Monumento

東京都指定史跡

kawa_sanpo

2015/04/26

タグ: 東京都教育委員会 北条氏綱 葛西城 快元僧都記 東京都 葛飾区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kyoto designated
Kasai Castle
Location Katsushika Aoto 7-Chome 21-outside

Specification 3/13/1998 GE West Castle in Nara built on alluvial fine high altitude on the Nakagawa.
CAMA is located in the alluvial ground can ensure is not permitted.
Records are unclear about the age of the building and construction 0/1538 (1538) in February by Hōjō ujitsuna Kasai Castle until at last it was named ('free-source Souzu record') and after this, Kasai Castle after a castle of the Hōjō clan, was the scene of unrest.
After Kasai Castle enters under the rule of the Tokugawa clan after the fall of the Hōjō clan, Kasai castle ruins, General falconry during breaks and was used as a Hall of residence (Aoto Palace). Kasai Castle was once again noticed that Showa era in the late 40's.
0/1972 made excavations and as a result, detected a large moat that demarcate major Guo, ditch, Trail well excavated pottery, wood and other products, revealed the existence of a medieval castle. Many of the medieval castle that reside in Tokyo.
Castle Hall ruins located in the alluvial, nokosanai most of the signs on the ground that many of unknown content in Kasai Castle is in the castle the indispensible on has been revealed by the excavations, describing the mayhem of the warring States.
Construction of 3/31/1999 Tokyo Metropolitan Government Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 京都议定书指定
开赛城堡
葛饰区凹凸导光 7 丁目 21 外侧位置
规范 1998/3/13

GE 在奈良西城堡建立在冲积细高空中川。 CAMA 坐落在冲积地面可以确保不允许的。
记录不清楚的建筑及建造 0/1538年年龄 (1538) 在 2 月宝城江氏纲开赛城堡直到最后被命名为 (' 免费源 Souzu 记录') 和后此,葛西城堡后宝城江氏族,城堡是骚乱现场。
开赛城堡后的宝城江氏族秋天进入德川家族统治后,葛西城堡废墟一般鹰在休息期间,被用作学生宿舍 (凹凸导光宫殿)。
开赛城堡再次注意到在 40 年代末,昭和时代。 0/1972年成挖掘和结果,发现大的护城河,标定主要郭、 沟、 径井出土的陶器,木材和其他产品,揭示存在的一座中世纪城堡。
许多人居住在东京的中世纪城堡。 城堡大厅遗址位于冲积,nokosanai 由挖掘,描述这场混乱的战国据透露大部分的地上许多未知内容在开赛城堡是在城堡里不可或缺的迹象。
建设的 1999/3/31
东京大都会政府委员会的教育

東京都指定史跡
葛西城跡
所在地 葛飾区青戸七丁目二一番外
指定 平成十年三月十三日

 葛西城 は、中川の沖積微高地上に築かれた平城である。沖積地に存在しているため、地表で確認できる遺構は認められない。
 築造者と築造の年代については不明であるが、天文七年(一五三八)二月には、北条氏綱 によって葛西城が落城されたという記録(『快元僧都記』)があり、この後、葛西城は後北条氏の一支城となり、幾多の争乱の舞台となった。
 後北条氏の滅亡後、葛西城は徳川氏の支配下に入り、葛西城の跡は、将軍の鷹狩の際の休憩・宿舎(青戸御殿)として利用されていた。
 この葛西城が再び注目されるようになったのは、昭和四十年代後半のことである。昭和四十七年から発掘調査が行われ、その結果、主郭を区画している大規模な堀、溝、井戸跡等が検出され、陶磁器、木製品等が出土し、中世の城郭の存在が明らかにされた。
 東京都内には、中世城館跡が多数存在している。沖積地に存在している城館跡は、地表にその痕跡をほとんどのこさないことから内容が不明のものが多いが、葛西城の存在は、発掘調査によって明らかにされており、戦国の騒乱を語る上で欠かすことのできない城郭である。
平成十一年三月三十一日 建設
東京都教育委員会

テキスト化

tenma
2016-09-16 14:24 (532)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 一級河川 auto-translate タブノキ 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/12)
タグ: auto-translate ハナショウブ 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/12)
タグ: ocr-generated 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/12)
タグ: ocr-generated 東京都 葛飾区