Monumento

素盞雄神社の富士山

kawa_sanpo

2015/04/18

タグ: auto-translate 富士山 39 東京都 荒川区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate There is a mound where "Rikko stone" is settled at Mt. Fuji Shrine Fuji Shrine of the Temple Shrine. It is an important place for rituals that a god of two pillars appeared in the auspicious occasion. This mound is reflected as Fuji Matsu in the eyes of some people, also called "Minami - senju Fuji". Some also view that the tumulus was diverted to Fujimuka. In any case this place is the holy place. In this mound there is a structure as an artificial Mt. Fuji = Fuji Mound other than the masonry dedicated to "Rikko stone". There is a monument ① of "Asama Shrine" on the left side of Ruikoku. The climbing path extends from the side to the top, on the way, on the way, there is a monument ③ of Minor Utagi Stone Residence as the fifth meeting, and Asama Shrine Okumiya ④ on the top. In the mound there is a lump of lava named "Black Mug". Many of the monuments built by Fuji lecture stand forest on the west side and people holes are made on the north side. According to the keito in 1895, it was said that he built a mound by stacking black stone and other stones in the second year of former governor (1865) and worshiped Shimo Amagami (although there is a theory that it is the first year of former governor ). Looking at the existing monument, it seems that the monument was built intermittently from the beginning of the establishment to the Taisho era. Although the timing is not clear at a later date, measures were taken to consolidate black cherries and monuments with concrete and to fill them in the soil. Muikaki made at the end of the Tokugawa period was removed in 1995 (some of which were stored beside the mounds), and it reached today&39;s appearance.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 盏雄富士山元素盏神社的神社雄也就是所规定的“瑞光石头”一丘。是第二列的神的重要场所仪式出现在吉祥。这土堆,体现在人的眼睛fujizuka,也被称为“南千住富士”。此外还有人谁看到了古墓已经被转移到fujizuka。有一个在这个地方在任何情况下是一个神圣的地方没有什么区别。这个土堆,除了砖石,这是专门为“瑞光石”,有一种结构作为人工富士= fujizuka。在瑞光石头的左侧有“浅间神社”的碑①。峰会的小道从侧面看,中间延伸,碑③为公司第五届的小御岳石傲慢权现,在顶部有一个浅间神社Okumiya④。 “黑我”的土堆,熔岩块被加载。许多纪念碑富士讲的是建林的西侧,这也使人们洞北侧。根据1895年(1895年)古老的文件,在1865年一年(1865年),建立了一个土堆堆放的宝石如黑我,(但呈献给狼浅间,也有理论认为,元治元年)。望着纪念碑从一开始就存在的,Zoryu大正时期,好像去了纪念碑竖立间歇。但随后的时间不明确,埋在混凝土里的黑我和纪念碑,措施,以填补在土壤中已执行。始建于江户时代水垣在1995年因子评分(部分,存储在土丘的一侧),导致了今天的外观。

素盞雄神社の富士山

 素盞雄神社には「瑞光石」が鎮座する塚がある。縁起の中で2柱の神が現れたとする祭祀上重要な場所である。この塚は、ある人の眼には富士塚として映り、”南千住富士”とも呼ばれる。また古墳が富士塚に転用されたと見る人もある。いずれにせよこの場所が聖なる場所であることに違いはない。
 この塚には、「瑞光石」に奉納された石造物以外に、人工の富士山 =富士塚としての構造物がある。瑞光石の左側に「浅間神社」の碑①がある。その脇から頂上に登山道が伸び、途中、五合目として小御嶽石尊大権現の碑③、頂上には浅間神社奥宮④がある。塚には、「黒ぼく」という溶岩塊が積まれている。冨士講が建てた碑の多くは西側に林立し、北側
には人穴も造られている。
 明治28年(1895)の由緒書によれば、元治2年(1865)に、黒ぼくなどの石を積んで塚を築き、浅間大神を祀ったという(但し、元治元年とする説もある)。現存する碑を見ると、造立当初から大正期にかけて、碑が断続的に建てられていったようである。
 その後時期は定かでないが、黒ぼくや碑をコンクリートで固め、土中に埋める措置が施された。幕末につくられた瑞垣が平成7年に取り払われ(一部、塚の脇に保存)、今日の姿に至っている。

テキスト化

tenma
2017-06-27 18:15 (2)
tenma
tenma
2017-06-27 18:15 (527)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/04/18)
タグ: 東京都 荒川区
kawa_sanpo (2015/04/18)
タグ: 東都歳時記 江戸近郊道しるべ 東京都 荒川区
kawa_sanpo (2015/04/18)
タグ: 江戸名所図会 富士塚 瑞光石 奇石 江戸近郊しるべ 千住大橋架橋 auto-translate 石 東京都 荒川区
kawa_sanpo (2015/04/18)
タグ: 徳川家康 隅田川 荒川 岩淵水門 南千住 三河島 尾久 日暮里 荒川放水路 素盞雄神 東京都 荒川区