rd year of Showa 51) The designated type of cultural property has been changed from Tokyo Shigeho to Tokyo designated tangible cultural property due to the revision on the 31st of March), so please read the stone sign in this way. March 29, 2002 Tokyo Metropolitan Board of Education --- Masayoshi Ota Suruga Ota Masayoshi Fujiwara Jizobo Masamoto Edo Roku Jizo

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 东京都指定的有形文化财产(雕塑)铜制地藏菩萨雕像(江户Roku地藏1)所在地台东区东浅草2-12-13 1914年5月指定姓名1945年8月3日变更江户Roku地藏由深川的正本治保(Masamoto Jizobo)申请建筑以感谢他的病的治愈,他收集了许多人的净化物,并将其征集到江户市的六个地方。从整个身体上的铭文可以看出,它是由神田那边町的创始人小田正雄(Masayoshi Ota Suruga)铸造的。这座雕像的高度为2.71米,是在品川寺之后的第二个会安七年(1710年)建成的。当另一把Rokujizo移交时,记录显示雕像的表面在布料的质地上被打磨,金箔被放置在具有阀门图案颜色的漆的顶部。风和雨,造成的破坏是巨大的,因此在1999年进行了修复工作。菩萨的小铜像菩萨是铜制的,仍然是子宫中的佛陀。 Edo Roku Jizo如下。品川区品川区南品川区3丁目太宗新宿区新宿2丁目新正二丰岛区Negamo 3丁目Reiwaji Koto-ku白川1丁目Eidaiji Koto-ku(失踪)《东京都文化财产保护条例》(第3年)昭和51)由于3月31日的修改,指定的文化财产类型已从东京茂物更改为东京指定的有形文化财产。因此,请阅读以下石刻标志。 2002年3月29日东京都教育委员会---大田正义田野昌太太藤原正义藤原次三郎正本江户六大郎

東京都指定有形文化財(彫刻) 銅造地蔵菩薩坐像 (江戸六地蔵の一)
所在地 台東区東浅草二丁目十二番十三号
指定 大正十四年五月
昭和四十五年八月三日名称変更

 江戸六地蔵は、深川の地蔵坊正元が病気平癒に感謝して造立を発願し、多くの人々の浄財を集め、江戸市中六ヶ所に勧請したものである。全身にある陰刻から神田鍋町の鋳物師太田駿河守正義 によって鋳造されたことがわかる。本像の高さは二.七一メートル、品川寺に次いで第二番の宝永七年(1710)に造立された。他の六地蔵は渡金が施されているのに対し、記録では本像は像の表面を布目条にやすりをかけ、弁柄色の漆を塗った上に金箔を置いたあとが残っていたとある永年の風雨により、損傷が著しかったため、平成十一年に修復工事を行った。胎内仏として小形の銅造六地蔵菩薩坐像等が現存する。
 なお、江戸六地蔵は次のとおりである。
 品川寺 品川区南品川三丁目
 太宗寺 新宿区新宿二丁目
 真性寺 豊島区巣鴨三丁目
 霊巌寺 江東区白河一丁目
 永代寺 江東区(消滅)
 東京都文化財保護条例(昭和五十一年三月三十一日改正)により文化財指定種別を都重宝から東京都指定有形文化財 に変更しましたので、石造標識については、このように読み替えてください。
平成十四年三月二十九日
東京都教育委員会
---
太田正義 太田駿河守藤原正義 地蔵坊正元
江戸六地蔵

テキスト化

hanacoco
2021-05-18 11:00 (25)
hanacoco
tenma
2018-01-22 17:16 (557)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

hanacoco hanacoco 4ヶ月

#<User:0x007f565a0109c0>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/04/18)
タグ: 江戸名所図会 源義家 台東区教育委員会 馬頭観音 青海原 auto-translate 東京都 台東区
hanacoco (2016/04/16)
タグ: 東京大空襲 北條氏直 1589 東京都 台東区
hanacoco (2016/04/16)
タグ: auto-translate ヤナギ 東京都 台東区
kawa_sanpo (2015/04/18)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区